毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
思い出は色褪ぬ。時には振り返るのも


 ♪汽車を待つ君の横で僕は時計を気にしてる、季節外れの雪が降ってる〜♪

 そう昭和の名曲「なごり雪」。今が正にそんな時期。季節外れでもないよね。

 これも・・・

 思い出すなぁ〜。今から約30年前。私は最初の赴任地である「釧路」在住。

 それも、2LDKのアパートに同僚N、詰まり、男と二人で共同生活をした。

 1年位かなぁ〜。その後、Nは出身地の帯広に、私も実家のある札幌に転勤。

 最初は・・・

 余り好きになれない街だったが、何か、段々と心に沁みて来た。会社の中も、

 女子連(年齢は下だが先輩)と、早々にお友達になった。何時も、5〜6人で、

 テニスやドライブを楽しんだ。和気藹々として、良い雰囲気だったよなぁ〜。

 仕事も・・・

 配送・倉庫業務だったが、何だかとても新鮮な感じがした。薬品問屋なので、

 覚える事は多かったが、遣り甲斐はあった。慣れてくると宿直業務にも着任。

 最初の宿直日、ベテランK氏と任に。緊急薬は無いだろうと高を括っていた。

 一仕事終えて、気の抜けた状態・・・

 しかも、K氏は何時もの如く、焼酎を煽り出した。先輩の誘い断れず、私も。

 二人共、720mlの焼酎を一本空け、酔っていた。其処へ、突然、ベルが。

 K氏が出ると「D病院から緊急薬品の配達依頼だ」。私はどうしたら良い?

 その薬品は・・・

 「筋弛緩剤」だった。要するに、もう少しで、臨終寸前の患者さんがいると。

 届けない訳には行かない。でも、飲酒運転も出来ない。今よりも緩かったが。

 午前2時。選択肢は一つしかない。「タクシー」。現地では無口、事無きを。

 この病院に・・・

 行く時にも見えていたなぁ〜「春採湖」。右に左に見ながら、病院や薬局へ。

 近くに「太平洋炭礦」もあったなぁ〜。一番良い時期の6月は名物「霧」で。
 http://www.unlimit517.co.jp/url/file/533-1.html

 まるで、トワイライトゾーンみたいになっていた。白い塊に車が吸い込まれ。

 この「春採湖」・・・

 実は、嘗て、海だった「海跡湖」に属しているそう。現在、湖水は、水深で、
 http://www.unlimit517.co.jp/url/file/533-2.html

 約3m迄が「淡水」で、その下に、無酸素状態の「海水」が沈んでいる構造。

 ここに、釧路市民に関心が高いある生物が生息している。それは「ヒブナ」。

 漢字で書くと・・・

 「緋鮒」。やや黄色を帯びた赤い色が特徴。魚体によっては濃淡も見られる。

 ここ「春採湖」は、1937(昭和12)年に「春採湖ヒブナ生息地」として、

 国の天然記念物に指定され、湖全体が保護対象。但し、未だに「謎多き者」。

 「ヒブナ」の現状と経緯・・・
───────────────────────────────────
  ●出現時期や生息数等、未だ、十分に分かっていない。
───────────────────────────────────
  ●「ヒブナの生息調査」は「地引網」による捕獲だった。
   だが、2000年代に入ってから、凡そ3年おきに実施しながら、
   2001年の4匹以降、「産卵期の目視」等で確認出来ても、
   捕獲出来ない状態が続いていた。
───────────────────────────────────
  ●2013年から、6、7月の産卵期に湖岸に寄って来る「ヒブナ」を
   直径約1mの半円の枠に袋状の網を付けた「さで網」を使う様に。
   http://www.unlimit517.co.jp/url/file/533-3.html

   理由は「産卵期に近寄っても余り逃げなかった」から。

   2014年11匹捕獲(13年振り)。2015年6月19匹捕獲。
───────────────────────────────────
  ●戦後30回以上行われている調査でも、二桁以上の捕獲は7回程。
───────────────────────────────────
  ●最も多かったのは、1984年の237匹(研究が進む契機に)。
───────────────────────────────────
  ●1985〜87年には、文化庁の補助事業による研究が行われ、
   「人工増殖技術」の確立に繋がる。
───────────────────────────────────
  *この3ヵ年の研究で、捕獲した「ヒブナ」の分析を、染色体研究の専門
   家に依頼した処「ギンプナの突然変異」で出現したという結論を得る。
   http://zukan.com/fish/internal16
───────────────────────────────────
  ●1916(大正5)年に、金魚や鯉が放流された記録。その為、一時は、
   「金魚の野生化」「交雑」「突然変異」等で論争もあった。
───────────────────────────────────
  ●「ヒブナ」の生息する地域は他にもあるが、「春採湖」を始め、
   その多くは、「海跡湖」や、元の河川から切り離された「河跡湖」等で、
   共通条件としては「硫化水素の様な汚染物質が発生しやすい環境」か。
───────────────────────────────────
  ●外来種のウチダザリガニが繁殖し、「ヒブナ」が卵を産み付ける水草が、
   ウチダザリガニの食害を受けている。
   http://www.unlimit517.co.jp/url/file/533-4.html
───────────────────────────────────
  *駆除の為の捕獲が進められる一方、対策として、プラスチック製の人工
   水草を設置。此処が、「産卵場所になる」成果アリ。だが、心配の種。 
───────────────────────────────────

 そして・・・

 此の近辺に「可愛い看板」が存在したのを思い出す。今でも脳裏に刻まれる。
 http://chikapon51.blog11.fc2.com/blog-entry-139.html

 此の一帯の風景も。恐らく、釧路市民は、此の風景と「ひぶな」を重ねると。
 http://blog.livedoor.jp/kamui857/archives/4234338.html

 だから、関心が深いのでは。あの「愛らしい姿」も相俟って。私もそうだと。

 あれから・・・

 30年以上経って、思い出すのだから、相当深く迄浸透している。同僚Nと、

 共同生活を営んだアパートは既に襤褸屋。太平洋炭礦も2002年に閉山す。

 時の移ろいは素早い。だが、思い出は色褪ぬ。時には振り返るのも悪く無い。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.