毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
すこやか健診(40歳からの健診)
体験レポート2〜reported by T



   先週は病院に行ったところまでレポートしました。今週号では実際の健診について
  報告します。

【1】検尿 → トイレに行って、所定の箱にコップを置く。
        (蛋白、糖、潜血→尿に血液が混じっているかどうかを調べる)

【2】身長、体重検査 → 何と4○歳にして、身長が1cm伸びていた!

【3】血圧検査 → 普段は上が125くらい、下が80前後なのだがこの日は異常に高かっ
          た。何故だかは直ぐに判明した。時間に遅れたのが原因だ。皆さん、時
          間は守りましょう!

【4】採血(血液検査) → これによって様々な項目が出てくる。血液検査というのは一番
             「コストパフォーマンス」が高い。それを列挙します。
   
    *総コレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪(脂質検査)= 肥満検査
   
    *クレアチニン、尿酸 = 老廃物の検査(腎機能が正常に機能しているかなど)

    *GOT、GPT、γ-GTP(肝機能検査)= 言わずもがな「酒飲み」の検査。この値が
                      高いとまずい。実は自分も「10時までは
                      いいだろう」と判断し、アルコール度数の
                      高いバーボンをストレートでくいくいと。
                      普段、酒を飲んでいる人も健診の前日は止
                      めた方がいいですよ(本人の自戒を込めて)。
    
    *赤血球数、血色素量、ヘマトクリット値(貧血検査)= この値が低いと朝礼の
                               時、ふらふらと倒れて
                               しまいます。

    *空腹時(血糖検査[グルコース])= この値が高いと糖尿病に罹りやすくなり
                       ます。

    *ヘモグロビンA1c = 過去2ヶ月間の平均血糖値が分る。

《余談》最近は血液中の鉄分が足りないため血液が薄く、献血を断られるケースが増えてい
    るそうです。

【5】心電図検査(一番多いのがこれで"不整脈"が分かってしまうケース)

【6】眼底検査

これで最後の健診です。

【7】胸部エックス線撮影(直接撮影)= これがいろいろな体位をとらされるので本当にき
                    つかった。腕が特に疲れる。運動不足だ!当然、
                    バリウムも飲まされる。げっぷを出すな。でも、
                    出そうになるよ〜。撮影後、胃薬が支給される。

   これで受付(バリウム早期排出のため下剤支給)のにカルテを提出し、無料の牛乳やジュ
   ースを飲みながら待つ。

   指導区分で 1.異常を認めず 2.要指導 3.要医療
  
   1.は問診も受けずに終わるようだが、ほとんどが2.か3.だと思われる。

   私も2.で最後に問診を受けて終わる。でも、この「問診」は余りにも簡単過ぎて、
  『インフォームド・コンセント』にはほど遠い(この値段でそこまで求められないか)。

  以上が〔すこやか健診(40歳からの健診)体験レポート〕でした。

                       現場からお伝えしました。by T


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.