毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
客観的に思考すれば「間違いない」。
ただ人は思考のみで動くのではない2


 ある医者から、次のようなメールを頂きました。書いてあることは、ごもっ
ともで、ある意味、「医者の本音」。しかし、私には、割り切れないものが…。

 *読み忘れた方のために → http://www.unlimit517.co.jp/ana161.htm


【"妊婦転送拒否"について】

 1日遅れましたが、上記、医者のメールに対する「私の意見」です。

 *ある医者 = Gさん
───────────────────────────────────
貴重なご意見、誠に、有り難う御座います。
非常に、興味深く読ませていただきました。
そして、少し、残念に、思いました。

もし、この妊婦が、Gさんの奥さんでも、そう言えるのでしょうか?

医者にとっては、何百、何千人の患者の内の1人に過ぎないのかもしれません。

しかし、家族にとっては、かけがえのない1人の人間であり、
「やむを得ない」という冷たく、客観的な判断で、
済まされる問題ではありません。

患者が窮地であればあるほど、考え得る最善の治療を施すのが、
医者たる者の使命なのではないでしょうか?

そういう可能性があるからと言って、目の前の苦しむ患者を、
放っておいて、良いという理由には、全くなりません。

救命救急の医者達が、「次に、おそらく、交通事故の患者が入ってくるから、
この患者は、こんなもんで良いだろう」という判断を下すでしょうか?

その場では、出来る限り、手を尽くすのでは、ないでしょうか?

苦しむことは、ないにしても、「急速に意識を失った」
という事実に対して、どうして何だ?と普通は考えませんか。

当然、当直などをしていたら、「仮眠」が必要なことは分かっています。

「ずっと、起きてろ!」など、そんな理不尽なことは、
言うつもりはありません。

産婦人科医の過酷な状況についても、以前から、このメルマガでも、
度々、取り上げていますし、充分に、分かっているつもりです。

しかし、「時」と「場合」を、きちんと読めるのも、医者の資質の1つ
だと、私は思います。場の空気を読めないようじゃ、医者として、失格です。

Gさんは、「命」より「仮眠・後の患者」を、優先するのですか?
そんなことは、絶対ないと思いますが、この書き方だと、
そう理解されても、仕方がないと、思いますよ。

私は、医者としてより、今回の件は、人間として許せない部分があったのです。

確かに、仰る通りだとは、思います。

でも、最善を尽くしたかどうかは、妊婦の夫も含め、
周辺の人が分かっているはずです。

行政の体制や病院の態勢に、大きな問題があることは、間違いありません。
マスコミの報道も、「悪者探し」のようになっていることは、否めません。

それは、システムとして、解決すべき問題です。

だからと言って、上記のような医者の対応では、患者側が不安に感じます。
医者個人を集中して責めるのは、良くありませんが、医者の側にも、
責任があるのは、当然です。

もし、責任がないとするのなら・・・

「医者アマチュア」「医者プロフェッショナル」と、
2つの資格を作ったらどうでしょう?

アマチュアならば、責任を取らなくても良い、その代わり、料金も取れない。

プロフェッショナルというのは、患者から、お金を取る代わりに、
「全責任を負う」のが、どんな仕事でも、普通じゃないでしょうか?

この図式に当てはめると、上記のGさんの意見が、如何に、
アマチュアリズムに基づいたことだと、気付いてくれるでしょうか。

だから、私は、冒頭で、「残念」だと、申し上げたのです。

こういうアマチュアの意識でいる限り、「医療ミス」や「医療過誤」が、
少なくなることは、ないでしょう。

120〜130%のプロ意識を持っていても、100%の仕事をするのは、
難しいはずです。それが、最初から、「仮眠は」「状況は」という
言い訳をしたら、仕事の精度が、どんどん落ちてしまうでしょう。

決して、医者側から、そんな言い訳は、すべきではないのです。

確かに、仰る通りです。

でも、こんなレベルの低い医者を、患者側は、望んでいないことも、事実です。

だから、良質な医者が確保出来ないのであれば、「助産師」を増やすなど、

お産のしやすい環境にするために、対策を方向転換して
行かなければなりません。
───────────────────────────────────


   **彼がススメるものは・・・→ http://tinyurl.com/yflc4b

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.