毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
"体の本音"聞くことの意味は健康にあらず


 ここ札幌も、お盆後、そこそこ高い気温で推移しましたが、もう既に秋空。

 朝晩は、めっきり涼しくなる。一番、着る物に、悩む季節の到来です。

 そんな中・・・

 北海道唯一の能舞台が、小樽市にあります。その名も「小樽市能楽堂」。

 何故か、急に興味が湧き出し、そこへ行って参りました。小樽には、私自身

 ゆかりがあり、生誕地でもあります。ただ、1歳時には転居、記憶にはナシ。

 でも・・・

 妙に、この街には、郷愁を感じるところがあります。海山に抱かれる様な感。

 お能の舞台も、そんな場所に、存在していました。元は個人の持ち物でした。

 場所は、現在、個人宅から公会堂へ移転しています。それでも雰囲気は抜群。

 当日・・・

 ここで、座の一つである札幌宝生会による発表会が、開催される予定でした。

 現在、能舞台が一般公開(〜8/31)されているため、私でも見ることが可能。

 お弟子さんによる演目で拙い所がアリ、能面もナシでしたが、独特感存在。

 お能を見るのは・・・

 初めてでしたが、能が持つ独特のリズムを感じることが出来、楽しめました。

 それにしても、明治の頃のお金持ちは、スケールが違いますねぇ。何たって、

 趣味が高じて、能舞台まで作ってしまうのですから。まさに、アッパレです。

 残念だったのは、選挙カーの無駄な連呼。騒音以外の何物でもありません。

 帰りは・・・

 小樽名物「若鶏の半身揚げ」を食す。しかし、食券購入を客に強制はダメ。
                   http://www.unlimit517.co.jp/gnews199.htm

 こんな調子だから、味も知れていました。やはり、「名物」にうまい物ナシ。

 「名物」と言われた時から、本当は、その"飲食店の堕落"が始まるのです。

 けれど・・・

 これで、スッキリと「肉食」中心からは脱却出来ます。現在も粛々と進行中。

 きっかけ自体は、もう少しで完治が迫る「ベルばら」です。この病に感謝。
 http://www.unlimit517.co.jp/ana294.htm

 健康だけが全てではありません。病と共存し、そこから得られる教訓は大。

 今回・・・

 私が「食生活の見直し」を感じたのも、決して、健康が目的ではありません。

 自分の体の内なる声に、耳を傾けようと思ったからです。言わば"体の本音"。

 この時期に、発疹したには、何か理由があったはずです。その理由を聞く。

 体に"その理由"を聞いて見たところ・・・
───────────────────────────────────
 1.やっぱり、「酒の飲み過ぎ」だよ、お前は。
───────────────────────────────────
   ●私は、ここ20年位、殆ど「休肝日」も作らずに、酒を飲み続けて、
    来ました。肝臓がもう悲鳴を上げていたのかも知れません。肝臓は、
    沈黙の臓器という紳士だけに、余り語りたがりませんが、正に声なき
    声が発疹だった可能性も。

   ◎現在は、キッチリと『休肝日』を決め、飲酒は週に3〜4日程度に。
    以前は、何かもやもやした気分だった朝も、少しは改善されました。
    頭の回転が、ドロドロっと回っていたのが、スムーズな回転になる。
    もう一つの功用は、『酒が以前よりも旨く感じられるようになった』
    ということ。のんべんだらりんと飲んでいたら、酒の神様にも申し訳
    がなかったということです。

    以前は、焼酎を「野菜ジュース割り」「フルーツジュース割り」等に
    していましたが、現在は『緑茶割り』『麦茶割り』『ほうじ茶割り』。
───────────────────────────────────
 2.歳のわりには、「肉」食い過ぎじゃないの、お前は。
───────────────────────────────────
   ●小さい頃から、「肉」は好きでしたねぇ。魚も嫌いではなかったが、
    やはり「肉」。特に、焼き肉、トンカツ、カツ丼には目がなかった。
    それが、47歳になる現在まで継続されてきた。胃袋だって、歳相応。
    若い頃と違って、胃だって疲れている。そこに、「肉」が大量に詰め
    込まれたら、どうなるか?子供にだって分かる論理だよね。

