毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
読者's Eyes29


1.読者Nさんより、メール(クチコミ)を頂きました。


【時代が"女医"を求める】

 最近、"女医さん"が非常に多くなった。

 一般に、男の医者に対して、

         "女医さん"は、「親切、かつ、丁寧」に診察してくれる。

 男の医者は、『自身過剰で、ぶっきらぼう』が多い。

 専門の医者でなかったら、女医を選ぶ方が良い。

 但し、「決断が遅い傾向」があるので注意が必要。
───────────────────────────────────

【拓コメント】

 以前に比べたら、最近は、"女医さん"を見かけることが、多くなりましたね。
特に、「精神科医」「産婦人科」「眼科」などの診療科目は、"女医さん"の数
が増えています。

 "女医さん"には、女性特有の「柔らかさ」みたいのを、感じますよね。患者
という立場になった時、それが良く分かりますね。

 男の医者("男医"とは言わないですね)は「そんな病気、こんなもんだ!」と
いうぶっきらぼうで、適当な診察をする人が、多いですね。

「薬の選択」にしても、新しい薬に関する知識がないために、昔ながらの薬に
頼っている(というかそれしか知らない)不勉強な医者が、非常に多い。まるで、
診療よりも、夜の「クラブ通い」にしか興味がないかの如くに…。

「全ての医者が"薬を良く知っている"というのは、幻想でしかありません」

 全てがそうだとは言いませんが、「決断が遅い」というのも、一般的な女性
の特徴ですね。どちらかというと、自分が決断すると言うよりは、「相手の決
断を待っている」という受け身の態度を示すことが、多い。

 ただし、男の医者より、"女医さん"の方が、こちらから、問いかけてみると
"丁寧に答えてくれる"ケースが多いから、

  「先生、これこれは、こういう感じで、服用すればいいですよね?」

 というような具体的な質問を投げかけてみるのも、"女医さん"に診察しても
らう際、必要なことかも知れません。診察というのは、あくまでも、「患者と
医者の共同作業の場」ですから・・・。

 だけど、男の医者も色々いるように、"女医"というのを、一括りにしてしま
うのは、乱暴なんだろうなぁ。一番大切なのは、自分と相性が良く、何でも答
えてくれてくれる先生(男でも、女でも)を探すのがいいんだろうけどね。


「異性(男)から見たら、こう見えるけど、

            女性から見た"女医さん"って、どうなんだろう?」


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.