毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
読者's Eyes38


1.読者Uさんより、メール(クチコミ)を頂きました。


【責任放棄のセリフ"もう年だから…"】

 「高齢者の医療について」のメルマガを、拝読しました。

 今年77になる私の父も、病院と縁の切れない生活を送っております。

 今回の投稿者さんの事例には遠く及びませんが、やはり他人事と思えません。
 
 特に、気になるのが、「もう年だから」という医師のセリフです。

 私の父はもともと体が丈夫でしたが、5年ほど前にガンで胃を全摘。
 幸い、超早期で処置したため、再発していませんが、何かと心身の不調を訴
 えるようになりました。

 見た目は元気なのですが、日常的にめまいがするといっては寝込み、足が冷
 えて、しびれるといっては、真夏でも真冬のような格好をしています(他にも
 いろいろあるのですが…)。

 しかし、全身の精密検査をしても、心臓が少し弱っているぐらいで特に悪い
 ところは、なしとのこと。
───────────────────────────────────
 いつも最後に言われるのが・・・
 
 「もう年だから、仕方ありませんね」とのセリフです。
───────────────────────────────────
 確かに、大病を患った後ですし、しかも、老齢となれば、体に故障が出てく
 るのだと思います。
 
 しかし、本当に年だからどうしようもないことなのか、我慢するしかないの
 か、"素人"のわたくしどもには、分かりません。

 例えば、「ガンや胃の摘出で、体がダメージを受けたから、弱い部分が悪化
 して治らないのだ」とか「治療しても、これこれこういう理由で効果が見込
 めない」というお話なら、分かります。

 しかし、あれもこれも、年が原因で、検査では何の異常もないんだけれども、
 痛いのは仕方がないのだと言われても、中々納得しずらいものがあります。

 まだ、「原因不明なので治療できません」と言われた方がすっきりします。

 これから、高齢化が進む社会だというのに、日常レベルの医療が、おざなり
 になっていくのだとしたら、とても不幸なことです。
  
 かといって、経営難の病院は増えてるし、普通の医師も儲からない、医薬の
 開発費は膨大、健康保険の財政は危機・・・。
───────────────────────────────────
 苦労をしてきた父親に、

        せめて、安らかな老後を送って欲しいだけなのですが…。
───────────────────────────────────
 >"セカンドオピニオン"を選択した方が、良いかも知れません・・・
───────────────────────────────────
 ところで「セカンドオピニオン」の件ですが、
 ある種の「年寄りは頑固」でして…。
 
 私も、他の病院に行ってみるよう勧めているのですが、特定のお医者様に
 慣れると、そこにかなりの信頼を置いてしまうんですね。

    「見知らぬ病院に行くことにも、抵抗を覚えるようです」

 とはいえ、大事なのは父の体ですので、あきらめずに説得をしていこうと
 思います。貴重なアドバイスをいただき、心から感謝します。
───────────────────────────────────

【拓コメント】
───────────────────────────────────
 >「もう年だから、仕方ありませんね」とのセリフ・・・
───────────────────────────────────
 本当に、優しさの欠片も感じられない"嫌なセリフ"ですね。
 医者としては、「自分は無能だ。だから、助けられない」と
 責任を放棄しているに、等しい。
───────────────────────────────────
 いくら、精密検査で、問題がなくても、医者であるならば、
「めまい」「足冷え」「しびれる」に対処する具体的なアドバイスは、
 必要だと思われます。

 実際に、お父様には、その症状が出ているのですから…。

 患者の方だけじゃなく、本来であれば、家族の方にも、
「こういう生活をさせて下さい」とアドバイスを与えるのが、
 プロフェッショナルな医者本来の姿であると考えます。

 こう考えてみると、日本には、本当の意味で「プロ医師」は、
 いないのではないかと思われます。
───────────────────────────────────
 >あれもこれも、"年が原因"・・・
───────────────────────────────────
 そんなことを言われても、家族としては、納得出来る訳はありません。
 ある意味、お父様の今後の人生には、医師が大きく絡んでいます。

  その重要人物が、「希望を持てる言葉」も与えられないとは、
 "医者失格の烙印"を押されても仕方がありません。

 これ以上、気のない態度であれば、その医者から「カルテ」
 をきちんと提出してもらい、"セカンドオピニオン"を選択した方が、
 良いかも知れません。

 病院は、色々な情報を収集し、ご自分で探されるのが、懸命と思われます。
 
 だからと言って、「絶望してはいけない」と考えます。
 故・山谷親平氏は、「絶望は愚か者の結論なり」と言っています。
───────────────────────────────────
 >かといって、経営難の病院は増えてるし、普通の医師も儲からない、医薬の
 >開発費は膨大、健康保険の財政は危機・・・。
───────────────────────────────────
「状況が厳しいからこそ、患者は、

          より医療に、優しさを求めるのではないでしょうか?」
───────────────────────────────────
     「人間、誰しも、病気を患うと非常に心細くなるものです」
───────────────────────────────────
これらの状況について、少し捕捉しますと・・・
───────────────────────────────────
 1.経営難の病院=初期費用の掛け過ぎ。
          ハードの部分で、患者を集めようと無理をするため。

 2.普通の医師も儲からない=過剰に儲けようと思わない限り、
               ある程度の生活は保障されている。

 3.医薬の開発費=開発費は、直ぐに元が取れます。
          それほど、製薬会社は儲かるのです。

         それでなければ、従業員が、あれだけの年収は取れません。
          (T薬品 40歳 平均年収 1,500万円)

 4.健康保険の財政は危機=確かに、これは間違いありません。
              しかし、日本人の最低限度の健康は、この保険
              によって、守られていると言っても、過言では
              ありません。
             
              この制度を、崩壊させることは、ますます貧富
              の差により、命の長さすら、金で買えるという
              時代が来てしまいます。

              ハリケーンで被害を被った黒人の多くは、
              金がなくて、病院にも行けません。
───────────────────────────────────
   一見して、危機に見えるようなことが、実は"異なる"という事が、
   少しは、分かっていただけると思います。
───────────────────────────────────
 医療の世界でも「勝ち組」と「負け組」がハッキリしているということです。
 ただし、「負け組」でも、自殺をするほど、路頭に迷っている訳ではありま
 せん。
───────────────────────────────────
 >特定のお医者様に慣れると、そこにかなりの信頼を置いてしまうんですね。
───────────────────────────────────
 確かに、そうでしょうね。
 そういう方の割合の方が高いと思います。
 
 人間と人間の付き合いですから、長くなればなるほど、
 抵抗を覚えるのも、致し方ないかも知れません。

 多くの日本人は、まだそういう事に慣れていませんから…。
───────────────────────────────────
>私も、他の病院に行ってみるよう勧めているのですが、特定のお医者様に
>慣れると、そこにかなりの信頼を置いてしまうんですね。
>「見知らぬ病院に行くことにも、抵抗を覚えるようです」
───────────────────────────────────
日本人、特に年配の方々に多かれ少なかれ、こういう傾向があることは、
 私自身も、認知しています。

 でも、御家族から見て、今、診療している医者が、頼りないのであれば、
 この限りではありません。

 ある意味、「決断を下せる」かどうかで、"寿命が左右される"と
 言っても、過言ではありません。

 お父様の命は、"御家族共同の命"でも、あります。

 1日も早く、説得されるよう、祈っております。


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.