毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
時間は平等だが使い方は自由


 私には戒めの言葉がある「他人は自分が思っている程は気にしていない」と。

 だから、必要以上に気にする事もない、ビクビクする事もない。自分は自分。

 今年の2月から・・・

 小樽、苫小牧、札幌に行っていたなぁ〜。札幌は「仕事」か「墓参り」だが。

 小樽は「生誕地」。苫小牧は「第二生育地」らしい。二ヶ所とも殆ど無記憶。

 それでも、DNAには刻まれている思い。両親の温もり。そんな感じが交錯。

 二ヶ所では・・・

 1泊2日の旅程。小樽はその後、癖になり、3月、4月、5月、6月と連続。

 7月は、シーズンの為、小樽の宿泊費が上がったので、苫小牧に鞍替えした。

 距離も近いのでJR切符と宿泊費の両方を節約出来た。でも、雰囲気は小樽。

 その後も・・・

 シーズンが空ける迄は、苫小牧で我慢しようと考えていたが、経済的問題発。

 「宿泊費」の上に、大目的である「グルメ」。酒も含んだら、豪い出費覚悟。

 行くは「極楽」。その後の生活「地獄」という節約に迫られた。う〜ん思案。

 考えに考えた末・・・

 俺は一体、どちらがメインなのだろうか?と自問自答。「宿泊」か「グルメ」

 私の脳裏と胃袋には小樽Oホテルの「朝食バイキング」が色濃く残っていた。
 http://www.authent.co.jp/otaru/choushoku/1206choushoku

 北海道の食材を、パンやおかず、飲み物等に、旨くアレンジしていた。良し。

 故に・・・

 俺は「宿泊」より「グルメ」の方がメインだったのである。それならと再考。

 「グルメ」=「朝食バイキング」。詰まり、何らかの形で「バイキング」を。

 其れならば、地元・千歳にも存在する筈。早速、ネット検索。2軒がランチ。

 その内・・・

 1軒は、残念ながら、6月頃に終了していた。もう1軒は健在で、安心した。

 膳は急げと思ったが、丁度、札幌で「墓参り」の季節を迎えていた。それで、

 札幌でも検索して見た。あった!それも「墓」から程近いススキノTホテル。

 建前は・・・

 「墓参り」優先。実は「ランチバイキング」優先(御免)。それでも、先ずは、

 「墓参り」を済ませて、Tホテルに向った。突如土砂降り。百均で急傘購入。
  http://www.unlimit517.co.jp/url/file/517-2.html

 ホテル迄は確かに傘を持っていた。処が、雨が上がり、傘はその儘テーブル。

 まぁ・・・

 傘を忘れるのは何時もの事。気にせずに行こう!料理は種類も多く満足した。

 平日にも拘らず、結構混んでいた。清潔感は充分に有る。雰囲気も悪くない。

 もう一度、行くのは全く吝かではない。バイキングの食べ方は色々思案中と。

 その2週間後・・・

 今度は千歳。バス30分、徒歩5分。快適な時間である。ストレスを感じず。

 まぁ、夜勤明けなんだけどね。楽しみの方が先勝。Aホテルに直行。脇目無。

 でも、お金は下ろして置こう。金額的には間に合うけども。余裕が必要だね。

 ここは・・・

 「ランチブッフェ」という名称。その通りに、洋食中心。その上、道産食材。
  http://www.anacrowneplaza-chitose.jp/lunchbuffet.html

 札幌Tホテルよりも、その色が濃かった。シェフが目の前で焼く豚肉も良し。

 私的評価ではTホテル<Aホテルだったなぁ〜。でも、土曜なのに客約3割。

 札幌以外では・・・

 こんなものなのか。此処は平日「月前半」「月後半」「土日」でメニュー異。

 1ヶ月で3度美味しい思いも可能。2千円以下で鱈腹食べられれば、御の字。

 独り暮らしにとっちゃあ、良いよね。けど、食べ方を考えないとトイレ直行。

 一寸・・・

 前置き長過ぎ。本題は、この食べ方じゃ「野生猿に劣る」。その理由とはね、

 野生猿には「過食」「一気食い」はあり得ないんだって。1日の内の大半を、

 食べ物を探す事に費やす為、充分な食事に有り付く事が稀だから。空腹多し。

 それだけではなく・・・

 ある程度、食べてしまうと食べるのを止める仕組みが働くそう。条件反射的。

 「お腹が空いたら食べる」摂食中枢と「満腹なら食べ終わる」満腹中枢正常。

 こういうのを聞くと食べ過ぎて、腹を壊している自分が恥ずかしいよね全く。

 この満腹中枢・・・

 胃が一杯になったという信号が脳に届き、「満腹になった」と自覚する迄に、

 個人差があるそうです。だから、早食いの人は自覚する迄、どんどん食物を、

 詰め込んでしまう為、「過食」になりがちで、体重も増加しがち。元は私も。

 今は・・・

 それなりに痩せていますが、早食いは変わりません。只、「基礎代謝量」増。

 その為に余り太らなくなった。でも、油断したら、元の木阿弥。気を付けよ。

 猿でも、飼育されているものは、運動不足、過食による肥満、胃拡張が存在。

 野生猿でも・・・

 数の増加によって、平地から本来は生息していなかった高山帯に出現する様。

 そこでは特別天然記念物の雷鳥の雛等を食す事も確認されている。背に腹は、

 代えられず。猿にとって「特別天然記念物」関係無し。でも、保護せねばか。

 恐らく・・・

 食べられた「雷鳥」の方だって、満腹中枢は正常で、食べ過ぎは無かったと。

 野生は、弱肉強食だから、尚更、生存能力としても必須。それらを考えると、

 人間って甘いよね。平気で身の危険を晒せている。私も身につまされるよね。

 それでも・・・

 快楽を追い求めてしまう性。でも、今はこれが楽しい。暫くは楽しみますわ。

 飽きたら、その時はその時。但し、胃の為にも、普段は粗食を心掛ける事に。

 胃を空ける時は空ける。「6日目の晩餐」設定もそれがコンセプト。8年続。
 http://www.unlimit517.co.jp/ana305.htm

 矢っ張り・・・

 自分なりの道を進む。それで良いんじゃない。苦しみばかりじゃ継続出来ず。

 だから、折々に「楽しみ」を設定する。他人と同じである必要無し。自分で

 自分の時間を創り出す。時間は平等だが使い方は自由。人間なりの楽しみを。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.