毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
読者's Eyes36


1.読者Aさんより、メール(クチコミ)を頂きました。


【"使い続ける"健康食品は大丈夫?】

 田畑様、こんにちは。

 いつも参考になる内容でありがたく
 購読させていただいております

 こういう記事を見ました。
───────────────────────────────────
ES細胞、培養続けると異常 米の研究グループ発表へ 2005年09月05日 
───────────────────────────────────
何度も分裂した"ヒトES細胞"には癌細胞で観察されるゲノム変化が認められる。
他の細胞と同様に、幹細胞も分裂するにつれて自発的な遺伝子変異が蓄積して
いると考えられます。

様々な組織の細胞になりうるヒトの胚(はい)性幹細胞(ES細胞)は、培養を続
けるうちにがん細胞で起こるような異常が生じることを、米ジョンズホプキン
ス大などのグループが見つけた。

米科学誌ネイチャー・ジェネティクス電子版で5日発表する。

ES細胞は「再生医療への応用」が期待されるが、長く培養すると"臨床応用"
には使えなくなるものがあるだろうという。

グループは、ヒトのES細胞9株について、増えると別容器に分けて培養する
操作を22〜175回繰り返し、元の状態と比較した。

  「9株中8株で、がん化や老化に伴って起こる"異常"が増えていた」

具体的には、メチル基という物質がDNAにくっつく変化や、DNAの特定領
域がコピーしたように増える変化、ミトコンドリアDNAの変異などが確認さ
れた。

こうした異常で、遺伝子が働くかどうかのスイッチ制御が異常になったり、が
ん遺伝子など特定の遺伝子が増えたりする可能性がある。

これまで・・・

   「ES細胞は"長期間培養を続けても安定している"とされてきた」

長期間培養する場合には、高い感度の検査を定期的に行う必要があるとグルー
プは指摘する。

米政府は、01年8月以前につくられたES細胞株による研究に限り、政府資
金投入を認めているが、こうした方針では限界が生じる可能性を示した。

日本は条件付きでES細胞の新規作製を認めている。
───────────────────────────────────

という事は・・・

1.健康食品で出ている乳酸菌やキノコの菌などもタンクで
  培養して製品として売られていますが、問題は無いのでしょうか?

2.菌が、「何回も分裂する」と"良い栄養分も出なくなる"ような感じも受け
  るのですが?

3.キノコには「有性時代」と「無性時代」があると聞いたことがあるのです
  が、無性タイプは、乳酸菌と同じ単細胞ということですか?

  無性タイプが進化して有性タイプになったのでしょうか?それとも反対?
───────────────────────────────────

【拓コメント】

 [1の質問に対する答え]

 まず、「乳酸菌」に関して、言うと・・・

 出だしのところから、異なります。
 つまり「受精卵細胞」出来るモノではないと言うことです。

 乳酸菌に属する種類の菌は、全て、「単細胞生物」です。
 そのため、体細胞分裂によって、種を増やしていきます。

 そして、ここのところが重要なのですが、「体細胞の遺伝的変化」は、
 子孫には、伝わらないということです。

 すなわち、最初に、相当、質の悪い乳酸菌でない限り、
 ほとんど問題には、ならないでしょう。

 しかも、口から摂った乳酸菌は、胃に入った時点で、死滅してしまいます。

 次に、「キノコ類」に関してですが・・・

 ご存じの通り、キノコ類は、胞子によって、増えていきます。
 キノコ類は、一般的に、乳酸菌とは異なり、有性生殖になります。

 例えば、「シイタケ」を例に取ると・・・

 かさ(食べる部分)に付いた"胞子"は、適当な温度と湿度があれば、
 発芽して、"菌糸"になります。

 この細胞も、高等植物と同様に、1個の核を持っています。
 この菌糸のことを「一核菌糸」といいます。

「シイタケ」の場合、この「一核菌糸」を、木材の中で、増殖させても、
 キノコ(子実体=かさの部分)を作りません。

 キノコを作るためには、「性」の異なる他の一核菌糸と接合し、
「二核菌糸」にならなければ、ならない。

 つまり、同じ性因子から、キノコを作ることは、出来ないのです。

 同じ胞子をずっと使い回せば、もしかしたら、Aさんの懸念するような事が、
 あるかもしれません。しかし、実際に、キノコを作るには、2つの異なった
 性因子が必要になってくるので、その心配は、ほとんどないと言えるでしょ
 う。

 [2の質問に対する答え]

 それならば、良質な乳酸菌などを、改良を重ねて、作り出すことは、無理だ
 と言うことになります。

 [3の質問に対する答え]

 キノコを作るモノを含めて、菌類の多くが、生活環の中で、
 「有性時代」と「無性時代」を持つということです。

      詳細は → http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/33/3314.htm


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.