毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
"バレンタインデー"を前に、
チョコレートの原料「カカオ」を読み解く



 私には、あまり縁のない"バレンタインデー"です。そして、これは日本独特
の風習ですが、チョコレートを男性に贈る。その原料「カカオ」に迫ります。


【「カカオ」とは何物なの?】
───────────────────────────────────
 「カカオ」とは・・・ブラジルのアマゾン川流域とベネズエラのオリノコ川
           流域を原産とするアオギリ科カカオ属の常緑樹(1年
           中緑色)。

           樹の高さは、4.5〜10m。別名・ココアノキ

           カカオの実は、"カカオポッド"と呼ばれ、長さ15〜
           30cm、直径8〜10cmの"ラクビーボール型"を
           している(品種によって若干異なる)。

           この果実は、幹から直接ぶら下がっている。この中に、
           20〜60粒の種子であるカカオ豆(パルプ)が、入っ
           ている。

           主品種は「ファスラステロ種」。他に「トリニタリオ
           種」、最高級とされる「クリオロ種」などがある。

           栽培適地は、赤道を挟んで、南北緯20度以内にあり、
           年間を通じて、高温多雨の地域である。

           主な生産国は、コトージボワール、ガーナ、ナイジェ
           リア(以上アフリカ)、ブラジル(南米)、インドネシア
           (アジア)。この5ヵ国で、約80%。

           日本では、ガーナから、80%くらい輸入しています。
───────────────────────────────────
[一口メモ]
───────────────────────────────────
カカオの学名は、「テオブロア・カカオ」。これは、18世紀の博物学者リン
ネによって、名付けられました。ギリシャ語では"神の食べ物"という意味。
昔は、王様や貴族など、いわゆる金持ちだけが食べられる貴重な物だった。
貴方も、こんな"由緒ある植物"を、心して食べましょう(^^)。
───────────────────────────────────
【拓コメント】
───────────────────────────────────
 実は、少し前に、「チョコレート・ファクトリー」というチョコの博物館に、
 行きました。これは、札幌にある"白い恋人"というお菓子で有名な石屋製菓
 が作った見学施設です。

 ここで、初めて、「カカオの実」を見ました。上記のように、20cm位あ
 ったと思いますが、とても"迫力"があり、一緒に行った友人と、驚いた記憶
 があります(アーモンドの少し大きいヤツという感覚しかなかったので(^^;)。
───────────────────────────────────


【"カカオ豆"→"チョコレート"へ変身】

 "カカオ豆"を、水に漬け、発酵させたもの=チョコレートやココアの原料
───────────────────────────────────
 [状態の名称]
───────────────────────────────────
 ● カカオマス…カカオ豆の皮と胚芽を除いて、すり潰したもの

 ● ココアバター…カカオ豆に、40〜50%(カカオマスでは約55%)
           含まれている脂肪分

 ● ココアパウダー…カカオマスをある程度、脱脂して、粉末にしたもの。
           約300粒のカカオ豆から、およそ1kgのココアパ
           ウダーが取れる。

 ● チョコレート…カカオマスに、砂糖・ココアバターなどを加えたもの。
         (今では、これに、様々な素材を加えたものがあります)
───────────────────────────────────
 [カカオとチョコの簡単歴史]
───────────────────────────────────
 カカオは、約4000年くらい昔の古代メキシコで、食されていたようです。
              ↓
        栽培植物としたのは「マヤ文明」
              ↓
1502年 コロンブスが、ホンジュラスからスペインまでカカオ種子を運ぶ
              ↓
         1828年 ココアが完成
         1847年 イギリスで"食べるチョコレート"の加工法が、
               編み出され、現在に至っている。
              ↓
───────────────────────────────────
  日本では、1877(明治10)年頃から、"チョコレート"の製造始まる。

  当時は、チョコレートを、「猪口令塘」と記していた。

  現在では、年間22万トンを超える量が、生産されている。
 
  輸入品と合わせると・・・

  年間国民1人当たり 約2,000g(板チョコ換算約25枚相当)消費
───────────────────────────────────
[一口メモ]
───────────────────────────────────
最初に、カカオの種子が運ばれたスペインだが、今では、1人当たりのチョコ
レート消費量は、「日本より少なくなっている」現状がある。
───────────────────────────────────

今では・・・

「チョコレートは、日本人にとっても、"なくてはならぬもの"になりました」


【チョコレートの"効用"とは?】

 それじゃ、チョコレートを食べることにより、何か"効用"はあるのか?
───────────────────────────────────
1.カカオマス・ポリフェノール
───────────────────────────────────
 これは、貴方も、マスコミを通じて、ご存じだと思います。チョコレートの
 ほのかな苦みの元"カカオマス・ポリフェノール"は、がんや動脈硬化など、
 様々な病気の原因といわれる「活性酸素」から、体を守ってくれるものとし
 て、注目を浴びています。

 "ポリフェノール"というのは、主に植物に含まれていて、共通の分子構造を
 持つ化合物のグループをひとまとめにした呼び方。

 緑茶に含まれるフラボノイドやカテキンも"ポリフェノール"の一種。特に、
 カカオ豆に含まれているものを"カカオマス・ポリフェノール"と呼びます。

 "ポリフェノール"というと、赤ワインが有名ですが、一般的なミルクチョコ
 レートでも、含有量は、赤ワインのおよそ2.5倍、緑茶の8倍もあります。
 チョッとホロにがのビターチョコレートになると、これ以上の含有量です。
───────────────────────────────────
2."動脈硬化"を防ぐ
───────────────────────────────────
 動脈硬化の原因は、「血中に増えたコレステロールが動脈の繊維に溜まって
 しまう」「コレステロールが、酸化して、血管に溜まりやすい状態に、変え
 られてしまう」などが、挙げられます。

