毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
急増!!『コンタクトレンズ』をめぐる
クレーム処理の現状
〜ある眼科勤務者の告白レポート



 初社会人、初任地で一緒に時を過ごした現役医療従事者の友人からメールをいただ
きました。

【安物買いでトラブルが急増!!】

 最近の眼科での医療訴訟の話題として『コンタクトレンズの処方』をめぐるトラブ
ルがかなりの頻度で増えています。

 ほんの一例として、眼科を掲げていれば、必ずと言って良いほど、『コンタクトレ
ンズ』を購入に来る患者さんがいます。

 初めから、眼科にかかって検査を行なって、レンズを処方すれば良いものをレンズ
のコストが安いからといって、〇〇〇プラザとか、インターネットで購入した商品
を検眼もしないで着脱したり、誤った度数のまま装着したりするケースが非常に多い。

 気が付いた時には、既に遅く、角膜内皮に損傷を起こしてから、眼科を受診する患
者さんが少なくありません。

【本当に常勤してるの?ドクター】

 『コンタクトレンズの処方』のために行なわれる検眼やテスト用のコンタクトレン
ズの着脱の各行為は医師法17条に謳っている「医業」の内容となる医行為のため
に、必ず医師が常勤していなければなりません。

 しかし、眼科以外のコンタクトレンズショップでは、名ばかりの医師(既に一線を退
いた高齢な医師など)、中には産婦人科を引退した医師が常勤している所もあると聞
きます。

  間違って「股を開いてください」などと言われかねません(苦笑)。

     こういう患者さんが毎日のように眼科の門を叩くのです。

【コメント】

 確かに私も〇〇〇プラザ〜で一度だけ、コンタクトを作ったことがある。その時に
感じたことは「先生はどこに居るの?」というのが正直な印象だった。流れ作業で
コンタクトレンズは1時間くらいで出来てしまった。その後、このコンタクトレン
ズは冷蔵庫に眠っている。

 別にさしたる理由は無いのだが、私の場合、メガネの方が面倒くさくなくて良かっ
た。ただ、彼が言うように本当に度数が合っていたのかという疑問は残っている。
コンタクトの場合、メガネよりも目との密着の度合いが高いのでより精密な検査が
必要だと思うのだが、実際のところ、メガネとそう大差はない(安売りショップでは
特に)。

 私も安易にコンタクトを作ったが、<体の一部>という考え方をすれば、先ず「眼
科」に行き、ちゃんとした検査をした上で合った度数のコンタクトを作ってもらった
ほうが良いと思う。何かトラブルが起きた時でも最初から眼科にかかっていれば処理
しやすいだろう。

 目先の利益にとらわれるより、<体の一部>であるという認識から少し長い目で見た
方が嫌な思いをすることが少ないのではないかと思われる。


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.