毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
「良い睡眠」は「青白い光」を放つ!?


 最近、夢を良く見ます。暫く会っていない昔の知り合い。それも細部迄詳細。

 それも「走馬灯」の様だから。俺の人生もそう長くないかと。懐かしいけど。

 死に掛けている・・・

 英国の研究チームが「こんな事」を、米国の科学誌に、発表している記事有。

 「こんな事」とは、死に掛けている線虫に、赤外線を当てると死の瞬間前後、

 「体が青く光る」様子を観察出来たとの事。イメージ的には青=霊魂の感じ。

 光っていたのは・・・

 紫外線のエネルギーを吸収し、発光する「アミノ酸」。死に向って、細胞が、

 次々と壊れ、細胞から、この「アミノ酸」が放出されていた。正に霊魂の様。

 この世の名残に、生命体が「生きていた証」を示す様。生き物の哀れを感ず。

 このチームは・・・
───────────────────────────────────
 一寸酷な事を行っている。
───────────────────────────────────
 ●熱した金属線の傍など「生存が困難な環境」に、線虫を置いて観察。
───────────────────────────────────
                ↓
───────────────────────────────────
        ●線虫が弱ると「青白い光」が現れる。
───────────────────────────────────
                ↓
───────────────────────────────────
           ●死の前後でピークになる。
───────────────────────────────────
                ↓
───────────────────────────────────
            ●その後、急速に弱まる。
───────────────────────────────────

 例え・・・

 寿命で、自然死を迎えた線虫でも同様に、「死の瞬間に強く発光」を確認す。

 「細胞死」と「生物自体の死」との関係を研究する手掛かりとチームは話す。

 実験とは言え、「生存が困難な環境」に追い込み、最後火を出させるとはね。

 次はホントかね・・・

 何か、ロマンチックなような、そうでないような。狼男でも出てきそうな感。

 大学病院が「こんな事」もやるんだね。スイス・バーゼル大病院等のチーム。

 ただ、サンプル数がボランティア33人と、この手の実験にしては少ない様。

 結果・・・
───────────────────────────────────
 【満月の夜には睡眠不足になる】
───────────────────────────────────
  ■33人のボランティアに、研究施設内で、寝てもらい、

   「脳波の動き」や「睡眠時間」などを、調べた。
───────────────────────────────────
  【満月の頃は・・・】
───────────────────────────────────
   ●寝入るまでの時間が5分長く掛かった。

   ●全体で睡眠時間が平均20分間短かった。

   ●深い眠りの時間は30%減少した。
───────────────────────────────────
   【参加者の声】
───────────────────────────────────
    ◆睡眠の質が落ちた。
───────────────────────────────────
    *実際に、寝起きのサイクルを制御する

     「メラトニン」というホルモンの分泌も減っていた。
───────────────────────────────────
    但し・・・ボランティアの参加者たちは
───────────────────────────────────
    ○実験の目的を知らず

    ○月も見ていない

    ○月の周期も意識していなかった
───────────────────────────────────

 チームは・・・

 この結果から、自信を込め「月の周期が睡眠に影響するという初の証拠だ」

 と息巻いている。何となく、ゴリ押し感が否めない。非科学的とは思うけど、

 私の感覚では「満月の眩い光に照らされた方が良く眠られる」様な気がする。

 ある星占い師は・・・

 この結果は「彼らが酒を飲んだ後で導いたものだろう」と半ば肯定している。

 星の運行から、運勢を導き出す彼にとっては、嬉しい様な放って欲しい様な。

 私は「眉唾」の感が抜けませんね。1実験ごとで、結果が違ったりするかも。

 後は・・・

 繊細な日本人と、外国人では異なった結果とか。色々な条件で変わりそうよ。

 一見、夢物語的な美しい事の様だが、実は、何か「無粋」な感が漂っている。

 外国の大学でも、日本同様、注目を集め、研究費の捻出が必要な事があるの。

 そう思わせる様な実験・・・

 だった。あるメルマガでも、再三書いて来たが、いくら、発表された媒体が、
 http://www.unlimit517.co.jp/gnews311.html

 有名で一流だとしても、研究自体が「役立つもの」とは限らない。主目的が、

 「研究費」なんてのも可なり多い印象。だから、その後、梨の礫の研究数々。

 恐らく・・・

 「研究費」を出し易い研究と出し難い研究とあるんだろうな。出し難い方は、

 何とか捻出してもらうための研究を、手を変え、品を変え、知識を絞るのか。

 となると、「目立つ」「突拍子もない」「個性的」あらゆる手を打つことに。

 大変なんだねぇ・・・

 大学の教授連も。でも、好きな事をやれて、飯が食えるんだから良しだよね。

 世の中、好きな事で飯食っている人って、意外に少ないでしょう。他大勢は、

 我慢して仕事して食べてる。だから、生鮮食品にまで響く消費税は辛いよね。

 愚痴は余り・・・

 言わない俺だが、今度の消費税アップは痛い。低所得層、虐めの感すらする。

 「虐め」は止めましょうと言うのは喧伝なのか。政府自ら、弱国民を虐める。

 「満月」にでも逃げたくなるよ、全く。取りやすい所から取るのが消費税か。

 抑えて抑えて・・・

 でも、日本が地球が好きだから、もう少し住んで見るよ。良く眠られるから。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.