毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
無残に捨てられた"むくろ"に思いを寄せる


 私の記憶が確かならば、2000年の5月5日に、煙草を完全に断ちました。

 それから、10年経ちましたかぁ〜。過ぎれば短いが、思い起こせば長い。

 煙草以外にも・・・

 色々ありましたからなぁ〜。ただ、体調に関してだけ言うと、状態は良い。

 それに、"煙草断ち"が関連しているかは、定かではありません。人の生活は、

 そう単純なものでない。私は、物より精神的な物がより左右すると思います。

 "精神的な"物"と言えば・・・

 少し前に、こんな「痛ましい報道」がなされました。
───────────────────────────────────
 埼玉県の飯能市内の山林に、
 犬や猫約100匹の死骸が捨てられていたことが、
 4月6日、市などへの調査で分かった。

 県警は『ペット葬儀業者』による『不法投棄』とみて、
 『廃棄物処理法違反』の疑いで、捜査している。

 死骸が放置されていたのは、
 同市から埼玉県横瀬町に抜ける正丸峠沿いの山林。

 3月4日に、「死んだペットが捨てられている」と、市に通報があり、
 黒い袋に入ったシェットランドシープドッグなどが、大量に見つかった。

 ほとんどが、「人に飼われていた」と見られ、
 一部は、リボンや服を身に着けていた。

 動物に、食い荒らされるなどして、白骨化していた。
───────────────────────────────────

 後日・・・

 元町議までやった71歳の男性Aが『廃棄物処理法違反』で逮捕されている。

 その上、火葬すると言って、死骸を放置したため、詐欺罪でも再逮捕された。

 私が、わざわざ"精神的な"物"と書いたのは、ペットがまさに法律では"物"。

 件の『廃棄物処理法』では・・・
───────────────────────────────────
 第二条
 この法律において「廃棄物」とは、ごみ、粗大ごみ、燃え殻、汚泥、ふん尿、
 廃油、廃酸、廃アルカリ、『動物の死体』その他の汚物又は不要物であつて、
 固形状又は液状のもの(放射性物質及びこれによつて汚染された物を除く)
 をいう。
───────────────────────────────────
 *つまり、『動物の死体』は、ごみや粗大ごみと同じ"一般廃棄物"となる。
───────────────────────────────────

 しかし・・・

 今から遡ること30年以上も前に、旧厚生省がこんなやり取りをしている。
 http://www.env.go.jp/hourei/syousai.php?id=11000296

 この回答はどう解釈しても・・・
───────────────────────────────────
 ●『動物の死体』は、廃棄物処理法の第二条に定める一般廃棄物ではない。

 ●従って、『動物霊園事業』も、一般廃棄物業者には当たらない。
───────────────────────────────────

 こういう事で、いいですよね? 旧厚生省さん、改め、現厚生労働省さん。

 各マスコミは、『動物霊園事業』や『ペット葬儀業』などの法律の不備を、

 盛んに指摘しているが、法律通り"一般廃棄物業者"と規定すれば問題はない。

 それを・・・

 旧厚生省のように、勝手に解釈する輩がいるから、それを悪用する者がいる。

 だから、現在、乱立する『ペット葬儀業者』の数は正確に把握されておらず、

 大体500社位だろうとされる。この背景には、自治体での処理能力も絡む。

 確かに・・・

 ペットの死体に対する火葬や埋葬の方法を、明確に定める法律は未だない。
───────────────────────────────────
 *札幌市の場合、火葬施設(人間も含めて)の設置は、周辺環境への影響を
  考慮して「届け出制」として、年1回の立ち入り調査をしているとの事。

  しかし、仲介業(ペットの死体を引き取り、火葬は別)
      移動火葬(トラックに火葬装置を積む)については、対象外。
───────────────────────────────────

 しかも、『ペット葬儀業者』に関しては、開業にも、免許や資格は不要。

 けれど、前記のように『ペット葬儀業者』="一般廃棄物業者"とすれば良い。

 そうすれば、件の『廃棄物処理法』で・・・
───────────────────────────────────
 第7条
 6項 一般廃棄物の処分を業として行おうとする者は、当該業を行おう
    とする区域を管轄する市町村長の許可を受けなければならない。
───────────────────────────────────
 *しかも、上記以外の縛りもある。違反した場合、罰則として、
  五年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
───────────────────────────────────
  となっている。
───────────────────────────────────

