毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
"生物テロ対策"として、
厚労省が発表した『48病原体』とはこれだ!



 マスコミは"一番大事なこと"を伝えていない。インターネットや他の媒体も、
検索したが、"全ての病原体"を掲載している所は見つからなかった。しかし…。


【厚労省が決めた"重要な法改正案"とは?】

 実は、2005年11月2日、厚生労働省は、実に『重要なこと』を、
"ある委員会"で、了承されている。

 "ある委員会"とは・・・

  厚生科学審議会「感染症分科会」(会長・倉田毅国立感染症研究所長)

 『重要なこと』とは・・・

  "生物テロ対策"として、利用される恐れがある『48種類の病原微生物』
  の管理徹底や、結核予防法の廃止と統合を盛り込んだ「感染症法・改正案」
  概要を、上記、分科会に示し、大筋で了承されたのである。

 この措置は・・・

  5年前に、米国で起きた「炭疽菌事件」などを受けたものである。

 主な骨子と目的は・・・
───────────────────────────────────
 ● ウィルスや細菌の危険度に応じて、規制の強さを、"4分類"し、
   所持や罰則を設けた。

 ● 結核予防法の統廃合は、「多剤耐性結核菌(たくさんの種類の抗生物質
   が効かない結核菌)」も規制対象にすると共に、人権侵害の恐れがある
   「命令入院」の改善。その他、結核特有の規定を見直す。

 ● "患者の人権への配慮"も、条文に加えられている。
───────────────────────────────────

 厚労省は、この改正案を、次の国会に提出し、2006年10月の施行を目
指している。1999年の同法施行後、大幅な改正としては、今回が初めて。

 それでは・・・

「各マスコミが、こぞって"48病原体"と書きながら、

  "国民の生命に直結する"全容を明かさなかったのは、どうしてなのか?」

 
【これが危険な"48の病原体"だ!】

 ただ、単に、"48種類"を全て載せるだけの紙面スペースがなかった、HP
のスペースがなかった、放映の時間が取れなかった、だけなのだろうか?私は、
この事が、非常に、重要な発表だと考えるが、貴方はどうだろうか?

 何故なら・・・

 その病原体を知っているのと、知っていないのでは、「天と地」ほどの差が
あるということ。そのほとんどが、最悪の場合に、死に至る可能性がある「重
大な疾病の原因」であること、などがその論拠となる。

 前置きはこれくらいにして・・・
───────────────────────────────────
     ■"生物テロ"に利用される恐れのある『48病原体』■
───────────────────────────────────
【一類感染症】感染力、罹った場合の重篤性から判断して、
         「危険性が極めて高い感染症」
───────────────────────────────────
01.エボラウィルス

02.クリミア・コンゴ出血熱ウィルス

03.痘そうウィルス

04.南米出血熱ウィルス

05.マールブルグウィルス

06.ラッサウィルス
───────────────────────────────────
* 政令で定める試験と、研究以外は、所持や輸入、譲渡、製造を禁止。
───────────────────────────────────
【二類感染症】感染力、罹った場合の重篤性から判断して、
          「危険性が高い感染症」
───────────────────────────────────
07.SARSコロナウィルス

08.炭疽菌

09.野兎病菌(ツラレミア)

10.ペスト菌

11.ボツリヌス菌

12.ボツリヌス毒素
───────────────────────────────────
* 国の許可を受けた場合を除いて、所持や輸入、譲渡、製造を禁止。
───────────────────────────────────
【三類感染症】感染力、罹った場合の重篤性から判断して、
       「危険性は高くないが、特定の職業に就いてることにより、
        集団発生を起こし得る感染症」
───────────────────────────────────
13.Q熱コクシエラ

14.狂犬病ウィルス

15.コクシジオイデス真菌

16.サル痘ウィルス

17.腎症候性出血熱ウィルス

18.西部馬脳炎ウィルス

19.多剤耐性結核菌

20.ダニ媒介性脳炎ウィルス群

21.東部馬脳炎ウィルス

22.ニパウィルス

23.日本紅斑熱リケッチア

24.発疹チフスリケッチア

25.ハンタウィルス肺症候群ウィルス

26.Bウィルス

27.鼻疽菌

28.ブルセラ属菌

29.ベエズエラ馬脳炎ウィルス

30.ヘンドラウィルス

31.リフトバレーウィルス

32.類鼻疽菌

33.ロッキー山紅斑熱リケッチア
───────────────────────────────────
【第4類感染症】動物、飲食物等などを介して、人に感染し、国民の健康に影
        響を与える恐れがある感染症(人から人への感染はない)。
───────────────────────────────────
34.ウェストナイルウィルス

35.H2N2インフルエンザウィルス

36.黄熱ウィルス

37.オウム病クラミジア

38.クリプトスポリジゥム

39.結核菌(多剤耐性結核菌を除く)

40.コレラ菌

41.赤痢菌属

42.チフス菌

43.腸管出血性大腸菌

44.デングウィルス

45.鳥インフルエンザウィルス

46.日本脳炎ウィルス

47.パラチフスA菌

48.ポリオウィルス
───────────────────────────────────
"生物テロ"関連ではないが、この他にも・・・
───────────────────────────────────
【第5類感染症】国が、感染症の発生動向調査を行ない、その結果などに基づ
        いて、必要な情報を、国民一般や医療関係者に、情報提供・
        公開していくことによって、発生・蔓延を防止すべき感染症。
───────────────────────────────────
● ウィルス性肝炎(E型肝炎及びA型肝炎を除く)

  関連は→ http://www.unlimit517.co.jp/medi52.htm

● クロイツフェルト・ヤコブ病[CJD]
  (BSEに感染した牛を食すことなどから、感染する)

  詳細は→ http://www.unlimit517.co.jp/ana38.htm

● 後天性免疫不全症候群(AIDS)

● 梅毒、破傷風、風疹、水痘(みずぼうそう)、麻疹(はしか)など、
  一般的に良く知られた疾病が入っている。       
───────────────────────────────────
【指定感染症】既に知られた感染症の中で、1〜3類に分類されない感染症。
       しかし、1〜3類に準じる対応の必要性が生じた感染症。
───────────────────────────────────
 【新感染症】人から、人へ、感染すると認められる病原体。しかも、既に知
       られたものと症状等が、明らかに異なり、その感染力、罹った
       場合の重篤性から判断して、危険性が極めて高い感染症。

      *高病原性鳥インフルエンザが、これにならない事を、祈る。
───────────────────────────────────

 ここに挙げたものの中には、確かに、知らない名前の病原体も多い。しかし、
危険なこの世の中、頭の隅に置いておいても、損はないのではないか。現状で、
日本が"生物テロ"に襲われる可能性は、決して、低くはない。

 実際には、それらが起きた時に、何も出来ないかも知れない。だが、武器を
持ち、報復するのが許されない私達にとって、自己防衛としては「理論武装」
ぐらいしか、ないのではないだろうか。


 「各病原体の詳細については、また、改めて、取り上げたいと思います」

 
     **サバイバルする・・・ http://tinyurl.com/akmon


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.