毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
読者's Eyes33


1.読者Hさんより、メール(クチコミ)を頂きました。


  もう一度、先週の内容を掲載した上で、【拓コメント】を付けます。


【解せない事が多すぎる・・・2】

 Hと申します。メルマガは「このままの長さ」で、続けて下さい。

 私が、このメルマガを選んだのは、今から、5年前に母が癌で亡くなった時
に、入院していたH病院の対応に、不信感を抱いて、今に至っていることが、
心の中にあるからです。

 一つ、はっきり分かったことは、"強すぎる痛み止めの薬"を平気で処方し、
精神障害を起こさせ、「弱い薬に代えてくれ」と頼んでも聞いてくれませんで
した。

 その結果、同室の人は、全員、危険だったにも関わらず、「その薬を飲まさ
れ続け」という異常なことが、平気で続けられました。

  「現場の医者まで、"金儲け"しか考えていないと、本気で思いました」

 メルマガは、今後もこのスタイルで、行って下さい。

                 以上、その薬、今でも持っています。
───────────────────────────────────
 メルマガで、取り上げてもらってかまいません。

   「死んだ母親も望んでいる」と思います。 

    「その問題の薬は、*"MSコンチン錠"だったと思います」

 薬があるのに、何で曖昧かと言えば、実は「私は視力がない」のです。いわ
ゆる"先天盲"です。

 お察しの通り、説明など、ろくになく、特に、本人には、一切、癌は知らさ
れず、長男にだけ、こっそり知らせたため、悪用されて、悲惨でした。

 そんな訳で、私は、今、Tにいますが、背水の陣です。

      「最後に、H病院は、I県H市にある公立病院です」

───────────────────────────────────
*"MSコンチン錠"…成分は、硫酸モルヒネ。持続性癌疼痛治療剤。つまり、
          各種癌の連続する痛みを緩和する経口薬です。
───────────────────────────────────
───────────────────────────────────
【詳細な経緯】上記メールを頂いた後、"経緯"を教えていただきました。
───────────────────────────────────
 1999年の初めに、母親が「血尿が出た」というので、同居していた私が、
説得して、病院に行ってもらいました。

 しばらくして、医者が既に、別居している長男に、説明したようで、「腎臓
が悪いので、手術しないとだめだ」と言って、腎臓を摘出したようです。

   「この時の説得が、"うそっぽかった"のを、よく覚えています」

 手術は、3月頃にやったと思うのですが、親が入院と同時に、長男と次男と
その嫁さんたちが、母親の部屋の荷物を、ものすごい勢いで、片付け始めたの
です。 

      「ちょうど"渡る世間…"の最終回みたいに・・・」

                この辺りで、声を上げるべきでしたね。

 そして、一時退院して来ましたが、秋頃から、また、入院しました。この時
は、何で入ったのか、私自身、あまり、見舞いに行かなかったので、詳細な事
情は、分かりません。

 そんな中、12月の初めに、突然、親が家に、帰ってきました。

「病院にいても、治らないから、帰ってきた。夜になると寝られない。横にな
 っておられず、歩き回るしかない。疲れていて、眠りたいんだけど、何故か、
 寝るとヘンだ」

             と言うのです。 

 1ヶ月ぐらい前から、「ずっとそういう状態なのだ」と訴えるのです。そこ
で、初めて、おかしいと思いました。

      「何か、"強すぎる薬があるに違いない"と思いました」

 そこで、懸命に説得して、今、飲んでいる薬を全部やめて、一つずつ飲んで
行って見つけようとしたのですが、なかなか言うことを聞いてくれません。

 それで、飲んでいる薬を、K市の以前良く行っていた薬局に見せたところ、

「お母さんは、そんなに痛がりますか?この薬は、滅多に、出しませんよ。
 のたうち回るような患者さんに、出すんですよ!!」

                         と説明を受けました。 

それで、私が・・・

   「そんなに痛がりません。*"ボルタレン"で、止まりますけど」

                と言うと、とても不思議がっていました。

 一方、親は、H病院に行って、医者に相談したら、「睡眠薬を処方された」
との事。しかも、2錠も…。ひどいもんです。

 その夜は、懸命に説得し、今晩だけは、「全部、薬は飲まないで」と言いま
した。しかし、朝に服用した薬が効いていたのか、母親は、やはり、眠ること
が出来ませんでした。

