毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
これでは、まるで"不健康補助食品"!
発がんを促進させる「アガリクス」



 2005年の健康食品市場規模は、推計で約1兆3千億円。その内、アガリ
クス市場は、約350億円位と言われている。抗がんじゃなく、発がん促進?


【健康食品における"アガリクス"とは?】

 実は、日本国内における「健康食品」の定義は、あいまいである。

 例えば・・・
───────────────────────────────────
 国立健康・栄養研究所の見解
───────────────────────────────────
 一般に「健康によい」として、売られている食品全般が該当し、明確な定義
 はありません。国民生活センターでは「消費者が健康によいと積極的な効果
 を期待して、摂取する医薬品以外の食品」としています。

 健康食品には、動物や植物から抽出された「健康機能がある」といわれてい
 る成分を原料にしている健康補助食品的なものが多く、その他、通常の食品
 の形態を持つ物として、自然食品、有機栽培食品なども、含まれます。
───────────────────────────────────

 インターネットを通じた健康食品の「個人輸入」も急増しており、行政とし
て、国内で承認されていない成分を含んでいたり、誇大な効果をうたったりす
る製品の流入を阻止出来ない状態にあるという。

 しかも、1兆円を超える巨大市場にもかかわらず、行政に携わるある人間は、
次のように、非常に、無責任なコメントをしている。

 「利用者自身で身を守ってもらうしかない。しかし、健康被害によっては、
  手遅れになる恐れがあり、健康食品に関する、更なる、啓発が必要」

 危険を察知していながら、"個人の責任"と、突き放している。

 総務省が発表した2005年の家計調査によると、健康食品の1ヵ月あたり
の消費支出は、前年より15%増の1,429円。あくまでも、平均の金額な
ので、中には、1万円以上買っている人も、多く存在する。

 それでは・・・

 今回、問題となった「アガリクス」とはどのようなものでしょう?
───────────────────────────────────
 学名/アガリクス・ブラゼイ・ムリル、和名/ヒメマツタケ、俗名/カワリ
 ハラタケ、アガリクス。地面から生え、柄が長くて太く、香りが強いハラタ
 ケ科のキノコの一種。

 1965(昭和40)年に、ブラジルで、日本人が、初めて栽培に成功。元々
 は、ブラジルのピエデータ地方特産のキノコです。その成分が注目され、日
 本でも、人口栽培されるようになった。

 成分は、他のキノコと比べて、粗タンパク質が43%と多い、多糖類、ビタ
 ミンB2、ビタミンD、マグネシウム、カリウム、リノール酸、リン脂質な
 どが含まれています。

 キノコ特有の成分である高分子多糖体"β−グルカン"の含有量が多いのも、
 特徴である。

 この"β−グルカン"が、免疫力を上げ、「抗がん効果」があると、言われて
 いる(免疫力アップの作用機序については、下記"無料レポート"にて)。

 しかし、ヒトに関する「有効性」「安全性」について、参考になるような充
 分なデータは、今のところ、見当たらない。
───────────────────────────────────

 がんへの効果うたうものを「抗がんサプリメント」と呼んでいるらしい。

 東北大大学院医学系研究科の濃沼教授らが、昨年、がん患者約3,600人
にアンケートしたところ、6割強が、健康食品、民間療法を使い、平均で、年
20万円あまりを支出していた。

それでは・・・

「今回、どんな試験から、"発がんを促進する作用"が分かったのでしょう?」


【暴かれた"発がん促進"】

 2003年9月 厚労省は、国立医薬品食品衛生研究所に依頼し、3社の製
品の「遺伝毒性試験」を実施した。

 3社とは・・・
───────────────────────────────────
 1.キリン細胞壁破砕アガリクス顆粒(販売者:キリンウェルフーズ)

   キノコ全体を乾燥させて、粉末化し、顆粒状にしたもの

 2.仙生露顆粒ゴールド(販売者:サンドリー → S・S・I)

   栄養補助成分を添加した形態

 3.アガリクスK2ABPC(販売者:サンヘルス)

   菌糸体培養物を顆粒にしたもの
───────────────────────────────────
 この3製品を選んだ理由
───────────────────────────────────
 厚労省の見解は、アガリクスを含む各種製品の中で、

 ● 広域流通しているもの

 ● 一定期間、継続的に、市場に流通しているものの内、製造方法が、異な
   るもの

 を選定したとのこと。

 *「健康被害報告等」を基準にして、選択してはいないとの事。

 *アガリクス製品には、上記のように、「乾燥物を、粉末、顆粒、錠剤等の
  形状にした製品」「菌糸の状態で培養したものを、粉末、顆粒、錠剤等の
  形状にした製品」などが、広く販売されている。
───────────────────────────────────

