毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
医療の現場のホント・・・
カテーテル検査・治療に係わる"無法な"人々2



  前回の続報です。

       決して、スタッフが不足しているわけではありません。
 
  特に循環器内科の医者が行なうPTCA(高額な風船カテーテルや網状の金属などを使用して
 心臓血管の詰まりを治療する手技)は公定価格何十万というデバイスを使用するため、それ
 を病院に貸し出し在庫として置いて、管理し、看護師やME技師の負担を軽くしてやり、点
 数を稼ぎ、一方、循環器の医師に対してはベッタリと検査中に張り付いて、「究極の御用
 聞き」を行う。結果として、こういう高額な利益をむさぼる輩を俗に言う『心臓カテ屋』
 と呼ばれています。

  しかし、小回りが利き、医者・看護師・ME技師・事務サイドなど病院スタッフにとって
 は便利でもあるため、お互いに甘えあっているという現状があります。したがって、「カ
 テ屋」は自分も医療従事者の一員と思い込み、いわゆる、カテ室での『立会い』を当然の
 ように行ないます。

  病院としても何十万円もする風船カテーテルを買って、病院在庫とするには医者の好み
 、患者の血管サイズのバリエーションなどの問題もあり、非常にリスクが大きいのです。
 そこを「貸し出し」という何種類ものカテーテルを棚に置いておき、使用した物のみを請
 求するということを「カテ屋」はやっています。"高額病院在庫"というリスクの肩代わり
です。

  病院側「経費を安く上げたい」、業者側「取り敢えず、売上を上げたい」、両者の利害
 は一致しています。

  だから、病院側も医師も何も言わないのです(別に言う必要がない)。患者にわざわざ
 馬鹿正直に「業者がカテ室にいますけど、ご心配なく」などと言う医師などはいるはずも
 ありません。なんたって「利害」が一致しているのですから・・・。

  デバイスメーカーもカテ屋の言い成りです。ペースメーカーもそうですが循環器系のデ
 バイスは異常に高過ぎます。それがカテ屋やメーカーをのさばらす原因だと思います。

  ただ、ある医療関係者からの証言で補足しておきたいのは、「内視鏡検査」なんかもそ
 うなのだけど、医療従事者の中に新しいデバイス(器具)を使いこなせるだけの技術がな
 いためにメーカーのそれを作った(関係した)人間が指示をしながら、医療関係者が手探
 り状態でやるのが検査の実態みたいだ(時間がない場合はそのままメーカ側の人間がやる)
 。

  その前には講習等なしにぶっつけ本番でやるそうである。何故、こういう風になってし
 まうのか?すべての原因がそこに集約するとは思えないが、デバイスなどの納入に関して
 はお偉い先生が担当し、現場で使う先生がほとんどタッチしていないということである。

  だから、現場で使いやすいデバイスを選択するというよりは「お偉い先生」の気持ちを
 うまく掴んだメーカーや医療器具会社の勝ちであるということが言える。つまり、「如何
 に男芸者」に徹しきれるかがこの業界で生き残る唯一の方法なのである。

  いずれにしても遠い世界に置き去りにされ、自分の情報や体すらもさらし者にされる患
 者の人権は完全に踏みにじられているのである。


もっと知りたい方はこちら










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.