 それで、翌日に賭けました。

 翌日、「だいぶ楽になった」というので、"薬を飲まないともっとひどくなる
かもしれない"と心配する親を、何とか説得しました。

 それでも、"先生の指示だから"と「睡眠薬は飲みたい」と言うので、1錠を
4つに割って飲むということで、妥協しました。

 そしたら、夜の9時頃から、途中、2階のトイレをはさんで、翌日の昼まで、
寝ていました。この時ばかりは、うれしかったです。

 その後、年が開けてから、呼吸が苦しいと言っていましたが、一月中旬の朝
に、とても、苦しそうだったので、救急車で病院に行ったら、「肺水腫」との
ことで、その水がとれないと言うようなことだったと聞いています。

 直接の死因は、そのあたりだと思います。呼吸が苦しいと言いながら、酸素マ
スクを付けたまま、2000年の2月24日に、亡くなりました。

 後で、聞いたところでは、"肝臓にも癌があった"みたいですが、今ひとつ分
からないのは、「腎臓は、果たして、癌かどうか?」と言うことです。

 何故かというと、H病院の泌尿器科の先生は、"やたらと切る先生"だと、後
で、噂で聞いたからです。
 
 "肝臓は癌"だと思います。理由はかなり前から、「その辺りがおかしい」と
親が言っていましたから・・・。

 その最後に、入院していた時、医者や看護婦さんが、「問題の薬を飲め」と
言いに来たそうです。

 私が・・・

    「"絶対に飲むな"と言ったのは、言うまでもありません」

───────────────────────────────────
*"ボルタレン"…成分は、ジクロフェナクナトリウム。鎮痛・抗炎症剤。錠剤、
        カプセル、軟膏、坐薬、テープなどの形態があります。
───────────────────────────────────

【拓コメント】

 ここは、「公立の総合病院」なのですよね。それなら、本当は、民間に先駆
けて、"開かれた医療"を実践しなければならない立場でありながら、「患者を
蔑ろ」にする態度は、非常に許せないですね。

 家族にほとんど説明もなく、患者の状態を把握せずに、強い副作用を、薬で
止めようとする行為は、「殺人行為」に等しいです。しかも、同室の全員に服
用させるとは…まるで"大量殺人"だ!!

 "毒を持って、毒を制す"という考え方で、一番被害を受けるのは、「患者」
だという認識が、医者にはないのでしょうね。しかも、Hさんは、「弱い薬に
代えてくれ」と、家族として、頼んでいるのです。

     「医者に、"聞く耳"は、存在しないのでしょうか?」

 私は、一般の医療現場では、未だにこの「インフォームド・コンセント」と
いう言葉が、空しく響く感じを持っています。当事者である患者や家族に対し
て、医者が、上から見下ろすような医療は、必要ありません。

 治療が、本来は「医者と患者の共同作業」だということを、今一度、病院や
医者側は、強く再認識して欲しい。何れにしても、こういう現状を少しでも変
えていかなければなりません。

 一方、医者の使用した"MSコンチン錠"="強すぎる痛み止めの薬"を、検証
してみます。この薬は、上記にあるように、成分は「硫酸モルヒネ」です。モ
ルヒネは、麻薬の一種です。

 一般の人は、「モルヒネ」「麻薬」と聞くと、その後の"精神的依存"が気に
なりますが、医者が、『患者の状態を、良く把握』し、正しく処方している分
には、そのような危険性は、非常に低いと言われています。

