毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
『自身の経験を踏まえて語る』
"抗がん剤"の今〜抗がん剤に対する「治験」
なんでそんなに時間がかかるんだ!!



  『七色仮面』のビデオを手中に収め、颯爽と、だが切実にT氏が語る
                   
        「未承認・抗がん剤の現状を憂う」

【自身服用中の"抗がん剤"】

 私自身も手術後、UFTなる国産メーカーの抗がん剤を、もう1年以上服用
しております(ほとんど日本でしか使用されていません)。

 おそらく、我が主治医は、副作用もあまりないので、再発防止になればとい
うことで、処方してくれてるんだと思いますが、でも"口内炎"という副作用が
あるんですなこれが…。

 その時は、服用を2日間くらい止めれば、治ります。

【"治験"の遅さを憂う】

それはさておき・・・

 先日テレビ(TV朝日)でちらっと見たのですが、自由診療の議論にからんで、
37歳の"すい臓がん"の男性が「時間がないんです。〇〇を使えるようにして
ください!」と訴えておりました。

 世界では"すい臓がん"に使用できる抗がん剤はけっこうあるのですが、日本
では、本当に少ないのが現状です(未承認が多い)。

 米国では"すい臓がん"に適用があるのに、日本では"肺がん"にしか適用が認
められていないようなものがあります。

 また、国産メーカーが出しているTC−443(TS−1)は、米国では"す
い臓がん"にたいして有効性が認められていて、今後の[期待が大きい抗がん剤]
と言われているのです。

 しかし、日本では「胃がん・大腸がん」にしか適用が認められていません。
治験はしているようですが(2003年・現在)、未だ承認はされていません。

 これは、私が服用しているUFTと同じように飲み薬ですし、同じ消化器系
には十分有効性があると思うのですが・・・あくまでも、素人考えですが…。

「TS−1が
   
   早く"すい臓がん"に使えるようになることをお願いしたいと思います」


*UFT[大鵬薬品]

http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/medicine/m_031.html

*TC−443(TS−1)[大鵬薬品]

http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/medicine/m_015.html

【拓コメント】

  こんな中、小泉首相は「混合診療」を容認するように声明を出した。

 T氏も書いているが、日本は治験段階に入ってから、承認されるまでの期間
が長過ぎる。確かに「安全第一」という事を目指してやっているのは分かるが
それにしてもだ。

 先週、書いたように厚労省が「混合診療」を何とか阻止したいのならば、
"特定療養費制度"拡充案を即、始めなければ、おそらく小泉首相の命令一家で
ゴリ押しされてしまう公算が高い。

 「病気を何とか治したい。そんな患者の気持ちに早く気付いて下さい」

[速報]

政府は15日、「混合診療の全面解禁」は見送りました。今後は、厚労省から
提出された"特定療養費制度"の大幅拡充で進めて行くようです。


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.