毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
医者は何故自分で選択した薬なのに患者に対して
「副作用」情報を言わないのか?2



  Zさんは昔から血圧が高く、2種類の薬を処方されていた。

  ある日、先生から「新しく出たこちらの薬に替えます」との事であった。

  『1日3回の服用』ということでこの医師から指示を受ける。

  だが、このZさん、最近、めまいや立ちくらみが頻繁に起きる。どうもはっきりしたこと
 は分からないが「新しい薬」を服用し始めてからこの症状が多くなったような気がする。

  この薬を出した医師に相談すると「それじゃ、取り敢えず、MRIで頭の検査をしてみまし
 ょう」と診察し、実際に検査してみる。

  結果、全く問題はなかった。

  それでもめまいや立ちくらみは一向に改善されなかった。その時、循環器の方にもかかっ
 ていたので専門外だとは思ったが循環器の医師に「この薬を飲んでからどうも体の調子が良
 くない」と聞いて見た。

  その医師は即座に「これは1日1回の服用です!直ぐに3回の服用は止めなさい」とたし
 なめられた。Zさんは呆気にとられたが次回から正常な『1日1回の服用』にした。

  まもなく、薬の副作用によるZさんの症状は消えていた。

  その一方、この誤った服用を指示した医師は既に別の病院に移っていた。

  彼は能力がなくて、その病院に移ったのか。それともそちらの方が待遇が良かったのか。
 その理由は定かではない。しかし、こんなレベルの低い医師が「医師としての仕事」をやっ
 ていること自体が患者にとっては恐怖以外の何ものでもない。


もっと知りたい方はこちら










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.