毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
本当は、身近な"麻酔"。
でも、一般に知られていないよなぁ〜!?2



 先週、取り上げた本当は重要な「麻酔科医」の仕事。その大変さが、分かっ
ていただけたでしょうか?今週は、"麻酔の歴史"と"周辺環境"を読み解きます。


【日本から始まった"麻酔"】

 去る10月13日は、「麻酔の日」に制定されています。

 なぜ・・・ 実は、

 世界で初めて、麻酔下による手術を成功させたのは、「日本人」なのです。

 その人の名は・・・

 華岡青洲。彼は、今から遡ること、約200年前の1804年10月13日
に、世界で初めて、全身麻酔下で、乳がん摘出術に成功した江戸時代の外科医
です。こういう経緯があり、10月13日を「麻酔の日」としたのです。

 この偉業は、広く世界で知られたマサチューセッツ総合病院におけるモート
ン医師が、エーテルを用いた全身麻酔の公開実験がされた約40年も前です。

 青洲は、「麻酔」という概念すらなく、"痛み"に耐えることが、美徳とされ
た時代に、実験を重ね、"朝鮮アサガオ"を主成分とする「麻沸散(痛仙散)」を
合成し、自分の母親や妻をも、実験に協力してもらって、この偉業を成功させ
たのです。
───────────────────────────────────
 "朝鮮アサガオ"の由来は・・・
───────────────────────────────────
 曼荼羅華(朝鮮アサガオ)は、3世紀頃、中国の名医・華陀によって、手術さ
れたという記録があります。

 青洲は、それを参考にしたと考えられます。しかし、彼は、動物実験を重ね、
曼荼羅華(朝鮮アサガオ)を主とする6種類の薬草により「麻沸散(痛仙散)」を
独自に調合し、世界で初の偉業を、達成しました。

 曼荼羅華(朝鮮アサガオ)の種子、根、茎、葉には、麻薬の成分が含まれてお
り、現在でも、麻酔の準備薬(麻酔前投薬)として、使用されています。

 おそらく、青洲の行なった麻酔は、中枢神経作用の強い"スコポラミン"によ
るものと、考えられています。
─────────────────────────────────── 
 この偉業は、1954(昭和29)年、シカゴで行なわれた国際外科学会に発
表された。そして、この地にある人類の福祉と世界外科学会に貢献した偉人を
まつる「栄誉館」には、現在も、華岡青洲に関する資料が展示されています。

 こうして、日本から始まった「麻酔」でしたが、第2次世界大戦が終わった
1945(昭和20)年頃には、既に、"アメリカの医学"に対して、大きな遅れ
を取っていました。

 日本とアメリカが、戦争を始める少し前から、"アメリカの医学"は、急速な
進歩を遂げていました。中でも、「麻酔科」は飛躍的に進んでいました。しか
し、戦争による外交関係の悪化により、ほとんど情報は入ってきませんでした。

 その上、カルテやクランケ(患者)というドイツ語で分かるように、明治以降、
日本では、伝統的に、"ドイツ医学"を、盲信していました。実は、そのドイツ
では、「麻酔科」が遅れていたのです。

 そんな中で・・・アメリカの統治下

 戦争が終わって、5年後の1950(昭和25)年、アメリカの医師達は、日
本の医学を改革するために、医学の使節団を、日本に派遣しました。この使節
団の中に、ニューヨークのサクラッド博士という「麻酔科医」がいました。

 このサクラッド博士の講義を聞き、日本の外科医達は、驚愕しました。その
頃、日本では、不可能と思われていた心臓や肺の手術が、既に、アメリカでは、
安全に行なわれていました。

 この現実から・・・

 日本の外科医達は、アメリカの医療水準に、追い付くために、日本でも「麻
酔科」を作り、「麻酔科医」を養成しなければならないと、痛感しました。

 こうして、1954(昭和29)年に、「日本麻酔科学会(当時は日本麻酔学
会)」が設立され、その10年後の1963(昭和38)年に、麻酔科の専門医
が、44名誕生しました。これが日本で最初の「専門医制度」です。

 以来、アメリカのレベルに、早く追い付こうと、多くの日本の医師が、アメ
リカに渡り、必死になって、アメリカの麻酔科学を、勉強しました。現在では、
アメリカのレベルに、かなりのところまで、肉迫しています。


【"麻酔"の種類】

 麻酔は、大きく、「局所麻酔(局麻)」と「全身麻酔(全麻)」に分かれます。
───────────────────────────────────
「局所麻酔(局麻)」
───────────────────────────────────
●手術をする部分を含む、身体の小部分の麻酔。

