毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
"ノーカン"で、
サプリメントを使い続ける
多くの自虐的・日本人達1



 いつまで、質の低い"サプリメント"を日本はのさばらせているのか。"サプリ
メント大国"アメリカは、どう取り組んできたのか。日米の決定的な違いが…。

*"ノーカン"=ノー感覚。今や死語かも知れない。私が子供の頃は、大人が良
       く使っていた。今回は、訳の分からないまま、マスコミや企業
       に乗せられて、次から次に、悪質なサプリメントを使う様を表
       わした言葉として、使った。


【"サプリメント"の質が問われている】

 私は、以前、このメルマガで、サプリメントに関しては、絶対に「天然物」
を推奨していた。それは、化学合成物質では、体内に入った後、「毒」にはな
っても、「益」になることは、ほとんどないからである。

 それなのに、現在の日本では、次のような報告がされている。昨年、東京都
が実施した「健康食品試買調査」のよると、調査した80品目の内、約9割の
モノが、不当表示や誇大広告で、行政指導の対象になったとのことだ。

 おそらく、健康補助食品と言われる"サプリメント"を調査対象にしても、似
たような結果が出てしまうだろう。つまり、健康に対して、何の効果もないモ
ノを、売るために、嘘をつくしかないのである。これは"詐欺行為"そのものだ。

 しかし、"サプリメント大国"と言われるアメリカにおいても、約10年前は、
日本と同じ様な状況にあった。要は、"食品"であるから、健康に対する効能や
効果の部分が、曖昧になってしまっていた。一種の"甘え"である。

 まだ、日本は、国民皆保険制度があり、医療費の負担は、アメリカに比べる
と、ずっと低い。アメリカでは、一端、病気に罹ってしまうと、莫大な医療費
負担が、個人にのし掛かってくる。

 そのために、普段から、健康であろうとする意識が強く、「予防医療」の面
からも、健康補助食品"サプリメント"に対する目も、日本よりは、ずっと厳し
くなっています。

 そして・・・

「1994年に施行された"DSHEA法"によって、格段の進歩を遂げます」

 "DSHEA法"というのは、「栄養補助食品健康教育法」のことです。この
法律によって、健康食品は、「食品」と「医薬品」の中間に位置づけられ、格
上げされたのである。

 この法律によって、一番変わった点は、「情報開示」が出来るようになった
ことです。それまでは、製品ラベルに、情報が表示されていませんでした(今の
日本より酷い)が、これを機に、「どのように効くのか?」「どう使えばいい
か?」「材料は何か?」などといった情報を、消費者が手に入れられるように
なったのです。

 企業側も、充分な科学的根拠があれば、FDA(米国食品医薬局)に通知する
だけで、商品の効能に関する情報の表示が、認められました。しかも、世界最
大の医学研究機関=米国立保健研究所(NIH)にも、新に「栄養補助食品室」
が設けられました。

 つまり・・・

「アメリカは、国民の健康のために、国を上げて、健康食品に取り組んだ」

 "情報開示"という武器を得たアメリカ国民は、それまで以上に、「自分の目
で、正しいモノを見極め、自分の健康のために、利用する」賢さを身に付けま
した。

 だから、市場原理が働きやすく、「質の低い商品」「効能効果がハッキリし
ないモノ」「何が入っているか分からない粗悪品」などは、最終的に、市場か
ら淘汰されることになります。

 日本も早くこの様な状態になってもらいたいと願っています。しかし、これ
を阻む法律が、この国には存在します。それは、"薬事法"です。この法律によ
り、未だに、"健康補助食品=食品"でしかないのです。

 特定保健食品(トクホ)などと呼ばれるモノも出てきましたが、"効能効果"の
表示に関しては、中途半端です。早く、米国のように、新法成立を、と思いま
すが、実際、日本で施行されたら、健康補助食品だけで、生き残る企業は、ご
く僅かでしょう。

 「やりたくても、出来ない。が、日本政府の本音ではないでしょうか?」

 すなわち、日本では、充分な科学的根拠を示せるほど、お金を掛けて、健康
補助食品"サプリメント"を作っているところは、ほとんどない。従って、効能
効果なども、証明することは、出来ない。

 しかも、"サプリメント"をきちんと精査し、成分の分析や効能効果まで調べ
られる独立の調査機関が、存在しない。大学などの研究機関も、本気になって、
"サプリメント"を追求していない。

 日本の"サプリメント"に対するレベルが、現在の質の悪い商品群を生み出し、
金をなるべく掛けずに、一儲けをたくらむ企業の一大ブランド(健康食品を含
めて)になっています。


「そろそろ、"ノーカン"を改め、

       本当に、健康にとって良いモノを選ぶ指標を持ちませんか?」
 
   
     **一線を画す・・・ http://tinyurl.com/8x2a6


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.