毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
新型インフルエンザを、
特効薬と言われる"タミフル"から読み解く4



 今週は、総まとめとして、"タミフル"を取り巻く環境を、読み解いて行きた
い。日本や世界の流れ、"タミフル"以外の薬、検査体制などを中心に据えたい。


  先週、読み逃した方に→ http://www.unlimit517.co.jp/ana76.htm


【日本や世界における"対策"の流れ】

 11月18〜19日、韓国の釜山で開かれたAPEC(アジア太平洋経済協
力会議首脳会議)。ここにおいて、「大流行が懸念される鳥インフルエンザと
新型インフルエンザ対策の国際協調を軸とする」首脳宣言が、採択された。

 その骨子は・・・
───────────────────────────────────
 ●2006年11月までに、「鳥インフルエンザ流行計画」を策定。

 ●監視・早期発見の体制強化やワクチン、抗ウィルス剤の開発・製造の
  体制構築を支援。

 ●2006年初めに、シミュレーション(机上訓練)を実施する。
───────────────────────────────────

 この席上、小泉首相は・・・

 世界保健機構(WHO)などへの計280万ドル(約3億3千万円)の財政支援
 など、日本独自の支援策を、表明した。

 これを受けて、日本国内では・・・
───────────────────────────────────
 [厚労省関連]
───────────────────────────────────
 ●新型インフルエンザ対策費  92億円

 ●感染症対策費       112億円

  ・国立感染症研究所のワクチン製造・研究施設建設費 21億円

  ・吸入式の抗ウィルス薬『リレンザ』の購入費 9億円
 
 *ワクチン施設は、2007年度に、完成する予定

 *"タミフル"の購入費は、予算計上されていない。

 何故か?・・・

 この事について、財務省は「流通量を考慮し、都道府県に購入してもらう
 年にするため」としている。

 しかし・・・

 この事が、"大問題"になっている。都道府県による管内人口の8.3%。
 これを、"タミフル"の備蓄目標に、定めている。政府と都道府県の行動計画
 では、1,500万人分、440億円かかる予定になっている。

 私の住んでいる北海道などは、最たるものだが、もう少しで、"赤字団体"に
 転落してしまうほど、財政が逼迫している。一括で購入するのは、先ず無理。
 メーカーが、分割を受け入れてくれたとしても、かなり厳しい状況だ。

 また・・・

 一括で購入した場合の"在庫管理"。「返品は、受け付けてくれるのか?」
 「期限切れの"タミフル"は引き取ってもらえるの?」あくまでも、"備える"
 ということなので、「患者があまりでなかったら、どうするのか?」など、
 財政上の問題と共に、難しい問題が、多数内在している。
───────────────────────────────────
 [農水省関連]
───────────────────────────────────
 ●鳥インフルエンザを含む家畜伝染病予防費 
  37億1千万円(2005年度より、17億8千万円アップ)

  ・鶏の処分費用や養鶏場の手当金に、充てる。
───────────────────────────────────

    「ところで、何か"耳慣れない薬品名"が、ないだろうか?」


【『リレンザ』って何??】

 "タミフル"より2年前(1999年2月)に、販売されたインフルエンザ・ウ
ィルスに対する『世界初のNA(ノイラミニダーゼ)阻害剤』である。"タミフ
ル"同様、A型、B型インフルエンザ感染症に、有効であるとされる。

 日本では、2000年12月から、発売開始。
───────────────────────────────────
★ 成分は、「ザナミビル水和物」。

★ 専用の吸入器(ディスクへラー)を使ったドライパウダー経口吸入剤。
 
★ 販売は、英国に本社があるGSK(グラクソ・スミスクライン社)
  日本法人アリ。

★ 2001年2月、薬科収載になっています。
  これは、"タミフル"の販売開始と同時。"タミフル"は即薬科収載です。

★『薬科収載=健康保険が利く』ということです(一部適応外もあり)。

★ 効果は、発症後、2日以内に、速やかに用いないと確実ではない。
  また、予防に効果があるかどうかも、分かっていない。
───────────────────────────────────
 作られた経緯・・・
───────────────────────────────────
 [1983年]

