毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
車はリコール、医薬品は副作用、
でもちゃんと報告されてる?



 M社の大々的なリコール隠し問題。果たしてそれは自動車業界だけのことなのだろうか?

 医薬品業界で言えば、「副作用情報」これは全て正しくメーカーによって報告されている
と言い切れるのか。厚労省の調べによると2003年度報告された副作用は約33,400
件(2002年度+約5,000件)で過去最高。

 厚労省のコメントは「報告制度が変わったことや副作用に対する社会的関心の高まり」が
増えた理由としているがメーカー自体の自浄作用というのはないのだろうか。どうもうるさ
いから仕方なく報告しているという態度に見えるのは私だけだろうか。

 1年間に出現している膨大な新薬や医療器具のことを考えると少な過ぎる気がする。事は
人体に直接関わる問題である。そして、報告の中には薬品との因果関係が不明なものも含ま
れているとの事(この薬品は実際の現場にあるのだろう)。

 そんな薬出すな!

 でも、因果関係の分からないものまで副作用情報として報告するということはある意味、良
心的なメーカーなのか?
 
 どちらにしても、医薬品業界にM社が存在していないことを望む。それにしてもこれもまた
メーカーの体質やモラルに頼らざろう得ないのかトホホ。


もっと知りたい方はこちら










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.