   ◎先ず、「肉」が安いからといって、大量買い、大量食いしない。
    もし、「肉」を食す場合は、なるべく湯通しなどをして、油を減らす。
    仕事などで、運動量が少ない場合、『練り物(蒲鉾など)』を中心に、
    弁当の献立を考える。その時の夜は、消化が良いように『粥』中心。
    休日は、『麺類』中心に。これからは、"食い放題"もパスだね。
───────────────────────────────────
 3.何で、「炭酸飲料」をガブ飲みするんだよ、お前は。
───────────────────────────────────
   ●自宅ではそうでもなかったが、職場では勤務前に、1L「炭酸飲料」
    を殆ど一気飲みに近い状態だった。特に、夏になるとシュワシュワ感
    がある「炭酸飲料」を大量飲みしていた。コレが体に悪い訳がない。

   ◎「肉」と同じで、先ず、買わないことに。飲み物は『お茶』中心に。
    番茶、緑茶、ほうじ茶、麦茶など。コーヒー等も、体が欲していない
    ことが、分かった。牛乳や卵などの乳製品も量を減らした。ビール、
    発泡酒の類も、以前よりは飲む回数が激減。

    冷たい飲料は、体を冷やすから、職場などでは『熱いお茶』中心に。
───────────────────────────────────
 4.もう少し、「バスタオル」だって洗った方が良いんじゃない、お前は。
───────────────────────────────────
   ●正直、洗濯は1週間に1度程度行っても「バスタオル」は、3週間に
    1度位しか、洗濯していなかった。洗濯槽に入れるだけなのに。
    そんなので体を拭かれたら、発疹だって出たくなるよね。

   ◎現在は、「バスタオル」も1週間に1度は必ず洗濯を行っています。
    もちろん、他のタオルやふきんなども同様に。手触りと清潔感が違い
    ますね、やはり。気持ちの面でも、何となく晴れやかに。
───────────────────────────────────
 5.もう、「スナック菓子」食うの止めたら、お前は。
───────────────────────────────────
   ●「炭酸飲料」や「肉」同様に、コレも子供の頃から大好きだったなぁ。
    私の場合、一袋あったら、それを全部食べなきゃ済まなかった。それ
    も、非常に短時間で食してしまう。体に悪いよねぇ、コレは。

   ◎コレも、買うのを止めました。「炭酸飲料」や「スナック菓子」は、
    虜になってしまう魅力は大ですが、正に、百害あって一利なしの代表。
    虜にならないためには、『手元に置かぬ事』。コレしかありません。
    若い頃の胃袋であれば、何とか処理出来ても、今の胃袋では無理。
    でも、出来れば、若い頃から食べない方が良いかも知れませんね。
───────────────────────────────────

 これでも・・・
 
 "体の本音"は、全部聞けていないでしょう。これからも耳を傾けて行きます。

 病を治すことばかり考えていたら、"体の本音"に気が付かなかったかも。

 病は、"体の本音"を聞く絶好の機会だと、「ベルばら」は教えてくれました。

 現在・・・

 世間では、又「新型インフルエンザ」の情報で、てんやわんやの大騒動に。

 貴方も、そんな情報に、右往左往されていますか?振り回されています??

 そんな時こそ、"体の本音"に耳を傾けて。大事なことを示唆してくれます。

 貴方の"体の本音"だけは・・・

 どんな偉いお医者様であろうと、専門家であろうと、聞くことが出来ません。

 聞く事が出来るのは、唯一、貴方だけなのです。是非、聞いて上げて下さい。

 その時は、頭を空っぽにして、気持ちを穏やかにして、耳を澄ませて下さい。

 ほ〜ら、何か・・・

 聞こえてきませんか?世間だけに囚われることなく、それが"体の本音"です。

 それが、「インフルエンザ対策」や「メタボ数字」の嘘を、教えてくれます。

 世間で喧伝されている「対策」「数字」「検査」の無意味さと無粋さと共に。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.