毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
サハリンエナジー社の"約束違反発覚"!!
自然に対するその反逆行為



 以前から、ずっと継続して取り上げている「知床油汚染鳥」の特報。良い情
報をお届けしたかったのだが…。S社がしていたのは、重大な約束違反だった。

 その件で、国際環境NGO FoE Japanの村上 正子氏より、『怒りのメール』を
いただきました。今回は、この全文と私のコメントを掲載したいと思います。

*今までの経緯が分からない方は下記をご覧下さい。
  http://www.unlimit517.co.jp/medi188.htm


【"最悪の事態"を招いていた…】

 いつも大変お世話になります。

サハリンII石油・ガス開発が希少種の鳥類に与える影響を日本の野生生物専門
家の方たちが長年訴えてきましたが、最悪の事態になったといえると思います。

───────────────────────────────────
〜サハリン石油ガス開発
     オオワシの営巣・繁殖期にパイプライン建設工事実施
                  事業者、環境文書記載の対策とらず〜
───────────────────────────────────

 ロシア・サハリンでサハリンII石油・天然ガス開発を進めるサハリンエナジ
ー社(ロイヤル・ダッチ・シェル/三井/三菱)は、オオワシなど鳥類の重要
な生息地として知られるサハリン北東部のチャイボ湾で、鳥類の繁殖期にあた
る5月現在、パイプライン敷設工事を行なっていることが、5月30日までに国際
環境NGO FoE Japan の調べで明らかになった。

 現地の工事関係者によると、同社は、パイプラインを湿地や、河川の底面下
に通す水平堀り工法(horizontal drilling)を今年3月より開始し、現在も継続
して、掘削等の作業を行なっているという。

 サハリンエナジー社は、同社が一般公開した環境文書の中で、同地域を「鳥
類の貴重な生息地」と認識した上で、緩和策として「建設工事は、鳥類が不在
の冬期に実施」することを記載していた。

 今年4月に 札幌で開催された同社パブリックミーティング(公聴会)では、
───────────────────────────────────
「チャイボ湾のパイプラインはすでに敷設した。建設工事は鳥類のいない冬場
 に行った」
───────────────────────────────────
 と発言していた。

 チャイボ湾は、天然記念物のオオワシのほか、カラフトアオアシシギ、ハマ
シギの固有亜種など「日露渡り鳥保護条約」記載種を含む鳥類の重要な繁殖地
として知られるため、同社のルート選定に対して、同地域に生息する鳥類の生
態に詳しい日本の野生生物専門家らは、強い懸念を表明していた。

 釧路市の獣医師で猛禽類医学研究所代表の齋藤慶輔氏によると、現在は、
───────────────────────────────────
「チャイボ湾をサハリン最大の繁殖地としている希少種のオオワシの育雛期
(子育てをしている時期)であるとともに、日本を中継して飛来したシギ・
 チドリ類が渡り途中の重要な餌場として同湾の大部分を利用している時期」
───────────────────────────────────
 にあたるという。

 札幌の公聴会に出席した野鳥の会オホーツク支部の渡辺義昭氏は、
───────────────────────────────────
「サハリンエナジー社の公聴会での説明や、同社が作成した環境文書の記載と
 異なることが、現場で実行されているということだ。日本の関係者は何を環
 境対策の判断材料とすればよいのか」
───────────────────────────────────
 と話す。

 サハリンエナジー社は現在、日本の政府系金融機関である国際協力銀行
(JBIC)に対し、数千億円規模の融資要請をしている。

 国際環境 NGO FoE Japan の村上正子氏は、
───────────────────────────────────
「サハリンエナジー社は、工事を計画どおり進めるために、その場しのぎの嘘
 を重ねてきた。企業としての信頼性はゼロに等しい。国際協力銀行は日本の
 国民の税金をこのような不誠実な企業に対して投入すべきではない」
───────────────────────────────────
 と語った。


【サハリン石油・天然ガス開発事業とは?】  

 サハリン北東部沖合で石油・天然ガスを採取する事業。第1期工事は、すで
に完了しており、現在第2期工事中。

 第2期工事では、2基の掘削プラットフォーム増設、海底パイプライン、800
の陸上パイプライン2本及び島南部に石油輸出ターミナルと液化天然ガス(LNG)
プラントを建設。

