毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
何で、"カルビー"が悪いの!?
そんな『種イモ』未登録事件の顛末とは…



 以前、動物薬のMRをしていた時、洞爺湖の近辺で「カルビー契約農場」と
書かれた誇らしげな看板をたくさん見ました。昔から食べていたよなぁ〜…。

【事件のあらまし】

 ポテトチップスで有名な"カルビー(本社:東京)"の子会社「カルビーポテト
(本社:帯広)」が、『植物検疫法』に基づく検査を受けずに、原料となるジャ
ガイモの種芋を、契約農家に栽培させていた。

 検査を受けず、"合格証"のない種芋は、生産地からの持ち出しが禁止されて
いる。「カルビーポテト」は、未検査の米国産種芋"スノーデン"を、北海道内
のみならず、東北、関東、中部、四国、九州などの契約農家にも供与していた。

 "カルビー"が、昨年(2004)に、ポテトチップ原料として、製造工場に供
給したジャガイモが「約20万トン」。その内、未検査の種芋から栽培された
のは、な〜んと「約3万トン(約15%)」も含まれていた。

「食品加工大手カルビーが、しかも知名度も抜群!何でこんな事をしたのか?」

【"植物検疫法"とはどんなもの?】

ところで、

 何故、「種芋が必要なのだろう?」と疑問に思いませんか。毎年、収穫した
ジャガイモから、"種芋"を選別し、翌年は、それを使って、育て、収穫すれば
いいんじゃないのって、思いますよね。

   「でも、そうは、いかんざき!(チョッと古かったですね(^^;)」

それには・・・

 先ず、「カルビーポテト」が守らなかった『植物検疫法』とはどういう理念
や目的で、成り立っているのかを説明致します。

 理念や目的は、"病原菌のまん延防止"を図るために、1951年に制定され
た。特に、種芋に関しては、病害虫に罹りやすく、被害が拡大しやすいため、
厳しく管理されている。

 そういう理由から、「必ず、植物防疫所で検査」を受けて、栽培した後、一
般の農家に販売される仕組みになっている。

  「具体的には、次のように定められています(法律なのでちと堅い…)」

───────────────────────────────────
その[第6条]1項に、こうあります。→ 問題となった"スノーデン"は米国産

 輸入する環(栽培の用に供しない植物であつて、検疫有害動植物が付着する
おそれが少ないものとして農林水産省令で定めるものを除く。以下この項及び
次項において同じ)及びその容器包装は、輸出国の政府機関により発行され、
かつ、その検査の結果、検疫有害動植物が付着していないことを確かめ、又は
《信ずる旨を記載した検査証明書》又は、その写しを添付してあるものでなけ
れば、輸入してはならない。

また、[第13条]1項には、現在、国内で栽培されているものも、

 農林水産大臣の指定する繁殖の用に供する植物(以下「指定種苗」という)を
生産する者(以下「種苗生産者」という)は、毎年、その生産する指定種苗に
ついて、その栽培地において栽培中に、植物防疫官の検査を受けなければなら
ない。
───────────────────────────────────

「カルビーポテト」は、1992年から、このスノーデンを導入、1997年
頃から、"試験栽培"と称して、農家に提供し、栽培させていたとの事だ。

 今回、農水省は、公訴時効(3年)にかからない2002〜2004年までの
3年間で、約5,000トンの未検査種芋を、農家に供給していたとして、告
発したのである。

 「1997〜2001年、その間はどうだったんだ?という疑問が湧く」

 この5年間にも、未検査の種芋で作られたポテトチップスを食べさせられて
いた可能性は高い。ここで、最初の疑問に戻るが、何故この「種芋」というも
のが必要なのか?

