毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
読者's Eyes22


1.読者Kさんより、メール(クチコミ)を頂きました。


【今でも変わらぬ!"大学病院の実体"】

 医療関係であまりに腹が立ったことが(大昔ですが)ありましたので、お便
りさせて頂いております。

 実は、もう20年も昔のことなので、当事者は、既に担当から離れているか
もしれないのですが、同様のことが今でも、そして、他の大学でも起こってい
るかもしれないと思い、敢えて、筆を取らせていただきました。

 当時、私は*大学に通っていたのですが、初めて、親元を離れての慣れない
学生生活で精神的に参り、うつ病寸前の状態でおりました。 

 *大学では、学生のための"カウンセリング・サービス"が設けられており、
精神科医が、週に何日か大学へ来ていたので 予約を入れ、当日、カウンセリ
ング・センターへ行きました。 

「うつ状態」とはいえ、日によって浮き沈みも当然あり、その日は、たまたま
比較的ましな状態で精神科医の面談を受けたのですが、その精神科医は、私が
普通に受け答えするのを見て腹を立てたらしく、

       「なんだ、あんたは私の顔を見にきたのか!」

 これが"医者の言葉"でしょうか。 私の父親は、外科医で、医者というもの
はみな父のように立派な人間ばかりだと思っていた私には、言い知れない衝撃
でした。

 他にもまだあります。

 *大学は、治療契約をしている歯科医が(現在は分かりませんが当時は)あり、
その医者にもひどい目に遭わされました。 

 虫歯でもないのに、急に前歯がひどく痛み出し、その診療所に駆け込んだの
ですが、当然、何人もの先客がいました。

 今から思えば痛み止めでも飲んでおけばよかったのでしょうが、精神的に参
っていたせいかそれに思い至らず、痛みをこらえて、順番を待つ内に不安と痛
みで思わず泣き出してしまっていました。 

 いくら「うつ状態」だったとはいえ、大人気なかったことは認めます。です
が、その歯科医の取った態度はそれ以上に大人気ないものでした。私を治療台
に座らせ、何の説明もなくいきなり健康な歯の神経を抜き去ったのです。 

       「これで痛まないだろう」と言わんばかりに・・・

 20年後の現在、神経を抜き取られた歯は当然「死んで」いるためすっかり
黒変し、当然ですが研磨剤などでは元の色には戻りません。抜歯して差し歯に
するか、芸能人が使っているような塗料を塗るかしかありません。

 私は、現在、ある所で、教鞭をとっており、日々否が応でも口を開けてみっ
ともない歯を、学生の目に曝さざるを得ない状態です。

 他にも、在学中に*大学病院で「腎臓結石の疑い」で、緊急治療を受けた時

「レントゲンには何も写っていない、写らないほどの細かい砂状の結石だろう
 から、尿道に管を差し込んで石を取る」

 と言われ、いわゆる奥手だった私は多少抵抗を示したのですが、その時の医
者の態度もかなりなものでした。 

 "自分がやる"と言う治療法が、

           「気に入らないのなら、勝手に苦しんでいろ」

 というようなことを言われたのです。確かに、医者が必要だということを、
"恥ずかしい"だけで、素人が拒否するわけにもいきませんから、了承したので
すが、医師は仕切りのカーテンも閉めず、私の診療とは、全然関係のない医学
生が、私の股間をカーテンの向こうから背伸びして覗き込んでいたのが、あま
りに屈辱的で、強制排尿中泣くしかありませんでした。

 もちろん、大学病院ですから、医師が医学生を従えて、私の治療に当たって
いたのなら我慢もします。ですが、その医学生は別に私のケースに実習で同席
していたわけでもなく たまたまその場にいただけと見られる学生でした。

 かつては、私も父のように人を助けられる人間になりたいと思っていたので
すが、人間性の低い医師・権力争いだけに汲々とする医師を見てこんなものだ
ったのかと愕然としたものです。

 今でも、学力やステータスだけで医学部に入学し、いざ実習で患者の相手を
することになると「病人は汚いから触りたくない」と発言した医学生の話など
も聞くことがあります。

 こんな医者ばかりが、世の中にはびこっているのなら、一番の保身は「医者
にかからないこと」。健康に気をつけて、あんな連中のお世話にだけは、"二
度となるまい"と思っています。
───────────────────────────────────

【拓コメント】

 このコーナーには、日本の最先端を行っていなければ、ならないはずの"大学
病院"に対する不満が非常に多い。私の感覚だと、「ハード(器械、技術など)」
の部分は、ある程度揃っているのだが、「ソフト(心)」が蔑ろにされている。

 Kさんのご指摘通り、20年前も現在も、"大学病院"は「心」を失ったまま
である。それが、笑い話で済めばよいが、Kさんのように、今の生活にも支障
を来たす禍根を残されたら、そう言う訳には行かない。これは、まさしく、

        「"医療ミス"である事に、間違いない」

 先ず、「精神科医」の話から行くと、この医者は何のために、学生に、カウ
ンセリングを施しているのだろうか?という疑問が湧く。まして、うつ状態で
あるKさんに、心ない言葉を浴びせ、ストレスを増大させている。

 これは、余談だが、私の知人の精神科医に聞いたのだが、精神病の患者など
のカウンセリングや治療をしている内に、自分自身も「精神病患者」に近い精
神状態になってしまう事が、多々あるとのことだった。

 Kさんが出会った「精神科医」はそういうではないと思うが、実際の現場に
は、『患者(医者)が、患者を診察している』という仰天のケースが考えられる
という事である。

Kさんは、その後もつらい目に遭う・・・

 「外科医」は手術の事で、「内科医」は薬の事で、主に"医療ミス"などを訴
えられるが、「精神科医」のこの尊大で冷たい言葉は、間違いなく"医療ミス"
に当たるのではないかと思う。

 その後に記されている「歯科医」はそのものズバリの"医療ミス"であり、「
泌尿器科医」は、この時代には概念がなかったと思うが、"セクシャルハラス
メント(セクハラ)"にピッタリ当てはまる。

 しかし、どの行為も、医者としてだけではなく、人間としてやってはいけな
い事だ。コイツらは、人間としても「最低の部類」である。Kさんには、比べ
る存在(父親)があったから、尚更、その事を痛感したのだと思う。


「"大学病院"という医療の最先端でなければならない施設が、

              "医者への不信"を募らせては絶対にならない」


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.