毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
読者's Eyes21


1.読者Oさんより、メール(クチコミ)を頂きました。


【"副作用"情報・専属MR】

 初めまして。いつも、メルマガを有難うございます。

 No.40にあった「副作用についてのMR」に関心を持ちました。

 田畑さんも、10年前MRだったとかで、実は私も20年前ですが、MRだ
ったことがあります(試薬分野、免疫関連)。

 今は、大手企業を退職(早期)した方の再就職支援業務についています。その
中で、「再編進む製薬会社の方々も支援」していますが、地方在住の方は、正
直、困難なところがあります。

 私なりに色々と検討してみますと、田畑さんの提案「副作用情報・専属MR」
は、ひょっとして、"NPO法人"として、出来るのじゃないかと思いました。

 NPO法人は、作るのは比較的たやすいのですが、これを、本格的に運営・
管理(経営)していくのが、非常に大変です。

 ただ、その辺りの経営計画を、充分に練った上で、可能であれば、やってみ
たいと思うところです。
───────────────────────────────────

【拓コメント】

 以前、「副作用に対する医者のレベルの低さ」をT氏がレポートした。その
コメントとして、私は『"副作用"情報・専属MR』を作ったら良いのではない
かと提案した。

 それの反応として、"具体案"を伴ったメールを送っていただいたのが、今回、
取り上げさせていただいたO氏です。確かに、直ぐ企業が動くとも思えないし、
どちらかというと「副作用情報」は隠蔽していたいとの感情が働く。

 表面的には、公的な機関や病院、大病院などを中心に、「副作用情報」の情
報開示をしようという動きは出て来ている。団体やグループ単位では、そうい
う事になっていても、『医者=個人』のレベルが上がらなければ、意味がない。

 こういう医者個人を教育することも含めて、私は"副作用"情報・専属MRが
必要だと考えるのです。どんなに優秀な薬であっても、「副作用」から逃れる
ことは無理なのです。

 そうだからこそ、逆に積極的に「副作用情報」を医者と患者の間で、共有し
合うのです。医者やその周辺の人間達が、自己保身のために、それらを隠蔽し、
隠し通せたとしても、これからの『医療の発展』には繋がりません。

そういう事情からも、

 もし、出来ることなら、企業などにも直ぐに動いて欲しいと思いますが、可
能であれば、O氏が提案されている"NPO法人"などを通じて、「副作用によ
る被害者(潜在的な人も含めて)」が少しでも減ることを望んでいます。


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.