 ジャガイモは、ほとんど種からじゃなく、検疫済みの「種芋」から育てます。
その大きさや種の付き方などによって、1/2や1/3くらいにして、60〜
70cm間隔で、植えて行きます。

 この検疫済み「種芋」から育てた方が、大きくなるのも早いし、最大の問題
である"病虫害"にやられにくいという利点があります。また、企業と契約して
いる農家などでは、毎年、収穫量を約束させられますから、安定した量を確保
するためにも、「優秀な種芋」が不可欠になるのです。

 もし、そこで収穫した芋を、翌年「種芋」として使用するという事をやった
としたら、「病虫害に対して、弱くなる」「収穫量が激減」など、安定した量
を得る事が、不可能になってしまいます。

『それでは、何故、こんな大切な「種芋」の検疫を怠ってしまったのだろう?』

【理由は"原料の確保"か?】

 この事件が、農水省から、道警に告発されるきっかけとなったのは、契約農
家の農場で、2004年11月、病害虫の*ジャガイモシストセンチュウが見
つかり、「カルビーポテト」から、道に対して、報告があった。

*ジャガイモシストセンチュウは、土壌に生息し、ジャガイモの根に寄生する
 ため、直接、人体に対する影響はありません。

 その際に、「カルビーポテト」から、防疫検査を受けずに、「種芋」を農家
に譲渡していたとの説明があったために、"ポテトチップスの加工用原料調達"
目的で、大規模な違反行為が発覚したのだ。

 「良心を持っていた子会社が、親会社の圧力に耐えられなくなったのか?」

 どうも、親会社のカルビーは、毎年3月以降の主力品種(トヨシロ)の不足を
補うために、加工用原料の調達に、奔走していたふしがある。そのために、未
検査で、スノーデンを利用したのではないかとの疑いがある。

 また、ある情報によると・・・

「カルビーポテト」では、数年前まで、製造工場に供給前のジャガイモの長期
貯蔵時に、糖分の増加を防ぐため(揚げた時に黒くなってしまうから)、"芽止
め剤"と呼ばれる薬剤を使用していた。

 しかし、この薬剤に、「発ガン性」を取りざたされたために、現在は使用を
中止している。ここに見られるのは、TVのCFなどで言われているような「
新鮮なポテト」ではなく、少しでも長く保たせたポテトを使うという企業姿勢。

 この"薬剤中止"で焦ったのか・・・

 そのために選んだ代替品種が「スノーデン」だったのである。この品種は、
次のようなカルビーにとっては、願ってもない長所を持っていた。企業の利益
と品種の特徴は、確かに合致した。

○長期に保存しても、糖分が増えない。

○そのため、油で揚げても、黒く焦げにくい。

「今までも問題がなかったから、大丈夫だろう。と高を括り、

           義務である"検疫"を飛ばし、企業の利益を追求した」

 というのが、現実の姿勢であろう。
───────────────────────────────────
 カルビー・松尾社長の言葉が、それを表わしている。

      「消費者とは関係ない。誤解を生じている部分がある」
───────────────────────────────────
     "誤解"って、何の誤解か?って、聞き返してみたいよ!

 この社長には、「食の安全」に対する責任感や迷惑を掛けた契約農家、消費
者に対する謝罪すらない。食品加工会社のトップが、そんな認識じゃ、口から
入れるものの「安全性」は誰が守るんだい!!

 確かに、未検査の種芋で作られた「ポテトチップス」が人体に影響を与える
ような食品ではないのかもしれない。ただ、"企業の倫理"として、今回の件は、
許す事が出来ない。

───────────────────────────────────
 道は、3月23日、「カルビーポテト」の種芋供給者登録を取り消す事を決
定。3月中には、同社に通知する方針。これが正式に決まれば、カルビーも、
子会社を通じて、種芋の供給が出来なくなる。
───────────────────────────────────
                ↓契約農家の救済策
───────────────────────────────────
「カルビーポテト」の種芋→1,623トンは廃棄処分。これで種芋の供給が
停止になった農家に対して、ホクレンが、"代替種芋"を確保に走っている。
───────────────────────────────────

「いくら子会社のやった事だと言っても、

     売上2,000億になろうとする大企業カルビーの対応ではない」
 

[植物防疫法の詳細] http://www.houko.com/00/01/S25/151.HTM


  **こんな基準もあります・・・ http://tinyurl.com/3jrvn


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.