毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
飲酒→DV→アルコール依存症
に至るメカニズムとそこにいる人々



  年々増加する傾向にあるDV(Domestic Violence)。私もよく酒を飲む。内でも外でも。
 だから、これは人事ではないと思った。実際に酔っ払ったことが原因と思われる「暴言」
 や「暴ケータイ」、「暴メール」などが幾度もあった。

  この調査によると男性の約3割、女性は男性の半分くらいが飲酒時にDVを起こしている。
 これと同時に行なわれた「アルコール依存症」の調査では治療による断酒で暴力が激減する
 ことも確認されているようだ。

  ただ、この「断酒」が簡単ではない。『アルコール依存症』は"失う病"とも言われ、色々
 なものを失った挙句に最後は《自分の命》さえも失う人が少なくない。平均寿命は53歳。
 それなら、人はなぜ酒を飲み続けるのだろうか?

  自分自身がこんな体験をし、現在はA市で断酒下宿を営んでいるK氏という人がいる。彼の
 唯一の救いは『アルコール依存症』の上、酷い暴力をふるう夫を妻が見放さなかったことで
 ある。済んでのところで彼は踏み留まった。人は何か支えがあると《自分の命》までは失わ
 なくて済むのである。でも、支える人の気持ちを考えた場合、相手に対する「無償の愛」だ
 なと本当に感心してしまう。これが人間、出来そうで出来ない(私もそうしようと思ったこ
 とがあるのだが貫き通すのは困難だった)。

  いつも間にか彼の下宿には「断酒」をしようとする人達であふれていった。Kさんも含め、
 「断酒会」では色々なことを語り合う。それぞれの人のアルコールによる様々なやばい経験
 。Kさんも自ら参加することによって、42歳から断酒に成功しているそうだ。

  だが、悲しい事に「断酒会」などに参加し、本当に「断酒」に成功して、アルコールを完
 全に断ち、社会人として立ち直っていけるのが約2割しかいないのである。この「アルコー
 ル」という飲み物の魔力が如何に強いかを表している。それとも人の心が弱いのか。

  何れにしても「アルコール」に自分自身の全てを無くしてまでこだわる理由はない。自戒
 を込めて、やはり「酒に飲まれてはいけない!」この当たり前の言葉を守るしかない。それ
 を最低限守っていけば、『DV→アルコール依存症→全てをなくすという』最悪のシナリオだ
 けは免れるような気がする。

  私は将来的にKさんの「断酒下宿」が普通の人で一杯の「下宿」になって欲しいと願ってい
 る。それはアルコール依存症の人は本人が不幸になるだけではなく、周りの人も一緒に不幸
 に導いてしまうからである。

  普通の「下宿」になる時までKさん、頑張って下さい!!
 

《MEMO.0011》DV(Domestic Violence)=ドメスティック・バイオレンス
      =身近な人による暴力

  配偶者や恋人など自分のごく身近な人による暴力的行為。身体的なものだけではなく、精
 神的、性的、経済的な暴力も含む。だから、手を出す、物を投げるなどの直接的な暴力行為
 だけでなく、大声を出す、怒鳴るなどの行為もこれに入る。欧米では1970年代頃から意
 識されてきた。日本でも漸く2001年10月に「パートナー間の暴力防止と被害者保護を
 定めたDV防止法が施行された。しかし、ごく身近な人による行為のため、第三者がなかなか
 踏み込めないという問題も未だに抱えている。


もっと知りたい方はこちら










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.