毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
外見より「見えぬ衰え」を自覚する勇気


 今世では年上の御仁にきつく物申す。仕事とは言え、実に辛い面も存在する。

 でも、ある壁を乗り越え、表情が変わる。嬉しい瞬間。歩みの程はそれぞれ。

 それでも・・・

 人の肉体は、年齢を経れば、衰える。認めたくはないが、それは紛れ無き事。

 幾ら身体を鍛えようとも、幾らサプリメントを摂ろうとも、中では進行する。

 世の中も、自分の外も、「若さが一番」だと思い込んでいるし、それを誇る。

 だが・・・

 「若さ」が「一番」だろうか。表面的に若い事が全てに勝る?おかしな風潮。

 見た目を若くして、悦に入っているのが現代人。それを煽っているマスコミ。

 その悦を巧く誘い込み儲ける企業。それが証拠に、この手のCM大手を振る。

 貴方も・・・

 それらに踊らされていないか。私も踊らされていた時期がある。良い事だと。

 それらは、思考力が低下する深夜や早朝に集中。放映料も安いから一石二鳥。

 こうして多くの人達は洗脳されて行く。商品に紐付きの信者を沢山生み出す。

 知らず知らず・・・

 継続させられる信者(消費者達)。有効成分が実際は含有量あるのか?サプリ。

 その有効成分が化学的に良い事は何となく証明済。でも、貴方の身体と違う。

 しかも、サプリなんて治験データ殆ど無し。故に、「個人」の違いで逃げる。

 その上・・・

 有効成分以外の混ぜ物(賦形剤)をケチる事によって、製品のコストを抑える。

 その中に、有害な物が混ざっていないと、誰が分かるだろうか分かる筈無い。

 米では、数十年間地中にあった死体から、有害成分が検出された事例もある。

 私は・・・

 こう思っている。一見身体に良いと思われるサプリは「気のせい」であると。

 こんな実験、金にならないからやらないと思うが、一方をサプリ、他方を、

 偽薬(有効成分は含んでいる事にする)の対象治験。さぁ、結果はどうなる?

 恐らく・・・

 それ程、効果は変わらない。何故なら、それらを裏付ける諺が存在するから。

 「病は気から」「鰯の頭も信心から」どちらも「気のせい」という事である。
───────────────────────────────────
  *「鰯の頭」は、身体にも良い様な気はしますが…。
───────────────────────────────────
 「科学的ではない」と貴方は言うかも知れない。しかし、諺=統計学では?

 多くの人々によって・・・

 語り継がれて来たからこそ、諺として、現在も存在していると私は思います。

 「科学的」にも、「プラシーボ効果(偽薬効果)」というのが分かっています。

 何となく現在が良い感じなんであれば、そのまま、企業に献金するのも方便。

 全面的に・・・

 否定はしません。貴方の身体ですから。けれど、他人に奨めるのは厳禁です。

 何故なら、貴方の身体と他人の身体は違うから。一筋縄で行かぬのが人体で。

 実は、昨今の「高齢者による山での遭難」の根底に、この問題が潜在する?

 つい先日も・・・

 北アルプスで、3組8人(60〜70代)が遭難死。我が北海道でも遭難死増。
 http://www.unlimit517.co.jp/gnews254.htm

 2011年道内で発生した山岳遭難55件(過去5年最多)。遭難者は60人。

 内、60歳以上が29人(52.7%)。此処から導き出される教訓は何か?

 肉体の衰え・・・

 である。経験も大切であるが、それ以上に、自然が相手の場合、肉体=体力。

 典型的なのが、3月道内で起こった遭難事故。死亡66歳男。生存20歳女。

 66歳男はヒマラヤ遠征経験もあるベテラン。20歳女は登山歴僅か1年半。

 低体温症・・・
───────────────────────────────────
 ●登山経験と関係なく、年齢によって、体温調整機能は衰える。
───────────────────────────────────
 ●加齢と共に、体温の低下を防ぐ機能が衰え、筋肉の衰えから、
  熱を生み出す機能も落ちるため、体温を維持出来なくなる。
───────────────────────────────────
  *筋肉に力を入れる事で、エネルギーを消費。それで熱を作り出し、
   身体を温めて、寒さに耐えようとする。
───────────────────────────────────
 ●60代は、体温調整機能の衰えが急激になる。
───────────────────────────────────
  *日本救急学会は、昨年、「低体温症」について、全国の医療施設で調査。
   「低体温症」の症例は418例。その中、患者の平均年齢は70.4歳。
───────────────────────────────────
 ●皮膚は、体外に熱を逃さない役割を果たす。だが、高齢になると水分量が
  落ち、熱が逃げやすくなる。高齢者は、一端、体温が下がると戻りづらい。
───────────────────────────────────
  *身体に力を入れて、身体を丸め、外気に接する身体の表面積を小さくし、
   体外に熱を逃さないようにする。
───────────────────────────────────
 ●「低体温症」になると、躓く等の運動障害を起こしたり、辻褄が合わない
  事を話したり、低温なのに、服を脱いでしまうなど、正常な判断出来ない。
───────────────────────────────────
  *もしかして、「充分な装備」があったにも拘わらず、その装備を、
   「低体温症」による影響で、付けていなかったという事例もあるのでは。
───────────────────────────────────
 ●寒さは、甲状腺ホルモンの分泌促す。このホルモンは身体中の様々な細胞
  代謝を盛んにする。その結果、エネルギー消費が増え、沢山の熱によって、
  身体が温まり、寒さに対抗出来る。

 ●急激な体温低下等には、交感神経が素早く反応。皮膚が収縮し、鳥肌状態。
  それにより、皮膚からの放熱を防ぎ、脂肪組織で脂肪分解により熱発生。

 ●上記でも足りない場合、手足の筋肉が震えだし、収縮により熱発生利用。
───────────────────────────────────
  *だが、何れの方法でも、蓄えたエネルギーを大量消費。身体は疲労。
   新陳代謝が衰えた高齢者では、その影響が、若年層より顕著である。
───────────────────────────────────

 「年寄りの冷や水」・・・

 「団塊世代の傲慢」「諦めの悪さ」等、感情的な側面や、「装備不充分」等

 実際的な側面にも、多くの課題が含んでいる事は否めないが、一番は体力衰。

 その自覚なのではないだろうか。無自覚を増長させているのが世の中の風潮。

 省みすれば・・・

 私自身、中身は量れぬが、外見の衰えは鏡で感じる。若い頃とは確実に違う。

 でも、身体の衰えは、外見の衰え程は自覚していない。それは見えないから。

 まして、一見若返りを図り、それなりなら、身体の衰えの自覚は、なおざり。

 心身における

 アンバランスが顕著になる。ここに「外見は大丈夫。肉体は悲鳴を上げる」。

 日常の生活ではカバー出来ても、大自然を相手にすると、ひとたまりもない。

 この「心身のアンバランス」が、昨今の遭難事故の要因ではと推測している。

 砂時計の砂が・・・

 落ちるように、毎日、身体は衰え、死に向かう。それは確実。砂は戻せない。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.