毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
「豚しゃぶ」の流行を
少し危惧していた時に起こったE型肝炎!?



  私は常々「豚しゃぶ」の流行をちょっと懸念していた…。

        直接ではないが、下記のような出来事が起きてしまった。

【"豚内臓"を生で!?】

 北海道北見市のとあるバイキング形式・焼肉店。今年8月「豚レバーなどの
内臓肉」を食べた6人が"E型肝炎ウィルス"に集団感染。このうち一人が『劇
症肝炎』を発症、10月に死亡。

 この6人の内の1人が感染を知らないまま、献血。これを輸血された旭川の
男性患者も『E型肝炎』に感染してしまった。

[感染原因は・・・]

1.豚レバーや豚ホルモンなどの内臓肉を良く加熱していなかった。
     (内臓系統は"生焼け"を好む人が多いようだ)

2.レバーを調理した手をなめたり、生レバーに触れた箸でそのまま
  食事をした(衛生上の問題)。

3.「バイキング形式」だった
  (衛生上の問題や自分の好きな焼き具合を選べるなどの問題)。

4.「豚を生(あまり加熱しないで)で食べること」に対して、抵抗感が薄れて
  来ている。

5.過去10年間に『E型肝炎』に感染した北海道内19人のうち17人が
  "豚レバー"を食べていた。

 「これらの事実から"豚内臓生肉"の処理が問題なのだろうと考えられる」

【何故"生"で食べることに抵抗感がなくなったか?】

 牛肉ではポピュラーだった「しゃぶしゃぶ」「たたき」「レアステーキ」
「さしみ」などが一流レストランや料亭、最近では、スーパーの店頭などにも
並んでいる事から、一般家庭の食卓に上ることも少なくない。

 しかし「豚肉」は昔から、寄生虫や衛生上の問題などから疾病に罹っている
確率が高いために"充分に加熱してから食べる"という事を励行して来たような
気がする。

 私は、豚の生肉を推進したのは"無菌豚"の存在があったからだと思っている。
(実際は、人間や豚舎、機具、飼料、水などが絡んでいる限り"無菌"はあり得ない)

    「この一般的に"無菌豚"と呼ばれているものの正体は何か?」

 それは、20年ほど前から養豚の先進国であるアメリカやスイスなどを手本
に導入が進められて来た『SPF豚』の事である。

    「それではこの『SPF豚』とはどんな豚なのだろうか?」

   S…Specific、P…Pathogen、F…Free

日本語に訳すと・・・

          『 特定 病原菌 不在豚 』

 つまり、養豚業者にとって、大損害に繋がる"5つの疾病"をなくして、生産
性を高めようという理念からこの豚が作られた。ただ、生産者だけじゃなく、
消費者に対しても「衛生的で安全な豚肉」を供給出来るため、双方にとってメ
リットがある。

[生産を阻害する"5つの疾病"とは・・・]

1.流行性肺炎

 ("マイコプラズマ菌"の一種が病原体。有効なワクチンがなく、現時点では
  数種の注射剤、抗菌剤の飼料添加などによって2次被害を防ぐ以外に策なし)

2.伝染性萎縮鼻炎

 ("ボルデテラ・ブロンキプチメ菌"により鼻腔粘膜に浸性の炎症を起こす。ワクチ
   ンは存在するが、完全に防げるわけではない。ひどくなると「鼻が曲がる」)

3.オーエスキー病

 ("豚ヘルペスウィルス"が扁桃、咽頭粘膜で増殖し、脳、脊髄等に入り、高熱、
  下痢、てんかん等の神経症状を示す。

4.トキソプラズマ病

 ("トキソプラズマ・ゴンデイ"という原虫の感染による人畜共通伝染病。人
  は母体から胎児へ感染、死・流産を起こす他、脳水腫、神経運動障害を来
  たす事も→『これが"生"で食べてはいけない』一つの重大な理由)

5.寄生虫病

 (人畜共通寄生虫。"トリヒナ"の成虫は豚の小腸、幼虫は筋肉に寄生して感
  染する。豚肉を、生、または、加熱不十分のままで食べると人体に感染、
  筋肉痛、発熱、呼吸困難等を起こす。"エキノコッカス"は、豚、牛に寄生。
  人体に入ると肝機能障害、呼吸困難等を引き起こす)。

【"人畜共通"に注意しろ!!】

 5大疾病の中で、人間が注意しなければならないのは"人畜共通"という疾病
である。これは端的に言うと「豚も人も同じ病気に罹る」という意味である。

 4の「トキソプラズマ病」と5「寄生虫病」がそれに当たる。説明はそれぞ
れの項目を参照して欲しい。

 [豚肉を食べる]という段階で、この2つの病原菌の感染を防ぐ方法は「充分
に加熱する」しかない。だから"生"や"半焼け"などは避けるべきなのである。

      「それじゃ『SPF豚』ならば、大丈夫?」

 いくら『SPF豚』でも、と畜・解体の段階で"細菌汚染"される可能性があ
るので、安全を最優先するのであれば「生」で食べるのは止めた方がよい。

   「これからは、肉を生で食べるのも"自己責任"の時代でしょう」

 やっぱり、長年、伝えられてきたように「豚肉は完全に火を通す」という基
本的な事を守った方が、自分の命を長らえさせることは間違いありません。


《MEMO.0031》E型肝炎

 E型肝炎ウィルス(Hepatitis E Virus、 以下「HEV」)の感染によって引き起
こされる急性肝炎(稀に劇症肝炎)で、慢性化することはない。ただ、妊婦は劇
症化率が高いので注意する事。経口感染。潜伏期間は2〜9週間(平均6週間)。
「人畜共通感染」が疑われている唯一の肝炎ウィルスである(厚労省)。疑われ
ているというよりは、事例などを見ると「人畜共通感染症」に間違いないと思
われる。


*11月30日 厚労省は都道府県に「豚肉は充分加熱せよ」という通達を出す。

【関連記事】
 
http://www.unlimit517.co.jp/medi81.htm

http://www.unlimit517.co.jp/ana13.htm


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.