毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
新型インフルエンザを、
特効薬と言われる"タミフル"から読み解く3



 インフルエンザのワクチン接種。そんな話題も、チラホラ出る年末。ワクチ
ンはほとんど効果がないと言われても、念のためにというのが人間の性です。


  先週、読み逃した方に→ http://www.unlimit517.co.jp/ana75.htm


【副作用に関する"ある報告"】

 先週、書きましたように、非常に高い割合で「副作用」を引き起こす可能性
がある"タミフル"という薬。この薬を、各国は、新型インフルエンザの特効薬
として、期待を込めて、備蓄に走っている。特に、日本。

 その大得意先である日本に対して・・・

 製造元であるロシュ社は、FDA(米食品医薬局)に"ある資料"を提出し、
更に、販売ではお世話になっている日本に関して、"ある指摘"をしています。
───────────────────────────────────
ロシュ社 → FDA諮問委員会に提出 → "ある資料"
───────────────────────────────────
"タミフル"承認以降・・・FDA調べ
───────────────────────────────────
              日本      米国
───────────────────────────────────
16歳以下死亡例      12人(17%)  0人
───────────────────────────────────
全世界での死亡例      71人
───────────────────────────────────
16歳以下異常行動など   70人(57%)  1人(19歳以下)
  精神・神経症状
───────────────────────────────────
全年代での異常行動など  122人 
  精神・神経症状      
───────────────────────────────────
16歳以下の服用人数   1160万人   87万人(19歳以下)
───────────────────────────────────
*ロシュ社は、上記、FDA調べに対して、1人多い13人の死亡例を報告。
───────────────────────────────────
全世界での死亡例      71人
───────────────────────────────────
*ロシュ社の"ある資料"も踏まえ、FDA諮問委員会の結論は・・・

 これらを「"タミフル"の副作用とする証拠がない」とした。
───────────────────────────────────
*FDAの見解

「なぜ、日本では"異常報告"が多いのか?」

 ・子供への使用例が多い

 ・インフルエンザ脳症など神経症状への関心が高く、報告が増えた。

一方・・・

 米国では、日本に匹敵する死亡例などは、出ていない。そういう事から、
 添付文書に「異常行動」の記述は入れないとした。

しかし・・・

 日本で起きている「異常行動」に対しては、『最も警戒を要する神経症状』
 と位置付け、今後2年間、副作用の監視を強化するとした。
───────────────────────────────────
*厚労省の見解

 ・死亡と薬の因果関係は、薄い。

 ・「異常行動」については、昨年から添付文書で注意しているので、十分。

しかし・・・

 役人らしく逃げ道を残している。

 厚労省の解説資料には「タミフルが効かないインフルエンザウィルスが現れ
 ているため、むやみな使用は慎むべき」という記述が見られる。
───────────────────────────────────
*ロシュ社の見解

「なぜ、日本では"異常報告"が多いのか?」

 ・タミフルの流通量が、非常に多いため。

 ・標準の服用期間(5日間)より短い2〜4日の投与が一般的な日本の薬の使
  い方も、影響した可能性アリ。

  つまり、日本の場合は、「熱が下がるまで」を治療期間とするケースが多
  い。そのため、タミフルの服用を止めた後に、"インフルエンザ症状がぶり
  返す"ということを、指摘している。
───────────────────────────────────

 実は、"タミフル承認"を巡る大きな疑問点が、厚労省には存在する。

 それは・・・タミフルを承認した際

 厚労省は、"タミフルの承認条件"として「重症化が心配される高齢者や慢性
 の病気がある人などについて、タミフルの有効性と安全性の調査実施」を、
 挙げていた。

 この条件に対して、輸入販売元の中外製薬は、2004年の冬までに、タミ
 フルの使用者約3,000人のデータを集めたが、うち高齢者らは、数十人
 で、調査としては、不十分だった。

 中外製薬は、この冬、改めて、調査するそうである。

 けれど・・・

 "承認条件"というからには、承認前に行わなければならないのではないか?

 承認後に、"承認条件"というのは、どこかおかしくないだろうか?

 しかも・・・

 不十分な調査である。こんなに重要な薬と位置付けられているのに、厚労省
 も、中外製薬も、お気楽な感じがするのは、私だけだろうか。

 何れにしても、中外製薬に対しては、きちんとした調査を望む。


【副作用を証明する"10の理由"】

 耐震偽装同様、責任のたらい回しの感がある「タミフル副作用問題」。

 この問題に真っ向から、取り組んでいる医師が、大阪にいる。

 その人の名は『浜 六郎』。NPO法人「医薬ビジランスセンター」理事長

 彼は、先月行われた"日本小児感染学会"で、次のような2症例を発表し、
 学会にも、マスコミにも、物議を醸し出している。
───────────────────────────────────
 1.2004年2月

   インフルエンザと診断された岐阜県内の17歳の男子高校生。
   「タミフルを1カプセル」飲んだ後、パジャマ姿で自宅を出て、ガード
   レールを乗り越え、車道に飛び出し、トラックに轢かれ、死亡。

 2.2005年2月

   愛知県内の14歳の男子中学生。
   「タミフル」服用後、マンションの9階から、転落死。
───────────────────────────────────
 先週、記述したように、現在のタミフルの添付文書には、重大な副作用とし
 て、「意識障害、異常行動、幻覚などの精神・神経症状」が現れることがあ
 ると記載されている。

