毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
自分が一番感じ取り、読み取る


 グダグダ「紅白」やっている位なら、歴代の視聴率の高い順から「再放送」。

 そちらの方が、家族団欒で、歴史も歌も学べるから良いじゃないの。どう?

 癖にもなるんだよなぁ・・・

 寝不足の時の「甘い物」。体が欲する感じ。1回、快感を得ると食べないと、

 寝られなくなる。これは正直、悪循環。寝る前に摂るのだから体に良くない。

 其の儘、寝てしまうと「肥満」「高血圧」の原因にもなりかねないよなぁ〜。

 こんな研究が・・・
───────────────────────────────────
 筑波大国際統合睡眠医科学研究機構ミハエル・ラザルス准教授らのグループ
───────────────────────────────────
 ●「レム睡眠」が不足しているマウス → 蔗糖の摂取量増える
───────────────────────────────────
   ↓味や香を判断する脳の「前頭前皮質」の神経活動を人為的に抑える
───────────────────────────────────
 ■「レム睡眠」が不足しても、蔗糖の摂取量増えず
───────────────────────────────────
   ↓「前頭前皮質」の神経活動が糖分摂取への欲求を制御している可能性
───────────────────────────────────
 ◆「レム睡眠」は加齢で減る → 高齢者の「肥満対策」に繋がる可能性
───────────────────────────────────
 *単純な疑問「ノンレム睡眠」が不足している場合は?「レム睡眠」は脳が
  働いているから、「前頭前皮質」も活動するの?だから、甘い物欲すると。
───────────────────────────────────
 *「レム睡眠」は加齢で減るってなっているけど、「レム睡眠」だけが減る
  訳じゃないでしょ。「全体の睡眠時間が減る」から「レム睡眠の時間も減」
───────────────────────────────────
  だって・・・
───────────────────────────────────
  「レム睡眠時間」が減っても「ノンレム睡眠時間」が増えるわけじゃない
  から。もし、増えていたら、脳も身体も休める訳だから、トイレの回数が
  増える訳が無い。「睡眠の質」は向上する筈だものね。
───────────────────────────────────

 もしかすると・・・

 「レム睡眠」時に、甘い物の「夢」を見ているのかも。私も先程、見たのよ。

 「甘い物の夢」ではないが、昔飼っていた犬の夢。無性に餌を欲しがってた。
  http://www.unlimit517.co.jp/medi90.htm

 其の必死さに「今上げるよ!」と思わず叫んで起きた。寝汗をかいていた様。

 夜勤明けの翌朝・・・

 夢を見る事が多い。明けの日はドラマや映画を見ながらソファで眠りこける。

 総時間にすると10時間を超える事も少なくない。其の反動で朝方に寝ても、

 眠りが浅い「レム睡眠」状態。故に、夢を見てしまうだろう。悪夢が多い様。

 其れも・・・

 「過去にあった事」が多い。愛犬、友人、両親、親戚等々。生物に関する多。

 中には、何十年も会っていない人も出て来る。私の「不義理」が原因なのか。

 感覚的には歳を取ると「レム睡眠」の割合が増える様。頭は夢を追い掛ける。

 どんなに・・・

 生きようとも「睡眠」は摩訶不思議なもの。だから、其れに耐えるためにも、

 「甘い物」を身体が欲するのかも。まぁ、非科学的ですがね。私はこう思う。

 どんな施策も行き過ぎてはいけない。程々なら、良いんじゃないの。極端×。

 最近・・・

 「何々は駄目」とか「其れらは一切摂るな」とか極端過ぎるよね。此れらは、

 寛容さの欠片も無いし、今迄の科学を否定する事にも繋がる。全部を信じろ、

 というのでは無く「科学」=「歴史」も踏まえるべき。身体は極端では無い。

 そんな単純なもの・・・

 人間の中には存在しない。件の「睡眠」一つ取っても、一筋縄ではいかない。

 出版業界は冬の時代だから、何でもかんでも、殊更に、極端を強調している。

 そうしないと、本が売れないからだよね。恐らく、読者のコメントも捏造中。

 商売商売商売・・・

 金金金。そんな感じ。世の中、ギスギス。責任は誰も取らない。無責任体質。

 極端を信じた人間達の身体が蝕まれたら、どうするのさ。そういう時だけは、

 「自己責任」と体のいい逃げ口上。他人の金で儲け、責任を押付、知らん顔。

 騙される方にも・・・

 問題が無いとは言えないが、少しは責任を感じろ。此のメルマガだって注意。

 そうしないと、貴方が馬鹿を見る。「半信半疑」位で丁度良い。だってさぁ、

 自分の身体でしょ。自分が一番感じ取り、読み取る。其れが、身体への労り。

 甘い物も・・・

 程々だったら、許して上げなよ。我慢我慢じゃ、身体が持ちませんよ。心も。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/ass/new_timei.htm