毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
我々で「自己防衛」医者に命を委ねない


 全然、視聴率も評判も良くないドラマ。否、何故か、心惹かれる今日この頃。

 かぶき者で惹かれた「西内まりや」出演。年甲斐も無く、見惚れて、羞恥心。

 又だよ・・・

 この「大先生(理事長様)」は、去年と同じ事を宣まった。その後も同様薬剤。
 http://www.unlimit517.co.jp/ana394.html

 先ずは「高血圧の両親遺伝説」に始まり、高血圧に至った理由も聞かないで、

 高血圧=血圧を下げねば=「降圧剤」。紋切りの型も全く同じ。認知症か?
───────────────────────────────────
 *もし、此の御仁が、自分で「降圧剤」治療を施していたら、脳に充分、血
  や栄養が回らずに、『認知症』を発症している可能性はある。周りのスタ
  ッフも、裸の王様である「理事長様」には逆らえないから気付いていても、
  口を噤んでしまうだろう。
───────────────────────────────────

 まぁ・・・

 1年に1回の「健康診断」だから、覚えてなくて当然だけど。けれどさぁ〜、

 少しは進歩すれよ。幾ら、時間が無いとは言え、「問診」なんだから、質問

 くらいしたらどう?決め付けばかりじゃ、本質に辿り着かないでしょ、全く。

 だが・・・

 今年は、去年以上にしつこかった。健康保険証を後回しにしてでも患者獲得。

 詰まり、「降圧剤」で縛りを入れて来た。その上、看護師に命令だよ、え〜。

 その看護師、理事長の指示通り、先ずは「3冊の下らない高血圧パンフ」と。

 愈々・・・

 「降圧剤」を用意しようとしたので、もう溜まらずに、「元薬品問屋」にて、

 勤務していましたので、薬の事は良く知っておりますから。そして、一目散、

 病院を後にした。こんな事なら、「他の処で治療中」と嘘も方便で逃げれば。

 私の持論は・・・

 「降圧剤」は百害あって一利なし。何故なら、身体が「高血圧」にするには、
 http://www.unlimit517.co.jp/ana275.htm

 訳があるからです。歳を取れば、血管壁が硬くなって来ます。故に流れが悪。

 この状態で、末端まで血液を行き渡らせる為には、血圧を上げる必要がアリ。

 よって・・・

 「高血圧」になるのです。一般的には、歳を取れば取る程、血圧は上昇する。

 そうしないと、末端まで、血液が流れず、色々な器官に不都合を与えますよ。

 あ〜あ、それなのに、それなのに。紋切り医者は、今日も「降圧剤」を推奨。

 だって・・・

 「高血圧」の基準すら、各団体で異なる。しかも、数字に根拠など存在せず。

 1962年には最高血圧の基準160だったのが2000年140に引下げ、

 2008年には、何と130迄引下げられた。この間に格段に研究進んだ?

 この根拠を・・・

 示してよ、誰かさぁ〜。本当は、1960年代には「高血圧」=金の図式が、
───────────────────────────────────
 *それが証拠に、1988年には「降圧剤」の売上凡そ2千億円だったのが、
  2008年には1兆円を超えて、20年間で売上が6倍にも達している。
  そりゃそうだ、次々と基準を下げて、「患者を生産」しているのだから。
───────────────────────────────────
 成り立っていなかったんでしょ。それが、段々「高血圧」という脅しにより、

 金に繋がる事を見い出した。だから、厚生省(現厚労省)も不都合データ削除。
───────────────────────────────────
 *今は独法に移管されている此のデータにも改竄の痕跡。1980年までは、
  「血圧」の項目があったのだが、1981年以降この項目が外されている。
  重要なデータのはずだが、何故、外されたのか?データを客観的に見られ
  ると困るから。としか、考えられない。
  http://www.unlimit517.co.jp/url/file/514-1.html
───────────────────────────────────
 
