毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
ITを上手に活用した
『ある地方診療所の取り組み』
〜やはり公的機関と住民の
コミュニケーションが成り立たなければ・・・



 今週は「地方医療」に視線を向けたT氏。前向きに捉えるITの活用。

【その名は…"瀬棚町国保診療所"】

 [瀬棚町国保診療所・村上所長(医師)]は「健康は自ら守ろう」というコンセ
プトのもと、"豊富な医療情報提供"と掲示板において、もっと活発に町内外の
住民と"論議を自由に"行なえるようなHPを開設している。

 その趣旨は、"地域医療構築"にもっと積極参加をしてもらい、「住民の健康に
対する意識改革促進」と「診療所に対する忌憚のない意見」をアクセスする人
がみんな自由に意見を述べられる環境です。

 しかも、診療所の活動、部門紹介、外来数、学会参加・講演会報告など情報
を公開して、住民達の評判もいいようです。

 私が良いと思うのは「いいたい放題」という掲示板で、誹謗中傷・デマの危
険もありながら、真剣に診療所が一丸となり、住民の本音と向き合って、向上
しようといているところです。

 「ぜひ一度、覗いてみてください」→ http://www7.ocn.ne.jp/~snhimc/

【拓コメント】

「風通しの良い医療」というのは、一方的な思い込みや努力だけでは出来ない
と思います。特に公的機関の場合、住民とのコミュニケーション不足が今まで
にも様々な軋轢を生んで来ました。

 地方では都会に比べて、病院や医院の数が少なく、患者側に選択の余地がな
い場合がほとんどです。だからこそ、病院や医院の側が一歩でも患者側に歩み
寄り、「地域医療」を進めていかなければなりません。

 ここに挙げた"瀬棚町国保診療所"だけじゃなく、たくさんの地域で住民との
対話を重視する病院・医院が増えて欲しいものです。数が多いだけで、都会の
病院は「質が良くない」という言葉が、地域の方から漏れるくらいに充実して
もらいたいと思っています。

 その一方で、深刻な「医師不足・病院不足」の問題も考えて行かなければな
りません。"研修医"などを、最初から地方に赴かせるとただの足手まといにし
かなりませんので、3〜5年くらいを目処に「地方勤務を1年間義務付ける」
ようにした方が良いと思われます。


もっと知りたい方はこちら










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.