毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
手術の多い病院はどこだ・・・
生死を分けるその数とは?



  麻酔科学調査会の報告を聞くと少しでも長く生きるためには「どこが手術件数の多い病
 院か?」探してしまうのは私だけだろうか。その生死を分ける件数が1,000件だとい
 う。それも1,000件以上と未満では死亡率で何と4〜5倍もの差がある。
  
  だが、この調査にはまだ問題がたくさんあるらしい。手術の種類、難易度などを考慮して
 いないとの事だ。けれど、普通に考えても質的な問題などもあるとは思うが、やはり件数の
 多い方がスタッフの経験やチームワークに違いの出てくることに間違いはない。チームとし
 ても個人としても経験を積んでいるだけにお互いのチェック能力も上昇するはずだ。

  こういうスタッフで手術を行なった方が単純なヒューマン・エラーを起こし難いと考えら
 れる。すなわち、下記のケースのような手術ミスで患者を死に追いやり、それで泣く家族の
 数を減らす事が出来るに違いない。


もっと知りたい方はこちら










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.