毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
誰にでも等しく「死」は訪れます。
その時に貴方は…
〜"尊厳死"とは一体何なんだろう?
人間にとって、尊厳を持って死ぬとは…



 最近は、多忙のため、なかなか執筆が出来ないとの事。そのT氏が今週は、
人間としての崇高な命題「尊厳死」に取り上げた。

【"尊厳死"…避けられない死の迎え方とは?】

「不治かつ末期」の病状に陥った際、いたずらな延命を拒み、人間らしく死ぬ
権利を文書化した「尊厳死の宣言書」を登録・保管する会員制の活動を展開し
ている支部が、北海道にもあります。

 当初は「安楽死」や「自殺の権利」と混同されるなど、"社会的認知"には、
時間がかかったようです。

最近、ふと思うんです。

「人間は誰も必ず最後が来る、

        その最後を考えることは避けて通れないよな・・・」と

 
【拓コメント】

 T氏のいう"活動している団体"というのは「日本尊厳死協会」の事です。

         http://www.songenshi-kyokai.com/

 だが、どんなに文書化しても、「尊厳死」を全てそれに当て嵌め、一元的に
論じる事は無理であろう。ヒト100人いれば、100通りの「死生観」を持
っているはずである。

 また、本人がそのような死に方を願ったとしても、家族が納得出来ない事だ
ってある。本人はもうほとんど意識がなく、看取るのは、家族なので「家族の
心の問題」もないがしろには出来ない。

だから、

○本人の意志を尊重したい

○家族の意思を尊重したい

         「大きく分けるとこの 2つ に集約される」


別解釈で "尊厳死"=『尊厳のある死』(Death with Dignity)とは・・・

*人間の尊厳(尊く、厳かで、侵しがたいこと)を保って、死に至る事。そこに
 は、単に「生きたモノ」として死ぬという事だけじゃなく、「人間として」
 最後の死を迎えたいという強い意志が含まれている。

「私は生前、家族に自分の意志を伝えると思うが、

     後は"家族の意志"に任せたい。皆さんはどう考えるだろうか?」

…………………………………………………………………………………………
 そんな中で、こんな記事を見つけた。

 "法制化"も視野に協議する[尊厳死とホスピスを推進する与党議員懇話会]

 『"法制化"自体が、「尊厳死」に相反するモノのような気がするのだが…』
…………………………………………………………………………………………


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.