 確かに、現代医療において、「経口モルヒネ」は、多くの進行癌や末期癌の
患者の痛みを軽減するために、ごく一般的に、使用されています。実際に、痛
みが取れて、延命された方々も、たくさんいます。

 しかし、問題は・・・

 「医者が、『患者の状態を、良く把握』していたか?」という疑問です。

 Hさんのメールを読むと、どうもこの部分が、非常に怪しく考えられます。
「どうせ、末期癌だから、"モルヒネ"でも打っておけば、いいだろう」という
実に、事務的で、冷たい考え方です。

 この単一的な考え方が、客観的に『患者の状態を、良く把握』するという医
者としては、当たり前の態度から、遠ざけてしまった感じがします。そして、
この医者は、「"重大な事実"を、見落としていた」のです。

 その"重大な事実"とは・・・

 それは、「薬の説明書」に書かれていました。私は、元MR(薬の情報を伝
える人間)だから、ハッキリ言いますが、「医者が薬を知らない」のは、薬品業
界では、周知の事実です。

 だが、質が悪いのは、プライドの非常に高い彼らは、「自分の至らなさを認
めない」ということです。だから、説明書に書いてある初歩的な事に関しても、
医者は無知であり、説明書なども、ほとんど読んでいない。

 いざとなると・・・

    「"権力"を笠に着て、製薬会社に、責任を押し付けるのです」

 ちょっと話は、脱線してしまいましたが、「医者が、薬に対しては、無知」
だと言うことは、分かっていただいたと思います。この事が、今回の問題とも、
密接に関わり合ってきます。

 私が、Hさんのメールにより、かなり疑問に思ったので、"MSコンチン錠"
の説明書を、取り寄せました。早速、その説明書を読んでみると、一番最初の
赤枠で囲まれた目立つ位置に、「禁忌(次の患者には投与しないこと)」として、
次のような"見逃せない記述"を、発見しました。

 そこには・・・

───────────────────────────────────
3.重篤な肝障害のある患者 [昏睡に陥ることがある]
───────────────────────────────────

 もし、Hさんが推測されるように、「肝臓癌」でもあったとしたら、"MS
コンチン錠"を投与することは、まさに、"殺人行為"であったと思われます。
"絶対にしてはいけないこと"をしている訳ですから。

 もう一つありました・・・

 それは「使用上の注意」の項目です。

───────────────────────────────────
(3)肝・腎機能障害のある患者 

   [代謝・排泄が遅延し、副作用が現れる恐れがある]
───────────────────────────────────

 この項目に関しては、患者の病状に注意し、「慎重に投与する」ことが義務
付けられています。医者は、自ら「腎臓癌」だと診断したのだから、"腎機能
に障害がある"ことに、間違いはありません。


「それなのに、"MSコンチン錠"の服用を強要したのは、

 知っていてやっていたのか?それとも、副作用情報に無知だったのか??」


 私は、おそらく後者だと思いますが、知っていてやったとしたら、もっと罪
は重いと思います(本当はどちらも医者としてはあるまじき行為ですが…)。

 もし、どうしても、「痛みを和らげる意味」で投与が必要であれば、その前
に、家族に対して、充分の「インフォームド・コンセント」を施すべきである
と考えます。

 私の結論は・・・

 副作用に対して、無知な医者が、家族に「インフォームド・コンセント」も、
ろくにせず、「痛み止め=モルヒネ」という単純な思考を、上からモノを見て、
患者と家族に、押し付けたというのが、真相だと思います。

 悲しいけれど、こういう現状が、癌治療の世界だけではなく、日本の医療界
全体において、非常に多く、蔓延しているケースです。本来、医者、患者、家
族は、同列であるべきです。


「こういう悲劇をなくすためにも、

 副作用に対して、きちんと知識を持ち、説明する口を備えた医者を待望する」


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.