 今回逮捕された男性Aは・・・

 「別の業者に、火葬を依頼する費用を浮かせたかった」と供述している様だ。

 つまり、この男みたいな仲介業者は、ペットの死体を引き取るだけ引き取り、

 それらを火葬せず、今回の様に、どこかに放り投げれば、丸儲けという寸法。

 これらを防ぐためには・・・

 取り敢えず、直ぐに、『動物の死体』かつ『ペットの死体』=一般廃棄物

 という法律上の解釈を、一般認識させ、確定する。厚労省にも、是正させる。

 その上で、ペットの死体に対する火葬や埋葬、葬儀業者に関する法律を制定。

 現在、自治体では次のような処理方法がある・・・
───────────────────────────────────
 ●動物専用の焼却炉で火葬

 ●ごみと一緒に焼却

 ●ごみと一緒に埋葬
───────────────────────────────────
 *札幌市の場合、北区の市動物管理センター福多支所で、
  原則的に週2回、専用の焼却炉で火葬する。

  料金:犬、猫=5,100円 ウサギ=3,400円 ハムスター=850円など

  火葬後の灰は、同支所の敷地内に埋葬される。
  支所内に慰霊碑があり、いつでもお参りが可能。
───────────────────────────────────
 何気なく書いたが、次のような問題点が・・・
───────────────────────────────────
 ■専用の焼却炉の処理能力がどれくらいあるのか、不安。

 ■専用の焼却炉の場所が遠過ぎる場合も(特に車のない人には)。

 ■火葬が週2回だと、死ぬ時期がうまく当たるとは限らない。

 ◆一緒に焼いてしまうので、個別の遺灰がない。

 ◆出来れば、個別の灰を手元に置き、自分らだけで弔ってやりたい。
  または、その遺灰を、個別の墓などに入れてやりたい。
───────────────────────────────────
 *私の場合は、上記も考慮に入れ、民間の『ペット葬儀業者』に頼んだ。
  http://www.unlimit517.co.jp/medi92.htm

  実際に、動くことが出来ない人は、民間の「移動火葬」や「仲介業」等に
  頼らざろう得ないだろうし、個別葬を求める人だって、又然りである。
  
  こういう人間達の個別の事情も、民間の『ペット葬儀業者』を生み出した
  要因とも言えるだろう。更に自治体の処理能力や対応は限られているので、
  今後も、益々増えて行くことは、間違いないと思われる。
───────────────────────────────────

 そして・・・

 ペットとの距離が、更に短くなった最近の事情では、上記の◆が主流らしい。

 ある『ペット葬儀業者』曰く、約7割がそういう「個別火葬」を望むとの事。

 私は、そうしなかったが、そうしたい気持も充分に分かる。それだけの存在。

 ある意味・・・

 私みたいに、親から離れて、一人暮らしでペットを飼っていた場合などは、

 正直、親との距離よりも近付いてしまった感すらあった。ここだけの話だが、

 不幸な事故で亡くなった両親よりも、犬が死んだ時の打撃の方が大きかった。

 今後・・・

 こういう人間達は増えて行く。それ程、人間の精神がペットを欲している。

 人間同士の意思疎通がうまく行かなくなっている時代、ペットは貴重な存在。

 矛盾するようだが、ペットに関しては、"精神的な"物"ではなく、"存在"だ。

 だが・・・

 前記の事件のように、多くのペットの死体が、無残に放置されるようならば、

 法律上は、取り敢えず"物"で我慢しよう。でも、何れは"ペット格"を与えて。
───────────────────────────────────
 *でもなぁ、俺も使っていたけど、ペットの死体を「処理」って言葉にも、
  抵抗感があるなぁ。何か、生きていた時に受けた恩を仇で返すみたい。
  まぁ、言葉だけの表現と言ってしまえば、何だが、単純に割り切れないよ。
───────────────────────────────────
 あくまでも"物"ではなく、人に"人格"がある様に、ペットにも"ペット格"を。

 ところで・・・

 私の購読する新聞には、死体は人間に限り、死骸は人間以外の動物と区別。

 と書いていたが、諸説アリ。必ずしも、こう厳格に分けられてはいない様だ。

 このメルマガでは『廃棄物処理法』に明記されている"死体"で統一しました。

 それと最後に・・・

 ペットの生きている時の扱い方、飼い方も、考えた方がいいんじゃないかい。
 http://www.unlimit517.co.jp/gou1.htm

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.