毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
動物は災害を予知するか?
〜スリランカ最大野生生物保護区に
「動物の死骸」がない!?



 マスコミを通じて報道される「動物には災害を予知する能力があるのでは?」
という命題。それでは、本当に動物にはそういう能力が備わっているのか…。

【"動物"に関する不思議な事】

 今回の地震による津波で、ヒトは14万5千人もの被害者が出た。そんな中
で「動物に関する不思議な事」が、数例目撃されている。

 例えば、スリランカ最大の野生生物保護区であるヤラ国立公園では、3km
に渡って、浸食したが、園内の野生動物保護員が救出に向かったところ、ゾウ
の死骸もなければ、ウサギの死骸もない、つまり「動物達の死骸」がどこにも
存在していなかったのだ(もしかするとオーバーかもしれない)。

 これも大きな被害に見舞われたタイ南部バンガー県カオラック地区の海岸に
いた観光用のゾウが、津波襲来の前に近くの丘に駆け上がり、結果的に背中に
乗せていた外国人観光客約10名の命を救った。

 詳細に言うと、地震が起きた頃(現地8:00)、上記のところに飼われていた
ゾウ8頭が、突然、甲高い声で鳴き始めた。
         
            ↓[約1時間後]
 
 再び激しく鳴き出し、客を乗せていた複数のゾウが、突然、丘の林の方に走
り出した。

 また、この時、海岸沿いの草原にいた水牛約100頭も沖に頭を向けた後、
耳を立て、直ぐに丘に向かって、走り出したとの事だ。

            ↓[約1時間後]

         『地震→大津波の来襲』

      「他地域でも、これらに似た現象が目撃されている」

【動物に"災害予知能力"はあるのか?】

 動物の"災害予知能力"については、これまでも数世紀に及び、様々な場所で
ケンケンガクガクと議論されて来てはいる。しかし、その実態は、現代科学を
持ってしても、未だ明らかになっていない。

 古くは、ギリシャの歴史家が、へリスという町を大地震が襲う数日前、蛇や
ネズミ、ウサギ、イタチといった動物達が一斉に離れていったという現象を記
録している。

 日本でも昔から、地震の前になると「ナマズが激しく暴れる」「鶏が産卵を
止める」「ミツバチたちが、慌てふためくように巣を捨てる」「魚の回遊場所
が変わる」「アリが一斉に場所を移動する」などetc…。種種雑多な事が実し
やかに語り継がれている。

 他にも、地震の度に、普段は温厚な飼い犬や飼い猫が、発生の数日前頃から
「無意味にほえだした」「異常にナーバスになった」「普段は良く食べるのに
、全然、食べなくなった」「いつもは出るのが好きなのに、急に猫が外に出な
くなった」などetc…。

 こういった地震前の"ペットの異常行動"が多数報告されている。つまり、今
回のスマトラ沖地震を例にしなくても、「地震(津波)などの災害と動物達の異
常行動」の因果関係を語る話は、枚挙にいとまがないのである。

【動物の"災害予知能力"を肯定?否定?】

 動物の"災害予知能力"を「肯定的なもの」と「否定的なもの」に分けて、
                          
                         箇条書きしてみたい。

[肯定的なもの]

1.野生動物は、人間よりも非常に敏感に、地球の震動を感じ取る能力がある。

2.動物は、地球から放出される電気やガスを検知している。

3.日本は世界有数の地震大国。それだけに地震予知の一環として「動物の予
  知能力」の研究も行なわれている。

4.2003年9月・日本。公衆衛生が専門で、兵庫県の今津保健所の嶋村清
  志医師らの研究により、「犬の異常行動…過剰にほえる、噛み付く」とい
  った行動から、"地震の予知"を行なう事が可能であると発表。

5.1975年・中国。100万都市の海城で「大規模な動物の異常行動」が
  報告される。政府は、そうした情報を元に、住民らに避難勧告を発令。結
  果、その数日後にマグニチュード7.3の大地震発生。住民の大部分は避
  難していたため、死傷者わずか(もし、避難されていなければ15万人)。

6.現在でも、中国では、地震予知研究の一環として「動物の行動観察」が行
  なわれている。これまでに「地震予知に関して、決定的な発見(再現性ア
  リ)」「動物達の間違った地震検知」の存在があることを確認。

7.1994年・カリフォルニア、1999年・ギリシャ、トルコの大地震前
  には「犬が突然、意味もなく、吠え続ける」「鳥がかごの中で、せわしな
  く飛び回る」「猫が異常に臆病になって、隠れようとする」といった異常
  行動例が多数報告された。

8.地震と関係した動物達が示す"特定の異常行動"は、民間レベルにおいて、
  世界中から報告されている。それらの内の多くが「似通った行動パターン」
  を現わしている。世界中で口裏を合わせる事は無理。etc…。

[否定的なもの]

1.米国地質調査学会の地震学者らは、「動物の予知能力」に懐疑的。理由は、
  彼らはこれらに関する多くのデータを持つが、そこに「明確な再現性を持
  つ因果関係」を見出す事が出来ないと存在を否定。

2.上記の学者の一人が、「動物は何にだって反応する。空腹時、テリトリー
  を侵された時、交尾時、天敵と出くわした時などの状況でも。従って、こ
  うした"動物の警告能力"を「動物の地震予知能力」として考える事は難し
  い。

3.中国・海城の例も、人間が予め「前震」を検知していたから。

4.一連の報告を地質学者の多くは、「"心理的な注目効果"に過ぎない」とし
  て否定。理由は、大地震や災害の前であった時のみ、事後的にそうした異
  常行動を思い出し、『結果論的な関係性』を見出しているに過ぎないから。

                                etc…。

【学者同士の"レベルの低いケンカ"からの脱出】

 上記で顕著な事は、[肯定的なもの]=生物学者達、[否定的なもの]=地質学
者という図式と思って、間違いない。言わば、学者同士がお互いの畑以外で勝
負をしたくないだけの事だ。

 私自身は、"動物の予知能力"には「当たり」もあれば、「スカ」もあるとい
うことだと考えている。全てがウソだとも言えないし、全てが"災害の予知"に
関して、有効だとも思えない。

 自分みたいなファジーな人間だと「良い所取りすればいいのに」と単純に考
えてしまう。それを具現化している学者が存在した。天才と呼ばれる(英)生物
学者・RUPERT SHELDRAKE[ルパート・シェルドレイク]である。

 氏は、下記ウェブサイトを開設し、世界中から「動物達の異常行動の報告」
を収集している。そこで得たデータを、現地の状況などと照らし合わせて、誤
報でないかを再度チェックする。

 その際に、「他の地震検知用機器」などと組み合わせて、客観的にデータを
把握し、予知に役立てます。つまり世界中からデータが集まれば集まるほど
「予知に関して役立つ"動物の異常行動"」を見出す事が可能だと言うことです。

 すなわち、お互いがお互いを責めるだけではなく、仲良く手を組み、今回の
ように多くの犠牲者を出さないための『地震予知法』を確立させる事が肝要な
のではないかと痛感します。

  いつも思うのは「たいていの学者の度量は狭い」という事実です。

     『動物の本能。この本能の欠落が顕著なのが ヒト』

 
*RUPERT SHELDRAKE[ルパート・シェルドレイク]WEB
http://www.unlimit517.co.jp/url/file/sheldrake1.html


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.