 この「遺伝毒性試験」を行った背景に、確かに、現在までは、アガリクスを
含む製品による健康被害が明らかになった事例の報告はない。だが、「肝障害
の疑い」等の事例が、報道されたことや、肺炎や肝障害等の複数の事例が、学
術雑誌等に、掲載されたことがあります。
───────────────────────────────────
今回行われた「遺伝毒性試験」
───────────────────────────────────
 遺伝毒性とは、遺伝子、または、DNAに変化を与え、細胞、または、個体
 に、悪影響をもたらす性質。

 この遺伝毒性を検索するための試験として、細菌を用いた「復帰突然変異試
 験」、哺乳類培養細胞を用いた「染色体異常試験」、ラットを用いた「小核
 試験」などがあります。

 今回行った試験は・・・

 5週齢の雄ラットに、*「発がんイニシエーター」を投与した後、"キリン
 細胞壁破砕アガリクス顆粒"を、0、0.5、1.5、及び、5.0%濃度
 で、24週間、えさに混ぜて投与した群と、*「イニシエーター」を投与せ
 ず、当該製品を、0、及び、0.5濃度で、えさに混ぜて投与した群を用い
 て、「発がんプロモーション作用の有無」を、確認。

 結果・・・

 当該製品を投与した「イニシエーション処置群」では、腎臓、甲状腺などに
 『腫瘍性の病変(がん)の増加』が認められ、当該製品に、ラットに対する「
 発がんプロモーション作用」が認められた。

 *「発がんプロモーション(作用)」

   それ自身が、発がんを引き起こすものではなく、「他の発がん物質によ
   る発がん作用を促進する作用」のこと。

   プロモーションがある物質を「プロモーター」という。

 *「イニシエーター」

   発がんの過程には、いくつかのステップが存在する。それは、多段階的
   に進行していると考えられている。

   その最初のステップのことを「イニシエーション」という。化学物質や
   放射線などによって、引き起こされたDNA損傷が修復されず、突然変
   異として、遺伝子に固定され、腫瘍(がん)発生に関与する遺伝子に、機
   能異常をもたらす過程を、指している。

   イニシエーションを起こす物質が「イニシエーター」である。   
───────────────────────────────────
 "キリン細胞壁破砕アガリクス顆粒"のプロファイルは以下である。
───────────────────────────────────
 ●内容量 150g(2.5g×60袋)

 ●栄養成分表

  2袋(1日分・5g)あたり

  熱量 18.1Kcal タンパク質 1.95g 脂質 0.14g
  炭水化物 2.25g ナトリウム 0.22mg

 ●内容成分表

  2袋(1日分・5g)あたり

  細胞壁破砕アガリクス末 5g(うち、多糖体β−グルカン 480mg)

 *今回の試験で、ラットに対する「発がんプロモーション作用」が認められ
  た量を、人間の量に換算すると、1.5%濃度で、約28〜57.5g、
  5.0%濃度で、約91〜186gに当たる。
───────────────────────────────────

 実は・・・

 引き続き、「遺伝毒性試験」は、陰性だった上記2製品について「別の試験」
を用いて、調べている。

 「別の試験」=「中期多臓器発がん性試験」
───────────────────────────────────
 生体に、悪性腫瘍を発生させる能力である「発がんプロモーション作用」を、
 確認する試験の一つ。げっ歯類(ネズミ等)を用いた"二段階発がん試験"の一
 つで、最大5種類の「イニシエーター」を投与して、発がんの感受性を高め、
 次いで、被験物質(2製品)を、数ヶ月間投与する試験。
───────────────────────────────────
 現在までのところ、2製品とも、「腫瘍病変(がん)の増加」は、確認されて
いません。最終結果が出次第、厚労省は、食品安全委員会に報告するとともに、
公表するそうです。


【"販売を停止"した商品】

 平成18年2月13日で、販売中止、自主回収したのは4製品。
───────────────────────────────────
 ● キリン細胞壁破砕アガリクス顆粒(試験に使われた製品)

 ● キリン細胞壁破砕アガリクス(400粒)

 ● キリン細胞壁破砕アガリクス(700粒)

 ● 純粋アガリクス
───────────────────────────────────

 販売会社のキリンウェルフーズは、キリンビール100%出資の子会社。

 同社の調べによると・・・
───────────────────────────────────
 顆粒は、2002年7月から、56,000箱

 錠剤は、1999年から、370,000箱

 2005年には、計55,000箱、出荷されている。
───────────────────────────────────

     もし、心当たりがおありの方は、見直してみて下さい。

 ▼お問い合わせ
 http://www.kirin-wellfoods.co.jp/company/agaricus_h.html


「"アガリクス"をもっと知りたい方は、

              是非、下記、"無料レポート"をお読み下さい」


     **これくらいしか・・・ http://tinyurl.com/fw7vr


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.