 2005年7月、総事業費が当初計画の二倍にあたる200億ドルになると発表。

 液化天然ガス(LNG)は2007年の出荷予定が2008年半ばに延期された。

 事業者は、サハリンエナジー社(ロイヤルダッチシェル 55%、三井物産25%、
三菱商事20%)。

【考えられる鳥類の繁殖行動への影響とは?】

 (猛禽類医学研究所 解説)

 繁殖期は、鳥類が一年中で最も神経質になる時期であり、繁殖行動に対して、
何らかの妨害行為があった場合、速やかに営巣放棄等による繁殖失敗をきたす
恐れがある。

 一般に繁殖ステージ(求愛、造巣、抱卵、育雛)が早いほど、妨害行為に対し
て、敏感であるとされ、繁殖地の破壊や直接的な繁殖妨害のみならず、人間や
車両、重機の立ち入り、騒音、照明なども繁殖行動に悪影響を与える要因とな
る。

 特に・・・

 オオワシやオジロワシなどの大型猛禽類では、繁殖期が早期に始まる傾向に
あり、オオワシでは、2月下旬から、本格的な繁殖行動に入るものもいる。

 また・・・

コシジロアジサシなどでは、特定の地域における安全性、充実した採餌環境な
どの要素が、複雑に関与しあい集団繁殖地(コロニー)を形成する。

したがって、コロニーとして成り立つうえで必要な条件が、開発行為によっ
て、何かしらの影響を受けた場合、集団繁殖地そのものが、崩壊する危険性が
ある。

 カラフトアオアシシギなど、希少性が極めて高く、特異的な地域・環境を繁
殖地としている種(代替地が少ない)にとっては、彼らの繁殖行動を妨害する行
為は、種の存続に大きな影響を与えかねない。

さらに・・・

 本来、人間が立ち入ることの無かった地域に、道路の造成などが行なわれる
ことにより、二次的に、ヒグマやキツネといった捕食動物が、容易に、鳥類の
繁殖地に入り込み、鳥類に対する捕食圧が高くなる可能性も否定できない。

 その上、ハンターや釣り人などのアクセスルートにもなる可能性があり、人
的影響も工事活動によるものに留まらない。


【拓コメント】

 『サハリンエナジー社が、何故、工事をゴリ押しするのか?』

 確かに・・・

 村上氏が言うように「税金」の面から見ても、齋藤氏の言うように「自然」
 の面から見ても、全く利点がないように、私にも思える。

 しかし・・・

 "別の面"から見ると、サハリンエナジー社がやっている強引な自然環境を、
 全く無視した工事の仕方が、"ある根拠"に基づいていることだと、気付く。

 "別の面"=「エネルギー問題」

 "ある根拠"=「エネルギー問題」を盾にすれば、エネルギーのほとんどを輸
 入に頼っている日本は、その確保のために、サハリンのプロジェクトに、頼
 らざろう得なくなる。

 実際、先日、政府の方針として、「エネルギーの自給率を上げていくこと」
 を、大きく目標に、掲げていた。

 こういう後押しをバックに、サハリンエナジー社は、少しくらい強引に工事
 を進めても、最終的には、日本の政府や世論の同意を得られると、高を括っ
 たのだろうと、推測される。


 ところで、貴方にお聞きします・・・
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆貴方は「自然問題」と「エネルギー問題」どちらを優先させますか?
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆「自然問題」を優先させる。
  ┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0001994Q0014890A173e1

  ◆「エネルギー問題」を優先させる。
  ┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0001994Q0014890A2ed9d

  ◆分からない(判断が付かない)。
  ┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0001994Q0014890A35545

  ◆どちらにも興味がない。
  ┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0001994Q0014890A40ee1

  ○結果を見る
  ┗ http://clickenquete.com/a/r.php?Q0014890C97ab
  ○コメントボード
  ┗ http://clickenquete.com/a/cb.php?Q0014890P00Cf8f7

  締切:2006年06月09日18時00分
  協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  **歴史も蔑ろにするのか・・・→ http://tinyurl.com/qtpo6


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.