毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
読者's Eyes14


1.読者Fさんより、メール(クチコミ)を頂きました。


 いつも、メルマガ、楽しく読ませていただいております。

今回も、この記事に一番感服しましたので、その感想とちょっとお願いです。

===================================


 実は、電磁波やケータイについて一番知らないのは「ペースメーカーの装着
者」だという証言もある。その上、自治体やマスコミも根拠のあやふやな電磁
波などに関する間違った情報で踊らされている可能性が大である。

      「ただし、事実は事実として捉えるが・・・」

 「ペースメーカーの装着者」の精神的なストレス、携帯電話のマナー欠如、
傍若無人な人々の増加、電車や地下鉄など乗り物の混雑状況、電磁波に対する
正確な知識の欠如、メーカー対策の遅れなど、様々な環境や事情を考慮に入れ
ると今のまま[ケータイの使用制限]で進むしかないのかもしれない。

[結論]

「現代文明をこのまま受け入れるのであれば、

             "電磁波"とはうまく折り合いを付けるしかない」

===================================

 この部分です。このいわれている通りだと思います。

 私は「大手の電気メーカ」勤務していて「ある程度、原子力」に携わってい
たものです。

 携帯電話の傍若無人な使い方はもちろん反対ですが・・・。
いまの世の中は、無知なことから、いろいろ、間違って決めているようです。

まずは、

1.携帯電話はその電波の強さ(もちろん周波数)が決められている。

2.電気機器(たぶん、認可を受けた医療機器)は、異常電波に対する防護強度
  が決められている。

 この二つで、誤動作が防げるはずのものです。
まあ、基準が出来る以前のものといわれるとなんともいえませんが・・・。

 だから、基準に従った携帯電話を基準に合ったペースメーカのそばで使って
も、問題は起きない・・・ということになります。誤動作したペースメーカが
条件を満たしていない・・・では、無いでしょうか。

===================================

[それから、ここからが、質問とご相談です]

 1.このペースメーカーの”誤動作”はどのくらいならそのペースメーカー
の装着者は”生命”に異常をきたさないのでしょうか?

 心臓なんて、よく不整脈を起こしてますよね。私も、ときどき”脈とび”を
感じてます。

 2.1分間に、いくつぐらい、脈とび、不整脈が出ても生命に異常は生じな
いでしょうか?

 これを、医療の立場から評価していただければと思います。ほとんど、現実
的には現状のペースメーカで問題ないと思います。いかがでしょうか。

 こういう見地で、携帯電話とペースメーカを評価されている方はいないと思
います。

 携帯電話でなくても、近くに雷が落ちればすごい電磁波を受けます。ラジオ
を聞いていただければわかりますが、電車のパンタグラフからのスパークでも
電磁波は出てます。

 「ネズミ捕りの車の速度計測も電磁波です。

             いっぱい、人は回りの電磁波を受けています」

=====================================

 ついでに、この場をお借りして、「原子力と放射線のこと」もお願いしてお
きます。原子力、特に原子力発電の世界では、きちんと管理して”放射線・放
射能”を使っています。

 しかしながら、あれだけ、みんなに嫌われる”放射線”を医療の現場では、
日常的に気軽に使ってます。

「結核検診」「胃のバリウム検査」「骨折のレントゲン」「歯科の歯のレント
ゲン」あげればいとまがありません。

 それで、写真などは残るのですが、被爆記録は残りません。特に「歯科の歯
のレントゲン」などは直接撮影なので、被爆量は多いようです。

 かるく、原子力で言う「許容被爆量」を超えます。

 これで、がんになったら「放射線治療」です。

 携帯電話と同じで、「世の中に知識」がないと、こんなことになります。嘆
いてもしかたがありませんが・・・嘆かわしいことです。


「出来れば、医療の世界から、メルマガを含めて啓発いただければと思います」


【拓コメント】

F氏の質問から答えたいと思う。

1.このペースメーカーの”誤動作”はどのくらいならそのペースメーカー
の装着者は”生命”に異常をきたさないのでしょうか?

[答え]

 正確に、この数字を押さえているメーカーはないし、基準もあやふやです。
強いて言えば、「誤動作を起こすか、起こさないか」という程度です。

2.1分間に、いくつぐらい、脈とび、不整脈が出ても生命に異常は生じない
でしょうか?

[答え]

 "不整脈"には大きく分けて、3種類あります。

1.徐脈
     ●瞬間的に、脈が飛ぶ、脈が抜ける。
     ●瞬間的に、ドキッとするなどの症状を呈するもの

2.頻脈
     ●脈が速く(成人で1分間に100回以上)、頭がボーッとする、目
      の前が暗くなる。
     ●改善されないと、失神するなどの急激的な症状を示す事がある。

3.期外収縮

     ●脈が速くなり、どきどきが続く(頻脈による)。
     ●失神する(血圧低下による)。
     ●胸が痛くなる(頻脈時、短い間)。

*従って、「生命の異常」という事になると、頻脈や期外収縮のレベルになる
 とかなり危険だと言えます。つまり、1分間に100回以上の脈が目安とな
 ります。

 ただ、その他の病気も併発している可能性も考えられるので、直ぐに、病院
 で、診察してもらうことをお勧めします。

 リクエストがありました「原子力と放射線のこと」も後日、是非、取り上げ
たいと考えています。


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.