毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
こんな「おみやげ」ならいらない!!!!!


  貴方は病院で手術をされて、お腹の中に「ガーゼ」というおみやげを置いて欲しいだろう
 か?誰もがそんなもの要らないと言うだろう。こんなものが手術をした病院とは別の病院で
 出てきた。しかもその代償が診断ミスの「肺切除」。やってられないというのが患者の言い
 分であろう。
  
  その医療過誤が起こったのは北の街S市のS病院。それを13年後に見つけたのがそれより
 も西にあるT病院。T病院はこの"おみやげ"を「診断ミス」の副産物で発見することは出来た
 が、精密な検査を忘れたために切除しなくてもいい肺を1/4も失ってしまった。患者にとっ
 てはまさに悪夢の二重医療ミス。

  この2つの病院は訴えられてもとっても往生際が悪い。S病院は「ガーゼ放置」のミスは
 認めたがT病院にも過失があるとちょっと責任転嫁。T病院は明らかに「診断ミス」であるの
 に「医療行為は適切」などと言い張る。まるで裸で歩いているのが誰の目にも明らかなのに
 「ワシは裸ではない」とほざく、『はだかの王様』そのものである。

  それにしても「ガーゼ放置」はお粗末なミス、「診断ミス」は基本や慎重さを欠いたミス。
 どちらにしても傷や重荷を背負うのは患者である。

  患者だって決して訴えたくて、訴えているわけではないと思う。ただ、こういう声を上げ
 ていかないと病院や医者が良心の呵責を感じることはない。これだけ言ってもまだ逃げよう
 とするくらいだ。私の周辺でも明らかに「医療ミス」なのにとんずらする病院や医者は枚挙
 に暇がない。

  今回「医療過誤」を起こした2つの病院とも市内では本当に指折りの大病院なのである。

  どうせ「おみやげ」をもらうなら、医者や病院のスタッフから『しっかりした腕』『優
 しいがどこか厳しい良心』『心有る説明』それらの積み重ねを自分の心の中に「おみやげ」
 としてもらいたい。

  そういうことを普通にやっていただければ、「本当は訴えたくないんだぞ!」というの
 が患者側の本音。


もっと知りたい方はこちら










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.