毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
まさに、北海道の誇り。畜産王国の意地。
BSE"人為発症"に成功!!



 実は、昨日まで、他の題材を取り上げようと思っていました。しかし、今後
において、これだけの「ビッグニュース」を取り上げないのは、郷土の恥です。

 その「ビッグニュース」というのは・・・


【国内で初!BSE"人為発症"に成功!!】

 見出しに書いているから、分かりますよね(^^;)。

 要約すると・・・(北海道新聞1/18夕刊より)
───────────────────────────────────
 北海道立畜産試験場は、18日、牛海綿状脳症(BSE)を、「人為的に発症
 させる感染試験」で、『3頭のBSE感染を確認した』と、発表した。

 動物衛生研究所(茨城県つくば市)と、共同で行った確定診断で、判明した。

 人為的な感染試験が、成功したのは、『国内初』。

 「BSEの生前診断法の解明」や、「効果的な検査態勢の確立」に、
 つながると期待される。
───────────────────────────────────

 『国内初』となっているのは、最初に、BSE牛が見つかった英国では、既
 に、"人為発症"に、成功しているということです。また、経口によるBSE
 感染は、上記、動物衛生研究所で、既に、実施されています。
───────────────────────────────────
 [感染試験の経緯]
───────────────────────────────────
 2004年 2月 7月 9月 3回に分けて、
        ↓  ↓  ↓
   生後2ヶ月のメスのホルスタイン14頭の脳幹部に、
   神奈川県と和歌山県で発見された感染牛の脳から取り出した
   「異常プリオン」約0.1グラムを、液状にして、接種。
        ↓
  このうち、2月に接種した6頭が、昨年秋以降、

      ● 音に過敏な反応を示す。
        ↓    
      ● 不自然な歩き方をする。
        ↓
     "BSEの初期症状"を疑わせる症状を呈する。
        ↓
     感染が疑われた3頭を、"動物衛生研究所"で、解剖。
        ↓
     1月15日、脳をすり潰して、調べる「ウェスタンブロット法(WB)」
     で、確定診断を実施、「BSE」と確認した。
        ↓
     残りの3頭も、順次、診断する。
───────────────────────────────────
  *検査方法の詳細 → http://www.unlimit517.co.jp/medi73.htm

  *異常プリオン関連 → http://www.unlimit517.co.jp/medi82.htm
───────────────────────────────────

 道立畜産試験場は、北海道の東、帯広市から、車で30分ほどの「新得町」
にある。この町の特産は「新得そば」。その他にも、地域性を生かした乳製品
やソーセージなども、非常に、うまい。

 最近は、町おこしの一環で、「世界ラリー選手権」が毎年行われて、若い人
間を中心に、盛り上がっている。しかし、『自然保護』の観点から見ると、非
常に、多くの問題が山積している。

   ラリーの陰で… http://www.unlimit517.co.jp/medi60.htm

 また、この新得町や帯広市がある場所は、"十勝"と呼ばれており、国内でも
有数な規模を誇る「畜産地帯=畜産王国」でもある。場所柄、畜産家の目も厳
しいし、レベルも高い。こういう風土も、今回の偉業を果たした要因である。


【まだ、"出発点"に過ぎない】

 国内では、これまで「21頭の感染牛」が、確認されている。

 何れも、食肉検査場や死亡した牛の検査で、発見されている。

 もう少し付け加えると・・・
───────────────────────────────────
 ●「ホルスタイン種」以外の牛が、感染した例も、確認されていない。
   すなわち、「和牛」では、1頭も、見つかっていないのです。
───────────────────────────────────
 * スーパーなどで、良く"国産牛"と表示されている牛肉を、見ますよね。

         「コレはどんな肉だか、分かります?」
   
   ほとんどが、肉用として育てられた「ホルスタイン種のオス」です。

   良く考えてみると、乳を搾るためには「メス」がいればいい訳です。

   繁殖の時も、凍結された他のオスの精液(血統により値段が違う)による
   「人工授精」のため、ほとんど、必要がありません。

   でも、繁殖させると、「オス」は必ず生まれて来ます。そういう「オス」
   は、乳が出る訳ではないので、肉用として安価な"国産牛"になるしかあ
   りません。"国産牛"の表示とは、そういう肉を表わしています。

   "和牛"は、「○○和牛」と、きちんと表示されています。

 * なぜ、BSEは今のところ、
   「ホルスタイン種」だけと強く言わないのか?

   各畜産家や農家に、配慮したものだと思われます。米国産牛肉の絡みも
   あるでしょう。"和牛だけ"を扱っている畜産家は、本当は、言いたいの
   だと思います。しかし、協調を考え、口をつぐんでいるのでしょう。  
───────────────────────────────────

 それでも・・・

 「生きている牛」が、"BSE"と診断された例は、1つもありません。

 今回、BSE"人為発症"に成功したことにより、

 この中に・・・

 感染を示す「指標」となるものが、牛の"生存中"に、見いだせれば、
───────────────────────────────────
 ● 感染牛の早期発見が、可能。

 ● 感染の拡大防止や、感染牛の早期処理に、役立つ。
───────────────────────────────────

 道立畜産試験場の森清一場長も、次のように、コメントしている。

 「研究を進める上で、病気を再現することは、大きな要素。

  生前診断法の確立や、病気のメカニズム解明に、役立てて行きたい」

 つまり・・・

 BSEを、これから詳細に、解明していくための"スタートライン"に、漸く
立てたということです。でも、この一歩は小さいようではあっても、実はとて
も"重要な成功"で、大きな一歩である。

 それは・・・

 "生きている段階"で、判断出来るという点です。そのためには、BSEに、
罹ってしまう「指標」が何であるのかを、これから、解明しなければ、なりま
せん。

 今後も、道立畜産試験場や動物衛生研究所の動きに、注目していきたいと思
います。また、他の研究機関でも、今回の偉業を応用し、「指標」の発見に、
全力を尽くしてもらいたいと思います。


 でも・・・

 「牛が、BSEに罹ったからって…」という疑問をお持ちの方

      http://www.unlimit517.co.jp/ana38.htm

                   こちらを覗いて、見て下さい。

 
    **本当に、大丈夫か・・・ http://tinyurl.com/dybjv


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.