●局所麻酔薬を、手術する部分やその部分の痛みを伝えている神経の付近に、
 注射して、麻酔を行なう。

●一般的には、"小手術"に、適応。

●おへそから下の疾患(婦人科疾患、虫垂炎、痔、下肢の骨折など)の手術には、
 局所麻酔のうち、「脊椎麻酔(腰から注射して、下半身を麻酔する方法)」を
 用いる。

●その他にも、「持続硬膜外麻酔」という種類がある。これは、手術部位に合
 わせて、背中から、細い管を目的とする神経の側まで入れ、局所麻酔薬を持
 続的、あるいは、断続的に、注入する方法。利点として、術後も、その管か
 ら、麻酔薬を注入出来るので、その後の鎮痛に、大きな威力を発揮する。

●首から下の手術では、全身麻酔と併用するのが、一般的。

●最近では、全身麻酔が当たり前だった心臓手術などにおいても、術後の覚醒
 などの時間を短縮し、身体を早く普通の状態に戻し、自己力で回復を早める
 ために、「局所麻酔」を使用する医師なども、出て来た。
───────────────────────────────────
「全身麻酔(全麻)」
───────────────────────────────────
●全身麻酔は、身体全体が、麻酔状態になり、どの部分の手術にも、対応可能。

●吸入薬、静脈注射する薬など、色々と組み合わせて使う。

●一般的には、お腹や胸の中、脳の手術に、適応。ただし、中学生以下では、
 小さな怪我の手術は別にして、通常、全身麻酔を行なう。
───────────────────────────────────


【"日本麻酔科学会"の現状】

 1962(昭和37)年、日本麻酔科学会では、他の学会の先駆けて、麻酔を
かけるのは、もちろんのこと、重症患者を治療する「集中治療医学」や痛みの
治療を行なう「ペインクリニック」を専門にやってきた麻酔科医を、麻酔の専
門家として認定する"麻酔科専門医認定制度"を、発足させました。

 認定されるためには・・・

 「麻酔」を専門に勉強して、約6年目で、筆記試験、口答試問、実技試験の
全てに合格すれば、「麻酔科専門医」として、認定されます。この難関に、現
在まで合格し、認定された医師は、全国で、約5,000人います。これでも、
需要には、追い付いていないのが、現状のようです。

 なぜなら・・・

 日本麻酔科学会の調べによると、患者10〜15万人につき、1人が予想の
つかない事態で、死亡しています。原因は、薬物アレルギーや突然の心筋梗塞
などです。

 これは、「麻酔科専門医」がいる病院の調査で、専門医以外が行なう麻酔の
データは、ありませんが、リスクは"これより高い"と推測されます。発生率は、
年々減っていますが、これ以上、悲劇を増やさないためには、専門知識を身に
付けた「麻酔科専門医」を、一人でも多く増やすことも、緊急課題の一つです。

 "認定病院"もある・・・

 日本麻酔科学会が認定する"認定病院"とは、原則として、数多くの科の手術
が行なわれていて、「麻酔科専門医」が、1人以上勤務していて、若手麻酔科
医を指導しながら、麻酔業務を行なっている病院。その上で、学会の審査を経
て、認定された病院のことです。

 現在、国内で、842の病院が、"認定病院"として、存在します。この認定
制度には、5年に1度の資格更新審査があるため、そのレベルは、常に高く保
たれるように、されています。
───────────────────────────────────
 私達が「麻酔」を受ける時に必要なこと
───────────────────────────────────
★まず、「麻酔科専門医」がいるかどうか?「認定病院」であるかどうか?

 これらを知るためには → http://www.anesth.or.jp/ (学会HP)
───────────────────────────────────
★専門医は、術前に、必ず、麻酔について説明し、同意書を取ります。この時
 に、患者側は、「いつも飲む薬」「持病」「自分の病歴」「家族の病気」「
 薬や食べ物のアレルギーの有無」などを、必ず、告げて下さい。

 治療は、このメルマガでも再三再四書きましたが、「患者と医師の共同作業」
 なので、お互いの協力が、"麻酔事故"を減らすことにつながると思います。
───────────────────────────────────

先週と今週で・・・

 「一見、地味な役割回りの"麻酔医"が、

       果たす役割の大きいことが分かっていただけたと思います」
 
 
   **まさに決死の特殊部隊・・・ http://tinyurl.com/8mhao


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.