毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
余裕の無さが「タミフル」を使わせる原因。
子供にまで性急さを求めるな1



 私も余裕のない生活をしているから気持ちは分かる。でも、何故「タミフル」
を使うと尋ねたら、多くの人は"早く治したい"からと答えるだろう。子供も?


【非公表の裏にあった"モノ"とは?1】

 「タミフル」の"10代への処方中止"を決めたのは、3月20日。

 この時点で、厚労省から公表されていたのは・・・
───────────────────────────────────
 1.05年2月 14歳男子 2階から飛び降り → 死亡

 2.06年7月 12歳男子 高層住宅9階から転落 → 死亡

 3.07年2月16日 14歳女子 マンション10階から転落 → 死亡

 4.07年2月27日 14歳男子 マンション11階から転落 → 死亡
───────────────────────────────────
 死亡事故 4例 +

 5.07年2月8日 12歳男子 2階から飛び降り → 骨折

 6.07年3月19〜20日 12歳男子 2階から飛び降り → 骨折
───────────────────────────────────
 この""6例だった・・・
───────────────────────────────────
 21日、厚労省は、マズイと思ったのだろう、マスコミ各社の取材を受け、
 残りの9例を、渋々、公表した。その判断は、適切だったらしい…。
───────────────────────────────────
 1.04年2月 12歳男子 2階から飛び降り

 2.04年2月 10歳男子 6階から飛び降り

 3.04年7月(報告) 17歳男子 2階から飛び降り

 4.05年3月 13歳男子 2階から飛び降り

 5.06年2月 12歳男子 2階から飛び降り

 6.06年2月 11歳男子 団地2階踊り場から転落 → 脳挫傷

 7.06年2月 14歳男子 2階から飛び降り

 8.07年2月16日 16歳男子 中2階から飛び降り

 9.07年2月23日 12歳男子 2階から飛び降り
───────────────────────────────────

 この表を見て、貴方も、もうお気付きのことだろう。

 15例の内、何と、11例(73.3%)が、「2階から飛び降りている」。
偶然にしても、高過ぎる割合のように、思う。その中で、2階から飛び降りて、
死亡しているのは、1例だけだ。低層階だからこそ、助かった事例が多いのだ
ろうと、推測される。

 同日、厚労省の指示で・・・

 販売元の中外製薬より、次のような「緊急安全性情報」が出されている。
───────────────────────────────────
 (要旨)
───────────────────────────────────
 1.10歳以上の未成年の患者は、因果関係は不明だが、服用後の異常行動
   で、転落などの事故が起きた例が、報告されている。

   この年代には、合併症、既往症などから、ハイリスク患者と判断される
   場合を除き、原則として、使用を差し控える。

 2.小児や未成年者に使用する場合、万が一の事故を防止するため、異常行
   動の恐れがあることや、少なくとも、2日間は、1人にならないように、
   配慮することを、患者や家族に、説明する。
───────────────────────────────────
 このような動きの中で・・・
───────────────────────────────────
 製造元のスイス・ロシュ社は、

 「タミフル服用と、異常行動には、因果関係はない」とする声明を発表。
───────────────────────────────────
 ★同社は、臨床的な研究結果として、「タミフル」を服用したインフルエン
  ザ患者と、服用しなかった患者の中で、異常行動の起きる比率は、同程度
  だと、主張している。

 ★また、同社が、米国の健康保険記録を調べたところ、1999〜2006
  年までに、「タミフル」を服用した約10万人のインフルエンザ患者と、
  服用しなかった約22万5千人の患者の比較では、「タミフル」を服用し
  ていた患者の方が、"異常行動の発生率が低かった"ことが、分かったとし
  ている。
───────────────────────────────────

 だが、「タミフル」の世界シェア75%は、日本だったはずである。しかも、
10代やそれ以下の子供に使用している例は、日本以外では、極端に、少ない
と推測される。ゆえに、ロシュ社のデータも、成人によるものが、多いだろう。

 データ自体が異なるのだから、ロシュ社の反論は、反論になっていないし、
巨大マーケットである日本の市場を、全く理解していない。穿った見方をする
と、「日本人をバカにしている」感じすら、する。

 こんな社のこんな薬を"特効薬"と持ち上げて、神格化して、良いものなのだ
ろうか?何故、厚労省が、これ程、「タミフル」に固執するのか??その理由
の一端を、次号で、取り上げたいと、考えています。


*「タミフル」のことなら → http://www.unlimit517.co.jp/ana77.htm

 
  **何かが違ってる・・・ http://www.1nego.com/file/i241.html

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.