 これをまさに、証明しているのは、上記"2症例"だ。

 さすがの厚労省も、昨年2月の事例を、中外製薬から報告を受けた時に、

 「薬との因果関係が否定出来ない異常行動による死亡例は初めて」

                             としている。

 上記"2症例"を、当然踏まえた上で・・・

 前出の浜医師は、次のような副作用を証明する"10の理由"を挙げている。
───────────────────────────────────
01.以前、問題となっていた「インフルエンザ脳症」で、死ぬような重症例
   の大部分は、非ステロイド抗炎症剤を解熱剤として、使用している場合
   に、生じている。

   非ステロイド抗炎症剤をほとんど使用しなくなって以降は、死亡に至る
   ような脳症は、激減。代わりに、テオフィリンや抗ヒスタミン剤で、重
   いけいれん、抗ヒスタミン剤+去痰剤(たんを取る薬)で、低血糖から、
   けいれんを起こして、重症の身体障害・知的障害を残す例など…

   非ステロイド抗炎症剤が関係していない例(タミフルも)の割合が、高く
   なってきている。
───────────────────────────────────
02.従来、死亡する「インフルエンザ脳症」は、様子がおかしいので、病院
   へ連れて行って、様々な医療行為をしたにも関わらず、段々と意識状態
   が悪くなり、昏睡状態に陥り、亡くなるまで、半日〜1日かかっている。

   ところが、上記"2症例"では、10分〜1時間くらいで、突然、呼吸が
   止まって、亡くなっている。この点が、従来の「インフルエンザ脳症」
   と異なっている。だからこそ『新型脳症』と呼ばれている。
───────────────────────────────────
03.2002年7月、タミフル・ドライシロップ(幼児用シロップ)が発売さ
   れた、まさに、その冬から『新型脳症』が報告されている。この事実は、
   タミフルとの因果関係を、強く示している大きな理由である。
───────────────────────────────────
04.しかも、突然死が、動物実験で証明されている事実がある。赤ちゃんラ
   ットに、1回タミフルを投与後、10分〜7時間後に、死亡した。ヒト
   でも、タミフルを服用して、突然死した6人中6人とも、1回目のタミ
   フル服用後、2〜数時間以内に、睡眠中、あるいは、呼吸異常で、死亡
   している。

   ラットの例と、そっくりである。つまり動物実験が証明している。
───────────────────────────────────
05.赤ちゃんラットの死亡は、脳内に、大量のタミフル(成長ラットの3000
   倍)が移行し、呼吸が止まる結果であり、ヒト換算で、たかだか26〜
   40倍程度。このくらいの違いなら、個人差を考えれば、ヒトでも、十
   分に、起こり得ると考えるべきである。
───────────────────────────────────
06.成熟していても、インフルエンザに罹れば、「タミフルが脳内に移行し
   やすくなる」。しかも、タミフル自体が、脳圧を高まらせることがある
   というデータが存在する。
───────────────────────────────────
07.熱せん妄(高熱が出ている時に、うわごとや異常行動をする)は、文字通
   り、高熱の時に、出る。厚労省の副作用報告や上記14歳の男子中学生
   は、熱が下がってきてから"異常行動"を起こしていますので、熱せん妄
   でないことは、明らかである。
───────────────────────────────────
08.高熱でない子供にも起きるということは、そこに熱が加われば、一層起
   こしやすくなる可能性が高い。従って、熱がある時に、"異常行動"が起
   きた例でも、タミフルの関与を、否定する根拠にはならない。
───────────────────────────────────
09.熱もなく、タミフルだけしか服用していなくて、"異常行動"を起こして
   いる子が、何人かいるので、これは、タミフル以外の薬剤による副作用
   ではない。そして、他の薬剤が、併用されていても、タミフルの関与を
   否定する根拠にはならない。
───────────────────────────────────
10.脳を抑制する物質(アルコールや睡眠導入剤、鎮静剤、麻酔剤など)は、
   人によって、異常に、興奮したり、暴れたりすることがある。もし、大
   量に使えば、呼吸が止まって、死んでしまう。

   タミフル服用後の"異常行動"と睡眠中の突然死という、一見、異なる反
   応は、同じ薬理(毒性)作用の異なる面ということで、共通性がある。
───────────────────────────────────

 以上のような10の理由から、専門家が言っている「熱」や「他の薬剤」と
いうのは、"タミフルとの関連"を、否定する根拠とは、なりません。

 上記からも、分かるように、恐いと言われている「インフルエンザ脳症」は、
何れも、解熱剤や抗ヒスタミン剤などで、起きています。「インフルエンザ」
は、薬を使わなければ、必ず、自然に治まり、何も恐くない"普通の風邪"です。

 実際・・・

 "タミフル"が本当に必要な人というのは、「発熱期間が長引くと病状が悪化
しやすい高齢者」「心臓病や慢性呼吸器病の人」。その他としては、健康状態
とは別に、よんどころのない事情「入試が近い」「忙しくて、休めない(よんど
ころない事情か?)」などで、1日も早く治りたい場合が、考えられます。


 逆に言えば・・・

 こういう人達以外は「必要がない」ということである。

 どちらにしても・・・

 今から、"タミフル"に頼っていては、いざ「新型インフルエンザ」が出現し
た時に、効かなくなっている可能性が高いということだ。ロシュ社のお膝元で
ある欧州各国が、何故、タミフルの使用量が少ないのか?

 それは、「うがいの励行」「手をよく洗う」「早めに休養を取る」など、
ごく基本的なことを、徹底させているからである。日本のように、何かという
と薬に頼る国民性では、いざという時には、世界に先駆けて、死んでしまう。


「教訓:インフルエンザは治そうとするよりも、

           "健康を回復させる"ことに、重点を置くべきである」

  *来週は、"タミフル"を取り巻く環境を中心に、取り上げたいと思います。
        http://www.unlimit517.co.jp/ana77.htm


   **陥ることのないように・・・ http://tinyurl.com/bhuns


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.