毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
これからは「ナースショッピング」が主流に


 雰囲気があり、一番好き「リーガ・エスパニョーラ」。スペインサッカーだ。

 2001年には欧州一巨大なカンプ・ノウで「クラシコ」も観戦。もう最高。

 最高と言えば・・・

 最低。これらから連想する事の一つ。「最高血圧」と「最低血圧」が存在す。

 毎年7月頃に行う「健康診断」では、何時も、一度目は「最高血圧」基準超。

 二度目で、何とか基準内に収まる。でも、この「基準」自身が実はおかしい。

 先ず・・・

 「血圧」を取り扱っている学会によって、「基準」が異なる。お互い認めず。
  http://www.unlimit517.co.jp/ana275.htm

 医学に関する学会は、殆ど例外を除いて、仲が悪い。故に、それぞれが主張。

 処が、全ての学会では、血圧の数値基準を「低め」に設定する。答えは簡単。

 それは・・・

 「低め」に設定した方が、各年代において、より多くを「患者」に出来ると。

 だって、「血圧」何て、年代が上がるに従って、数値も少しずつ上昇するよ。

 其れなのに、同じ数値が「基準」って変だ。血管壁が弱ったら、血圧で補う。

 そうしないと・・・

 全身に、血液が回らなくなるよ。その為の「血圧」じゃない。低いと不健康。

 其れなのに、医者へ行くと、どんな年代でも、その数値で輪切り。高血圧多。

 聞く処によると、「80%以上は医者に罹らせる為」の策略。厚労省と共同。

 今月1日・・・
───────────────────────────────────
 日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン」(2009年以来改訂)
───────────────────────────────────
 ●「高血圧の診断基準値」と「降圧目標値」を統一する。

 ●「高血圧の診断基準」(降圧薬治療開始基準)は
  収縮期(最高血圧)140以上、拡張期(最低血圧)90以上 = 現状維持

 ●「降圧目標値」(血圧を下げる努力目標)
───────────────────────────────────
  *若年・中年者高血圧の場合 
───────────────────────────────────
   → 130未満、85未満 → 140未満、90未満 に変更
───────────────────────────────────
  *75歳以上の場合
───────────────────────────────────
   → 140未満、90未満 → 150未満、90未満 に変更
───────────────────────────────────
  *糖尿病の場合 → 変更無し
───────────────────────────────────
 ●医療機関で測る「診察室血圧」より、原則として、家庭で、朝晩2回ずつ
  測定する「家庭血圧」の平均値を、治療上優先する事と、明記。
───────────────────────────────────

 まぁ・・・

 少しは現状に近付いたのかも知れない。でも、今まで、治療していた人は?

 恐らく、「基準改定になりましたけど、治療は続けた方が良い」何て感じ?

 商売だから、一人でも患者減らしたくないもんね。ずっと治らない方が得?

 そろそろ・・・

 患者の方も気付いた方が良いよね。「医者は商売」。「医は仁術」ではない。

 だから、実際は、「本当の情報」を提供してないのでは。「血圧」一つでも。

 今回の改訂に必要な情報何て、以前から、言われていた。それを捻じ曲げて。

 患者に・・・

 問題にならない数値なのに、心配させて、投薬をして、心にも身体にも負担。

 その事でのストレスの数値は、非常に大きいと思うよ。寿命を逆に縮めてる。

 それが、今頃になって、改訂何て。笑わせるな。身体は必要だから血圧高に。

 その理由も・・・

 ちゃんと確かめないで、直ぐに「降圧剤」が必要です。言い切って、良いの?

 患者ってのは、1回でも投薬されると、中々止められない性質を持っている。

 ある意味「強迫観念を与える」=「薬剤投与」である。そういう人達を生産。

 そうやって・・・

 病院は維持されて行く。医者は儲けて行く。特に開業医。「TPP」は朗報。

 もし、アメリカで行われている「混合診療」が解禁になれば、金持ち相手に、
 http://www.unlimit517.co.jp/medi94.htm

 どんどんと、貧乏人とは異なる「薬剤」「待遇」を加速させ、益々儲かると。

 そうなると・・・

 今以上に、ピンからキリがはっきりする。「保険点数」とは別の所に商機が。

 そうなると患者も差別するよね。儲からない患者はそこそこにお引取り願う。

 金持ちは、長く長く入院して頂く。「最先端の医療を施しますので御安心を」

 何て・・・

 キャッチフレーズでね。その内に、貧乏人の入り口と金持ちの入り口と区別。

 なるべく両者は顔を合わせない様に。先ず、受付で「年収調査」。差別敢行。

 そんな馬鹿なって。医者や病院に、未だ幻想を抱いている方は信じないかも。

 けれど・・・

 そういう時代が、直ぐ近くまで来ていると、私は推測する。そういう社会に、

 するのが、「日本の目標」だもんね。だから、金金って言っているんでしょ。

 でも、皮肉なもので金持ちと貧乏人の寿命を比較したら「貧乏人長い」何て。

 有り得るんでよなぁ・・・

 もしかすると、「がん」何か、手を掛ければ、手を掛けるほど、悪い方向に。

 だから、金持ちの方が余命が短くなる何て事も、不思議じゃない。何故なら、

 金持ちが「がん」に罹ったら、絶対に、一流の病院で、闘病生活に入るよね。

 抗癌剤・・・

 何ぼ高い「抗癌剤」でも、「がん」細胞にだけ効く物は無い。通常細胞にも、

 多大な影響を及ぼす。要するに、このメルマガで、再三再四言って来た様に、

 「闘病」というのは、「闘抗癌剤」「闘自分の身体」というのと、同意語だ。

 如何に・・・

 正常な細胞が「抗癌剤」に冒されないで済むのか。その割合によって変わる。

 でも、正常な細胞が「抗癌剤」=「猛毒」には、中々対処出来ないよ本当に。

 もし、俺が金持ちなら、治療せずに、「世界一周旅行」でリフレッシュする。

 良くなるか・・・

 良くならないかは「時の運」。されど、気分的に良くなる事は間違いないね。

 昔からの諺があるじゃない「病は気から」。病院だって、医者の腕よりもさ、

 看護師さんの人柄とか、自分との相性で選ぶべきじゃないのかな。切実に感。

 だって・・・

 入院したら、医者と過ごす時間よりも、看護師さんと過ごす時間の方が長い。

 看護師さんが意地悪な人だったら、医者の腕がなんぼ良くても、治りにくい。

 それ程、心が病気に与える影響は大きい。「体験入院」という制度があれば。

 良いんだけどね・・・

 週刊誌も、医者のランキングを掲載するよりも、「看護師のランキング」を。

 「顔」とか「スタイル」じゃなくて「人柄」だよ。無理か、観る目無いから。

 患者さんもやるんなら、「ドクターショッピング」じゃなく「ナース」の方。

 但し・・・

 スケベ心は厳禁。自分の心持優先。「科学的要素」も大事だが「非科学」も。

 人は「科学」だけでは割り切れない。そうだからこそ、「心」も大切にせよ。

 そうすると、「病気」だけに囚われていた自分の「心」を解放出来るかもね。

 病院に行くと・・・

 血圧が少し高いのは緊張するからでしょ。「心」の解放は血圧も下げる要素。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.