毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
私利私欲に走り、暴言を吐きまくる。
そんな医者が実は貴方の周りには多い



 まさに、その「実例」を示すメールを、頂きました。「袖の下」をもらう医
師が悪いのか?それとも渡してしまう患者に問題が?その時、病院スタッフは

 Zさんから、次のようなメールを頂きました。

───────────────────────────────────
【Zさんからのメール内容1】
───────────────────────────────────

私はQ県で看護師をしています。

ある内科医(しかも年功序列的な人事でほぼトップのポスト)に
大変な憤りを感じています。

誰か助けて欲しい!!!そんな気持ちでメールをさせて頂いています。

このアホは患者さんから診療報酬以外のいわゆる「袖の下」を日常茶飯事で
あたりまえのように受け取っています。

製薬会社との癒着もうわさされています。

毎日のようにスタッフへ「使えない」「馬鹿」というのは当たり前で
ときには看護師を蹴ったこともあるそうです。

人の気持ち等はまったくといっていいほど度外視した
ひどい暴言を毎日吐きまくっています。

「袖の下」を渡した側の患者も「あの先生の患者です」とさえ言えば
優遇されると勘違い!まったくの悪循環です。

医師が病気を診る・治療するのはごくごく当たり前のことであって、
それにみあった診療報酬は治療費としてすでに支払っているわけですから
「袖の下」があれば優遇されるなどということは「お金があれば優遇される」
ということになります。

病院では治療をうけること看護されることは、極端な話どんなに貧乏な人でも
平等であって、こんなことがまかり通ってはいけないと思います。

お金がなければまともな医療を受けられないのか?

病院で治療を受ける事は誰もが平等に持った権利であって、
それを診る側は労働賃金を病院側から受け取っているのですから
「診る・治療する」ということは当然の義務であって
それ以外の「袖の下関係」は必要ないわけです。

とはいえ病気になった患者さんは必死です。不安です。

何とか助けて欲しいという気持ちから
金銭などで気持ちを表したくもなるでしょう。

しかし、それを当たり前に受け取るのは、それこそただの「馬鹿」です。

「不安なお気持ちは承知していますが、常にどの患者さんにおいても
全力を尽くしていますし、あなたが治療を受けることは当然の権利であって
すでに治療費を払っているのですからそれ以外の金銭を支払う必要はありませ
ん。」くらいの説明が必要だと思います。

このアホの悪行を言い出したらきりがない程なのですが、
病院では年功序列人事によってトップのポストに就いていますから、
「あいつににらまれたら仕事に支障をきたす。」状態で
気に入らない奴は即排除状態で誰も怖くて物申すことが出来ません。

どうしたらいいのでしょうか?

こんな非人道的な医師がこのまま医師として仕事を続けることに憤りを
感じますし

とにかく「誰でもいいからたすけてーーーーーー!!!!!」と叫びたいです。


───────────────────────────────────
【Zさんからのメールに対する拓コメント1】
───────────────────────────────────

患者とメーカーから、随分、懲りない先生(というより守銭奴)ですね。

ある意味、古いタイプの典型的な医者ですね。
自分が、一番、自分が、ピラミッドの頂点にあると
信じて止まない人間です。

こういうタイプが、「日本の医療」を遅らせています。

いったい、何歳くらいなのでしょう?

そういう意識で渡している患者側にも、問題があるのですが…。

「国民健康保険」の趣旨は、まさしく、Zさんが仰る通りです。

ただ、小泉内閣は、「高度先進医療」において、"混合診療解禁"を、
断行しようとして、金持ちを優遇しようとしました。

患者側からすると、袖の下は、
一種の「安心料」なのでしょう。

それらを、全て否定することは、出来ません。

やはり、医者側の倫理をただすことが、必要です。

良心的な医師は、まず、「袖の下」や「貢ぎ物」を、受け取らないですよね。

Zさんが仰るように、説明も必要だとは、思いますが、
それ以上に、大切なのが、医者としての態度、振る舞いだと考えます。

何故なら、年配者というのは、言葉じゃなくて、態度や振る舞いによって、
医師にしても、人間にしても、判断する傾向が、あるからです。

その上での「説明」です。

確かに、そこの病院にいるなら、逆らわない方が、賢明でしょう。

しかし、「患者」さんのためを、考えたら、どうでしょうか?

Zさんが、出来ることは、「患者」さんに、
何気なく伝えてあげることではないでしょうか?

その医師が、当てにならないのなら、誰かが、「患者」さんに、
説明したり、伝えたりすべきでは、ないのでしょうか?

その時、あまり、強く言っては、くだんの医師の耳にも
入ってしまいますから、あくまでも「何気なく」です。

きついことを言うようですが、「たすけてーーーー」という
時間があるのなら、自分が出来ることを、すべきです。

Zさん、「患者」さんのために、今一度、頑張って見て下さい!!


───────────────────────────────────


  **どちらを優先させるのか?・・・→ http://tinyurl.com/epurf

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.