毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
客観的に思考すれば「間違いない」。
ただ人は思考のみで動くのではない3


 ある医者から、次のようなメールを頂きました。書いてあることは、ごもっ
ともで、ある意味、「医者の本音」。しかし、私には、割り切れないものが…。
───────────────────────────────────
 *読み忘れた方のために → http://www.unlimit517.co.jp/ana161.htm

 *メールに対する私の意見→ http://www.unlimit517.co.jp/ana162.htm
───────────────────────────────────

 今回は、いつもネット上で、懇意にしていただいているDr. Iさんより、
私よりも、専門家の目によるもっと突っ込んだ内容のメールを、頂きました。


【"妊婦転送拒否"について】

10/18のメルマガを見たのですが。
後半の部分で、奈良の産婦人科医の件について、かかれておられましたよね。

その中で、奈良県の産科医療体制の不備に関しては、私も全く同感です。

しかし、この医師が仮眠した事に関して責められるのは、酷だと思います。

全部話すと長くなるので、ちょっと昨日私が書いたブログの記事を
見て頂きたいんですけどね。(かなり長いです)

健康、病気なし、医者いらず
http://kenkoubyoukinashi.blog36.fc2.com/

この産科医は朝から夜の12時まで働いていて、現時点では
子癇の可能性が高いと判断して、その治療である点滴を注射した。

そして、点滴の注射が効くまで、少し時間があるので、何かあったら
すぐに連絡するように看護師に言って、一時別の場所で待機していた。

重症であることは間違いないので、朝までかかる長丁場になることを
覚悟したと思いますよ。

でも、どんなに重症患者がいて、一睡もできなかったとしても
、次の日もまた朝から晩まで働かなければならないんですよ、この医師は。

それがわかっていたので、この医師はほんのわずかな時間であったけれど、
少し横になって休んだ。

それのどこがいけないんでしょうか。
医師は夜中でも不眠不休で働かなければならないんでしょうか。

私はテレビは見ていないんですが、テレビでもこの事に関して
かなり主治医が責められているようですが。

家に帰って、酒でも飲んで熟睡して、電話しても連絡が取れずに、
患者をほったらかしにした、とかならば責められて当然だとは思いますが。

この医師は院内で、何かあったらすぐにでも連絡が取れるよう
な体勢で、一時的に休んでいただけだと思うんですよ。

最初の時点で、子癇と診断すべきなのか、脳出血がいつから疑わしかったか、
CTを撮るべきだったかなど、問題点は幾つかありますけどね
(ブログにおおまかに書いています)。

100%医師が完璧な対処をしたとまでは思いませんが。

少なくとも、仮眠を取ったという事に関してこの医師を
責めるのは酷だと思います。

内科医と産婦人科医が言い合って、それでも強行にCTを撮らなかったのか。

もしくは、内科医が頭のCTは一応撮りましょうか、って聞いたけど。

子癇の治療の安静を保つため、神経学的所見がなくてその段階では
脳出血を疑わす所見はなかったから、CTを撮らないと、
内科医と納得の上撮らなかったのか。

CTを撮ってもどうせ緊急の脳外科の手術は、
この病院でできないから、搬送するのを最優先にしたのか。

真実はわかりませんけどね。

私には後者の方がリアリティがあるように思えます。

今後これに関して、かなりのブログ等のメディアで
内情が明らかになると思いますので。

ちょっと、ブログ内でまとめた物を書こうかとも思っていますが。
───────────────────────────────────


    **ココに真実がある・・・→ http://tinyurl.com/yflc4b

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.