毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
言葉を失った息子の
『コミュニケーションしたい!!』を現実に



     ちょっと心の温まる話を常連のTさんが送ってくれました。

【Kさんの息子と事情】

   京都に住むKさんのご長男は先天性の障害があり、1歳で話せた言葉も言葉も2歳
  には後退が始まり、結局はすべての言葉を失ってしまいました。

  「この子は言葉を失ったのではなく、中に閉じ込められて出せなくなっているのだ」

   語学学習の出来る知育玩具を色々と探したが、障害のある息子さんが自分で遊べる
  適当なものがありません。

   当時、Kさんは大手医療機器メーカーに勤務しており、仕事では長年温めていた「医
  用装置用マウス」の構想を提案していたが、土壇場で不採用となり、落ち込んでいま
  した。

【Kさんの一念発起】

   しかし、ある時、息子さんがテレビのリモコンを押したりするのを見て、「パソコン
  が意思の発信手段になる!」と確信しました。

   そこで会社ではボツになった「医用装置用マウスが使えるかもしれない」とふと考え
  付きました。

  「サラリーマンのまま、息子に何もしてやれずに人生を終わっていいのか・・・」

  「息子が失ってしまった言葉を必ず蘇えらせてやる!!」

   と決心し、会社を退職、自分自身で"コンピューター機器開発会社"を設立して、知的
  障害者も使えるパソコンの開発に取り掛かりました。

  『知的障害者だって、パソコンを使えれば、生きる支えになる』こういう信念を持って、
  Kさんは今もこの商品に真摯に取り組んでいます。


もっと知りたい方はこちら










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.