毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
「ジェネリック医薬品」ってなんなんだ!?


  チョッと前から良く聞くようになった「ジェネリック(Generic Drug)医薬品」。これは一
体なんだろうと思ったことはないだろうか?私達の時代はこれらを特許の切れた頃を見計ら
って、ぞろぞろ出現してくるところから「ゾロ品」と若干蔑んだ呼び方をしていた。今でも
業界ではそう呼ばれているらしい。

  この製品群は最近、注目されている。それは日本が欧米に比べて、この「ジェネリック医
 薬品」の使用が少なく、それによって患者の医療費を増大させているというのだ。確かにそ
 の側面は無視出来ないが先発メーカーが苦労して開発した新薬を特許が切れた途端、ゾロゾ
 ロと雨後の竹の子みたいに出してくるのだ。

  この製品が新薬と比べて、寸分違わず、全く同じなら少しでも安い方が患者の負担を軽減
 するだろう。しかし、「ゾロ品メーカー」は少しでもコストを下げるために質的なものを疎
 かにする傾向がある。

  例えば、製造環境である。新薬を作るメーカーというのは神経質だと思われるほどこの環
 境に配慮をする。埃が殆どないような「クリーンルーム」と言われる環境で完全防護服を身
 にまとい、入る時はエアシャワーで埃と吹き飛ばしてから入室する。

  「ゾロ品メーカー」の全てとは言わないが大半の所は新薬メーカーほどは設備や働いてい
 る人間の質には気を使わない。そうしないとコストの安い薬は製造出来ないからだ。それは
 普通に考えても物の道理として理解出来るだろう。

  この「ゾロ品」が多く出回っているところが老人を中心に扱っている病院である。それは
 何故か?はっきり言って、治る見込みがなかったり、治らなくてもそんなに問題にならない
 からである。そこでは使用している薬以外に治らない理由をたくさん見つけることが出来る。
 ひどい話であるがそれが事実である。

  後は「ゾロ品」を多く使っているところというのは病院としては余り評判の高くないとこ
 ろが多い。事実、私が薬品会社でプロパーをやっていた頃、ある病気でその病院を訪ねると
 薬を出す段階で保険証にある職業欄を見たらしく、そのままなら「ゾロ品」を出そうとして
 いたが直前になって、新薬メーカーの製品に代わったことがあった。おそらく、先生自体も
 「ゾロ品」は質の低いものだとは思っているのだろう。だが、分からないものにはそのまま
 「ゾロ品」を出してしまうということは医師の倫理にもとるのではないだろうか。

  だから、『ジェネリック医薬品メーカー』には多少コストがかかっても必要充分なクリーン
 環境を作り、その中で新薬メーカーに質的に負けないくらいの力と心が入った薬品を製造して
 いただきたい。私自身も医療費に占める薬剤コストを下げることは大賛成である。ただ、あく
 までも自分達の商売のためではなく、患者のためにやって欲しい。


もっと知りたい方はこちら










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.