毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
カンザス牛も、テキサス牛も、いらないよ!
米国産牛"再び禁輸"の余波



 本当に、アメリカは「日本をなめている」。今回の件で、その認識を新た
にした。普通、物を売るのならば、相手のニーズに合わせるのが、当たり前。


【事件のあらまし】

 1月20日(金) 成田空港に、同日、輸入された「米国産牛肉」
               ↓
   BSE(牛海綿状脳症)の特定危険部位の「脊柱」混入を発見。
               ↓
       政府は、「米国産牛肉」の輸入を全面停止


【本当に、"検査官"の責任?】

 アメリカ人の性質を表わす「ある逸話」がある。

 それは、次のようなものだ。
───────────────────────────────────
 皿洗いを生業としていたあるアメリカ人が、いた。ある日、そのアメリカ
 人が、皿を床に落として、割ってしまった。「何をしているんだ!」と怒
 られたそのアメリカ人は、「俺が悪いんじゃない。皿が滑りやすかったか
 ら、床に落ちたんだ」と、反論したらしい。
───────────────────────────────────

 今回の一件を、観察してみると、まさに「この逸話がピッタリ」とくる。
それらを、裏付けるのが、米国要人による次のような発言の数々だ。
───────────────────────────────────
「技術的な違反であり、牛肉の安全の問題ではない」

「世界中から敬意を払われるほど厳しい基準に従っており、日本は、早期に、
 輸入を再開すべきだ」

「日本が、再び、輸入禁止をするなら、経済制裁を視野に入れたい」

「出荷された肉は、生後4ヵ月半の子牛で、背骨も国際基準では、特定部位
 とされていない」→ 日本との約束は?どうなちゃったの。

「BSEが人間に感染したのは、世界で約150例。自動車事故の方が、確
 率は高く、米国では感染例は報告されていない」

 → 確率論では、すまされないだろう。いくら確率が、低くても、人類が
   真相を解明しなければならない病気は、あるはずだ!

 ▽約150例
  変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)
  http://www.unlimit517.co.jp/ana38.htm

 ブッシュ大統領も、カンザス州において、リップサービスで、

「日本人は、"うまいカンザスビーフ"を食べたがっている」というような
 ニュアンスの発言をしている。
───────────────────────────────────

 自分達や自国の反省は、一体どこへ行ってしまったのか?つくづく、「高
ビーで、自己中心的な人達」であると、言うしかない。ここで、私が、感情的
になっていても、仕方がないので、時系列に従い、今回の件を読み解きたい。
───────────────────────────────────
[事実確認]
───────────────────────────────────
1.今回、危険部位の「脊柱」が見つかったのは、日本の商社が、見本とし
  て、空輸した冷蔵(チルド)牛肉。

2.この牛肉を輸出したのは、食肉加工会社アトランティック・ビール・ア
  ンド・ラム(ニューヨーク州)。解体したのは、そのグループ会社ゴール
  デン・ビール(オハイオ州)。

3.米国の輸出牛肉の処理施設には、米農務省が認定した「食肉検査官」が、
  必ず常駐している。今回は、この検査官が、"出荷の段階"だけでなく、
  解体の段階でも、「脊柱」の混入を、見逃していた。

  米国側は、「特定部位を除去するルールを、検査官が知らなかった」
  としている。だから、あくまでも、問題の牛肉出荷と関わった2つの業
  者と検査官の人為的なミスで、他の処理施設では、起こらないとの見解。

4.輸入された41箱(約390キログラム)の子牛肉のうち、3箱(約55キ
  ログラム)で、「脊柱」が、除去されていない牛肉を、日本の農水省動物
  検疫所の担当者が、"目視検査"だけで、発見。

5.上記、アトランティック社の処理施設は、昨年末に、日本政府が実施した
  「査察の対象外」だった。日本側が、この時、査察を実施したのは、11
  施設。しかし、実際には、日本向けの処理施設が、約40ヶ所ある。

6.実は、昨年12月の日米間合意では、「違反業者だけが、輸出停止すれ
  ばよいことになっており、米国には、全面禁輸を決めた日本政府の"過剰
  反応"への不満が、くすぶっている。
───────────────────────────────────
[私の疑問]
───────────────────────────────────
★3.に関する疑問

 仮にも、農務省が認定している「食肉検査官」が、2度も、単純な見逃しを
 犯すだろうか?しかも、日本の農水省動物検疫所の担当者が、簡単に、目視
 で分かるようなモノを(素人の私でも分かる)。

 ある情報によると、米国では、「食肉検査官」に対して、日本では想像も
 出来ないほどの圧力がかかっている(関連業者から)とのことである。これ
 は、私の推測だが、今回の背景には、こういう事も、絡んでいるのでは?

★5.に関する疑問

 「何で、全施設、回らなかったの?」今回みたいな問題が出てから、査察
 しても遅いだろう。日本の業者には、"全頭検査"をさせておいて、自分達
 は、関連処理施設の1/3も、行っていない。フザケルナー!

 この日本政府の対応も、今回の無責任な事件を引き起こした一因である。

★6.に関する疑問

 <米国側との基本合意>

 ● 脳などの頭部や脊髄、脊柱、回腸といった特定危険部位の除去

 ● 生後20ヵ月以下の牛に、限定。

 こういった基本的なところが、守られなかったのが、今回の件である。
 だから、上記のような枝葉末節な部分は、聞く必要ないが、「違反」の
 中身を、もう少し具体的に、すべきだったのではないかと思う。
───────────────────────────────────


【"特定危険部位"とは?】

 "特定危険部位" = 牛の体の内、BSE(牛海綿状脳症)の原因となるタ
           ンパク質の1種・異常プリオンが蓄積しやすいとさ
           れる部位。

           国際獣疫事務局(OIE)が、基準を提示している。

           各国は、それに基づき国内で「除去規制」を設ける。

           「米国に基準は、一体どうなっているんだ?」

           もしかすると、OIEの基準以外に、自分達で勝手に
           基準を設けているのではないか?という疑念を抱く。

 尚・・・

 "特定危険部位"= SRM とも略されている。

  Spcified Risk Material の頭文字。

───────────────────────────────────
  "特定危険部位"の分布割合は、以下の通りである。
───────────────────────────────────
1.脳 66.7% (三叉神経節を含む)

2.脊髄 25.6%

3.背根神経節 3.8% (「脊柱」に含まれる)

4.回腸遠位部(小腸の内、最後の2m程度) → 回腸 3.3%

5.眼球 0.04%

6.へんとう 
───────────────────────────────────


そんな中・・・

  「日本で、22頭目、カナダで、4頭目のBSE牛が、確認された…」


 実は米国だけじゃない? → http://www.unlimit517.co.jp/medi79.htm

 
    **政争の具にするな!・・・ http://tinyurl.com/e32eq


もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.