 確か・・・

 1万人位のデータで、「低血圧」より「高血圧」の方が長生きっていうのが。

 そりゃそうだろう。血の巡りが悪いより、血の巡りが良い方が長生きするよ。

 だから、「降圧剤」なんか使って、不自然に血圧下げたら、寿命が縮むよね。

 それに・・・

 前記の貰った中に「高血圧管理手帳」っていうのがある。無論「降圧剤」掲。

 しかしさぁ〜、こんなに数字ばっかり、記録してたら、気になって困るよね。

 根拠の無い数字で苦悩する。馬鹿馬鹿しいよ、全く。気にしたら、体調悪く。

 本末転倒だよね・・・

 こんな光景が目に浮かんだ。「手術は成功です。癌細胞は完全に取り除いた。

 でも、患者はご臨終です」。こんな感じかな。数字を下げる事ばかりすると、

 身体の本質を見誤り、バランスを崩し、結局、血圧低いけど、死んじゃった。

 後のパンフ2冊は・・・

 「塩分控えめ食事」の講釈。例えば、「御飯(+佃煮)」→「御飯」「漬物」

 「豆の煮物」→「小松菜とえのきだけの辛し和え」後の二つはやだよ俺はさ。

 「魚の干物」→「刺身の和風カルパッチョ」はぁ〜?オリーブ油、不味いよ。

 干物の方が・・・

 ずっと良いね。その上、「味噌汁」→「かぶと茸のミルクスープ」はぁ〜?

 日本人だよね、俺達。何で「西洋風」なんだよ。日本人には実績があるよね。

 何てったって『長寿世界一』だもんね。それを何で否定するんだよ。ひでえ。

 確かに・・・

 納得行くのもある。「弁当や惣菜に付いているソースや醤油は使わない」等

 これに関しては頷ける。おかずには既に下味が付いている。素のままで充分。

 後は「醤油・ドレッシングは付け皿で」「レモン、酢は味を濃く感じさせる」

 本居・・・

 けれど、日本は現状「長寿世界一」。食塩摂取量1日約10gも世界一だと。

 でも、他のどの国だって、日本より長寿の国は無い。摂取量が日本の約1/3。

 アフリカのケニア。他の理由もあるけど、日本より短命な事は間違いないよ。

 故に・・・

 そんなに「塩分」を目の敵にして良いの。それに「高血圧」が全ての元凶?

 それらを「降圧剤」で下げたら、「脳卒中(脳出血と脳梗塞)」「心筋梗塞」

 「慢性腎臓病」のリスクは減るかもしれないが、その他の病気はどうなの?

 それと・・・

 「脳梗塞」と「心筋梗塞」については、血管が詰まり、血液が行き届かずに、

 起こる病気でしょ。それなのに、「降圧剤」で無理矢理に、血圧を下げたら、

 リスクは逆に増えると考えるのが普通じゃないの。一緒くたにするのは異常。

 最初から・・・

 悪役は「高血圧」に決っている感じ。其の相棒が「塩分」。これらに標的を。

 だから、それ以外の病気のリスク等には触れていない。故に紋切り型医者増。

 けれど、「降圧剤」治療で、他の病気のリスク増えるのなら、本末転倒治療。

 実は・・・

 高血圧とされる人達の死因は、「降圧剤」治療を受けていた人達に比べると、

 病気以外のものが多い。詰まり、活動的に、外出していた時の不慮の事故等。

 普通に立って、歩ける人の割合が高血圧>降圧剤。これが何を意味するのか。

 それは・・・

 外に出られない、立って、歩く事も、儘ならない人が「降圧剤」群に多い事。

 其の理由はハッキリしている。手足の末端迄、血液が行き届かなくなるため。

 これから、日本は「長寿世界一」から「寝たきり世界一」を目指していると。

 その悪の巣窟が・・・

 厚労省と医師会(製薬会社含む)なのである。だから、データを改ざんしても、

 不完全でも取り敢えずは「降圧剤」は承認する。自分らの飯の種になるから。

 医療費を抑制すると言っておきながら、実際は次々と「患者生産」に勤しむ。

 商売としての医者達は・・・

 したり顔でそれに便乗する。此等に反対する医者は村八分に。虐めの医者版。

 商売の具にされない為には「自衛」しか無い。故に、要らない薬は要らない、

 其の治療は受けたくない、紋切り型の説明じゃなく、理論的な説明を求める。

 我々の命は・・・

 我々で「自己防衛」する。医者に命を委ねない。細かい数字に拘らない事と。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.