 インフルエンザ・ウィルスのNA(ノイラミニダーゼ)の結晶化が完成。
 CG(コンピュータ・グラフィックス)によるNA阻害剤が理論的に商品設計

 [1993年]

 商品設計したオーストラリアのバイオタ・ホールディングスと提携。

 そのグラクソ・スミスクライン社によって、ザナミビル水溶液(リレンザ)が、
 合成・開発された。
───────────────────────────────────

 上記の通り、厚労省は、この薬に対して、9億円の予算立てをした。"タミ
フル"が、現在、世界中で、奪い合いになっているという状況も、勘案してい
るものと思う。

 それ以上に・・・

 新型インフルエンザに効果がありそうな「NA(ノイラミニダーゼ)阻害剤」
が、"タミフル"を除いては、この『ザナミビル水溶液(リレンザ)』しかないと
いう事に、起因しているのだろう。


【"検査キット"は北海道から】

 実は・・・

 北海道の北、富良野市にほど近い赤平市の自動車部品工場が、
 今、非常に、忙しいのである。

   「何で、インフルエンザの記事に、自動車部品が関係あるの?」

 そう思われるのも、当然ですね。種明かしをします。

 その工場の名は・・・
───────────────────────────────────
 『トルク精密工業』=従来は、自動車やスーツケースなどの金属、プラスチ
           ック部品の製造を手がけるごく普通の工場だった。

           しかし、近年、「医療関連」にも力を入れ、2000
           年に『インフルエンザの検査キット用容器』を開発し、
           特許を取得。

           翌年、8,000万円を投じて、生産ラインを新設。
───────────────────────────────────
 "検査キット"=長さ9.3センチ、幅1.5センチのプラスチック製。
───────────────────────────────────
   [使い方]       のどや鼻の粘膜を、綿棒で採取
                    ↓
                 検査溶液に入れる
                    ↓
            キットの中央部分の穴に、液体を載せる
                    ↓
               内部の検査薬と反応させる
                    ↓
              10〜15分で、判定が出来る

              ・インフルエンザに罹っているか?
              ・「A型」か?「B型」か?
───────────────────────────────────

 上記の図のような「操作の容易さ」が、評価され、臨床検査薬大手の富士レ
ビオ(東京)を通して、多くの医療機関で、使用され、国内のシェアは、約25
%で、堂々のトップを、占めています。

 生産は、毎年、インフルエンザが流行する10月〜翌年3月に集中。

 今が、ピーク。今年は、更に、"新型インフルエンザ騒動"を受け、前年同月
 の120万個から、20万個増の140万個と増産。24時間体制で、工場
 は、フル稼働状態。

 高橋社長の話によると・・・

「従業員10人が交代で、勤務しているが、

            それでも、生産が追い付かない状況」との事だ。


 今回は、少し、「"タミフル"から」読み解くというところからは、離れたか
も知れない。しかし、"タミフル"や新型インフルエンザ対策の現状は、分かっ
ていただけたと思う。

 "一番効果的"なインフルエンザ対策は・・・

 前号の最後でも、書きましたが、先ずは『健康の管理』です。そのためには、
「にんにく」「キャベツ」「カロチノイド類(にんじんなどの緑黄色野菜)」
「ビタミンC」「ビタミンE」など、"インフルエンザ対策に有用だ"と言われ
ているものを、食事に取り入れ、バランス良く摂取するようにしましょう。

 何れの食品も、「免疫力強化作用」が働くものばかりです。それから、師走
なので、少し難しいかも知れませんが、過労を防いで、体力を温存することに
よって、「自己免疫力」をキープしておきましょう。


 これだけ、4回に渡り、読み解いて来ましたが・・・

 「なるべくなら、"タミフル"や"リレンザ"のお世話にはならないように…」

    **予言は的中した・・・ http://tinyurl.com/aco96


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.