 "カカオマス・ポリフェノール"には、コレステロールが血管に付着するのを
 防ぎ、コレステロールの酸化を抑える働きがあります(抗酸化作用)。

 "コレステロール値"自体も、下げる(抗酸化作用)。

 更に、血液自体を、ドロドロな状態から、サラサラにする作用もあり。
───────────────────────────────────
3."がん予防"に期待
───────────────────────────────────
 呼吸をして、体内に入った酸素の数%は、「活性酸素」という物質になり、
 正常な細胞を、傷つけてしまいます。傷ついた細胞は、発ガンを促す物質の
 働きで、がん化する可能性が、大きくなります。

 "カカオマス・ポリフェノール"は、細胞が傷つけられるのを防ぎ、既に、が
 ん化してしまった細胞の増殖を、抑える働きが、実験で証明されています。

 その上、体内の"がん発症を抑える役割のある細胞"を、活性化させます。

 *スイスのチョコレートの消費量は、日本の約6倍、胃がんによる死亡者数
  は、約1/4となっている。
───────────────────────────────────
4."ストレス"に打ち勝つ
───────────────────────────────────
 "カカオマス・ポリフェノール"は、心と体のストレスにも、効果を発揮しま
 す。だから、あらかじめ"カカオマス・ポリフェノール"を摂っておくと、ス
 トレスを受けた時の抵抗力が増し、ストレスを感じても、ダメージを弱めら
 れることが、実験で証明されています。
───────────────────────────────────
5."アレルギー""リウマチ"にも効果
───────────────────────────────────
 花粉症に代表される"アレルギー疾患"は、体内に入ってくる異物から、身体
 を守ろうとする「免疫システム」の過剰反応によって、起こります。

 こうした過剰反応にも、「活性酸素」が関わっています。

 "カカオマス・ポリフェノール"には、この「活性酸素」が作り出されるのを、
 間接的に抑えたり(抗酸化作用)、アレルギー症状を引き起こす物質を作りに
 くくしたり、炎症を起こす物質が、出てこないように、する働きアリ。
───────────────────────────────────
6."虫歯"にも有効(チョコレートの場合、エピカテキン)
───────────────────────────────────
 緑茶やウーロン茶(カテキン)と同じように、"虫歯の進行"を抑える働きアリ
                       (歯周病予防効果)
───────────────────────────────────
7.集中力・記憶力を高めたり、気持ちを穏やかにさせる
───────────────────────────────────
 チョコレートの甘い香りには、「集中力」や「記憶力」を高める効果のある
 ことが、様々な実験で、明らかになっています。

 また、チョコレートには、"テオブロミン"という成分が含まれており、
 「神経を鎮静させる作用」も、確認されています。

 すなわち、「チョコレートを食べると興奮して鼻血が出る」というのは、
 むしろ逆で、欧州などでは、寝る前に、食べたりすることもあるそうです。
───────────────────────────────────
8."貧血""ダイエット"にも効果的
───────────────────────────────────
 チョコレートの原料であるカカオ豆には、カルシウム、鉄分、マグネシウム、
 亜鉛などのミネラル、ビタミンEなどが、バランス良く含まれています。

 特に、女性に不足しがちと言われている「鉄分」を、おやつとして、補うこ
 とが出来、"貧血の予防"に、つながります。

 更に、食物繊維が多く含まれているため、脂肪の吸収が阻害され、"ダイエ
 ット効果"が、期待出来ます。

 こういう説もあります・・・

 チョコレートに含まれるカカオバターは、脂肪の吸収率が良いため、同じカ
 ロリーのものなら、肥満につながりにくい。

 食前に、チョコレートを食べると、血糖値が、すばやく上昇するので、食欲
 が抑えられる。

 でも・・・

 食べ過ぎはいけません。"ダイエット効果"を期待するのであれば、

『カカオの含有量が70%以上のチョコレートを、1日50g(板チョコで約半分)』
───────────────────────────────────
その他にも・・・
───────────────────────────────────
 大腸菌、赤痢菌、O−157、サルモネラ菌、ピロリ菌などに対する殺菌作用 
───────────────────────────────────

 こんなに、効果があったのですね。改めて、カカオの偉大さが、分かりまし
た。さすが、"神の食べ物"です。これを知ったからには、バレンタインデーは、
思いっ切り食べて下さい。

 しかし、最近は、バレンタインデーでも、女性が自分が食べるために、チョ
コレートを買っていくケースも、増えているようですね。確かに、色々な種類
や味のチョコレートが、並びますからね。

 しかも・・・

 自分で食べるチョコレートの方が、本命以外に上げるチョコレートより、値
段が高いようですね(^^;)。う〜ん、シビアです女性は。

 それと・・・

 こんなのも、札幌で見つけましたよ!「チョコレート石鹸」

  2月限定石鹸 savon du chocolat → http://www.at-siesta.com/
              

 「私も、チョコレートは、大好きです。でも、食べ過ぎには注意注意…」


     **こんな実態も・・・ http://tinyurl.com/cn9z9


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.