毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
医療の現場のホント・・・
カテーテル検査・治療に係わる"無法な"人々1



  血管内に管を入れて、その管に「造影剤」なる異物を流し込み、X線で詰まっているとこ
 ろを見つけたり、治療したりします。この事を"カテーテル検査・治療"と呼ぶのですが、
 この検査・治療を行なう時のスタッフは術者(医者)、看護師、放射線技師、ME技師などの
 法的に認められた医療従事者のみとなっています。

  ところが実際の現場では全く医療従事者ではない『納入業者』なる人物達が医療従事者と
 同じ様にオペ着などに着替え、マスク・帽子を装着し、さも『医療従事者』であるようにカ
 テ室に入り、術者が指示するデバイス(カテーテル、ステントなど)を術者であるドクター
 に手渡ししたりしているのです。

  この納入業者は法的に認められている医療従事者ではなく、一般の営業に来ているサラリ
 ーマンに過ぎないのです。そんな輩に自分のあられもない姿をさらしているのです。

  しかも、使用するカテーテルや道具の管理をカテ室の病院スタッフが行なっているのでは
 なく、納入業者任せなのです。大半の病院はこんな有様です。したがって、このようなこと
 も日常茶飯事で、病院も見て見ぬ振りをしてほっかぶりしています。

  ごく一部の病院では患者からクレームがあり、スタッフ以外は入れないようにしています
 (これが当たり前でクレームを付けられたから変えるというべきものではない)。こんな体
 たらくな事さえも現実は行なわれていない病院が殆どである。

  特に「心臓のカテーテル検査・治療」を行なうと言われた方はこの検査・治療に同意する
 条件として、【カテ室及びX線操作室には病院のスタッフ以外は入れない(当たり前の要求
 だが・・・】と主張して下さい。そして、受け入れられない場合は検査・治療を拒否し、そ
 の上で「医療過誤などが叫ばれている現在、この事実を法的に訴えても宜しいでしょうか?
 問題になりますよ」とチクリとドクターを脅かしてみたらどうでしょう。それでも私は正当
 な訴えだと思います。

  こんな無法な事はもうやめた方が良いぞ。事故が起きてからでは取り返しのつかない事に
 なるよ。日本の医療に限らず、一番悪い点は「何か起きないと動かない」ことである。


もっと知りたい方はこちら










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.