毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
ある美人独身ナースMの赤裸々週記5


【第5回 "婦長"の重圧!?】


"ザ・役職"…なんかどこの業界にもこれにこだわっている方っていますよね。

 ドクター界では、ドラマになっちゃうぐらい有名な「教授」や「助教授」な
んてダークなイメージが・・・私だけ?

 ナースの世界では「看護部長」→「師長」→「主任」なのかな?

 うちでは「師長」との呼び方はされていなくて、まだ「婦長さ〜〜〜ん」と
私たちや患者さんも、そう言っています。

 "婦長"になると、ナースキャップに付いているラインが1本増えるんですが、
この1本にはとても重みがあるらしいんです。

  「そうなんです。最近、この重みにやられてしまった人がいるんです」

 "婦長"に任命されて、2年弱、頑張って来たんですが、とうとう力尽きて、
ラインが入っていないキャップに戻る事にしたんですが、これには『複雑な人
間模様』があったみたいです。

 な〜〜んと、そこには"ウラBOSS"の存在が大きく関与しており、この人
は「前・婦長」という事で発言権は持続していたんですね〜。

  「長〜く上に立っているとやっぱ抜けないのかなぁ〜?とほほ〜(^^;)」

 『元・婦長』は"ウラBOSS"とスタッフにはさまれて、撃沈です。

         「"ウラBOSS"おそるべし!!」

 定年で「婦長」の立場を退いただけで、気持ちはまだまだ・・・
                    役職にこだわってる人でした!


              〜来週に続く〜


【拓つぶやき】未だに「看護師」という呼称に馴染めないんだよなぁ〜(-_-)


もっと知りたい方はこちら









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.