毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
厚労省、医師会が遂に腰を上げた!?
〜『医療ミス』に対する厳しい処分と再教育



 腰が重い2巨頭が漸く指導(始動)開始!!

【増大する医療訴訟件数】

 新規の医療訴訟件数は10年前に比べて、2倍に急増している。訴訟に発展し
ないケース(泣き寝入り、内部処理など)を加えるとこの何十倍にもなるだろう。
このメルマガを始めてからも『医療ミス』『医療過誤』の記事は枚挙に暇が無
い。

10月に検討会を設置するそうだが、ちょっと遅きに失した感は否めない。そ
れでもやらないよりはずっと良い。この会では医療ミスを起こした医師には安
全対策を徹底し、医師活動とは関係の無い重大事件を起こした医師には道徳教
育を施すそうだ。そのカリキュラムや期間を検討する検討会だそうだ。

【医師免許の問題はどうなる?】

 2002年12月以降、患者からの処分申し立ては57件。その内、医師19
人、歯科医師11人の計30人が処分を受けた。ただ、医師免許取り消しに関
しては3人。この数字は罪に比較すると少ないと言えよう。

 医師免許は取り消されない限り、生涯有効である。途中で更新制度も無いので
倫理的にも道徳的にも奢りのある医者を生んでしまう。これを踏まえて、検討
会では医師免許の更新制度の導入も検討するとの事だ。

 厚労省では今年度中に検討結果をまとめ、来年度から試行という形で、実際に
行政処分を受けた医師らに再教育を行なう予定。

 ただ、小ずるい優等生が多いはずだから、通り一遍のカリキュラムではざるか
ら水がこぼれるように犯罪を犯した医者に「こんなものか!」となめられてし
まう。そうならないためにはお役所発想の事務的な教育は考え直した方がいい
と思う。

 彼らに反省を促さない限り、元々そういう素質を持っているのだから「犯罪リ
ピーター医師」になる確率は高い。

【一方、医師会でも・・・】

 遅ればせながら、日本医師会でも、ミスを繰り返し、都道府県医師会に苦情を
持ち込まれるなどした俗に言う「リピーター医師」を来年度から再教育させる
制度をスタートする。

 内容的にはかなり突っ込んでいる。法律家や市民代表らによる講習等を受けさ
せ、受講拒否や改善が見られない場合には、氏名の公表や除名処分などを断行
するとの方針だ。
 
 市民代表にどういう人が入るのかは分からないが、是非、実際に「医療ミス」
を受けた患者からの話は聴かせるべきだ。きれいきれいな話は耳を簡単にすり
抜けてしまう。上にも書いたように彼らは激烈な入試を優秀な成績ですり抜け
て来ているはずだから。

 「本当に自分は悪い事をしてしまった」「患者さんを俺は上から見ていた」
「もうちょっと手術も普段の診療も慎重にやろう」「患者さんにほとんど説明
せずに治療をごり押ししていた」「薬の事をあまり知らずに処方していた」
「人との接し方に気を付けよう」

 リピーター医師が上記のような事を本当に自分で反省し、考え、思わなければ、
現状は変わらないし、医師としても人間としても成長することはないだろう。

 けれど、厚労省や医師会が「医療ミス」、「リピーター医師」に対して、メス
を入れ始めた事は評価出来る。これからのお手並みを厳しく拝見したい。


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.