毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
自分で守る。そして、自分で考える


 幼い頃、集めていた「ウルトラ怪獣ソフビ」。最近、又、集め出している様。

 幼い頃の物は今のより大きかった。でも、今の方が精巧だと。バンダイ万歳。
 http://www.unlimit517.co.jp/url/file/542-1.html

 不安だよなぁ・・・

 「高血圧」よりも1年に1回の「健康診断」。去年は「降圧剤」無理強いで、

 逃げ帰らざろう得なくなった。今年は勘弁して貰いたい。恐らく、血圧値は、

 去年と同じ位だろう(162−103)。何も言わなければ、再び、無理強い。

 それだけは・・・

 何としても避けたい。だから、作戦としては「高血圧の治療中」と虚偽報告。

 一応、聞かれた時の為に「病院名」「医師名」は、言える様に準備して置く。

 「薬品名」も必要かな。取り敢えず、この1日を遣り過ごす。面倒だけどね。

 結局・・・

───────────────────────────────────
 *先ずは去年のやり取りから http://www.unlimit517.co.jp/ana422.html
───────────────────────────────────
 *今年も行って来ました「健康診断」。生憎「雨」「風」、こういう時には、
  「公共交通機関(バス)」「徒歩」頼りの私は些と辛い。其れでも、我慢で。
  「健康診断」は働く為の必須アイテムだから。これも我慢で。だったが…。
───────────────────────────────────
 *体重、身長、尿採取までは順調。次が大関門の「血圧」。ここ10年間の
  「血圧の推移」=「122-86」「138-94」「124-84」「130-88」「130-90」
  「154-100」「132-91」「165-106」「162-103」色々な要因があるだろうが
  明らかに2年前から上下共に上昇。矢張り、私とて、気になる数字である。
───────────────────────────────────
 *そして、今年。1回目「168-125」下が異常に高い。アッチャ〜。透かさず
  「高血圧の治療中です。札幌のK病院で先生が友人なので」看護師の言葉
  「薬(降圧剤)は?」私「先生が降圧剤が嫌いなので食事療法と運動療法で」
───────────────────────────────────
 *漸く、次に進む。X線、視覚・聴覚、心電図と順調。だが、ここで「血圧」
  2回目が控えていた。今度は水銀式でより正確に「170-100」。駄目だぁ〜。
  先程とは別の看護師が透かさず「矢っ張り、薬を飲んだ方が良いんじゃ」。
───────────────────────────────────
 *何も言わず、やり過ごす私。愈々、理事長様の御出座しである。問診時間。
  理事長様「何か具合の悪い処とかありますか?」私「高血圧で治療中です」
  理事長様「札幌K病院。何先生?」私「友人なので(具体的には答えずに)」
───────────────────────────────────
 *理事長様「薬(降圧剤)は?」私「(来なすった)食事療法と運動療法だけで」
  理事長様「この数値じゃ、それは無理だよ」私「先生が降圧剤嫌いなので」
  理事長様「其れでも無理だよ。薬必要」私「昔、薬品のプロパーだったので
  薬の事は良く知っています」理事長様「其れなら、尚更だよ」一触即発に。
───────────────────────────────────
 *切り出す私「要は健康に長生きすれば良いのでは」。理事長様「そうだよ」
  私「其れならば、降圧剤を使えば、長生きするというデータが存在するの
  ですか?」理事長様「そんな物、なんぼでもあるよ」私「何処に、あるの
  ですか?」理事長様「あるよ。君も元プロパーなら、そんなデータくらい
  あるんじゃないの」私「そんなデータが存在しない事を知っている位です」
───────────────────────────────────
 *理事長様「日本のだって、外国のだって、あるよ」私「ありませんねぇ」
  理事長様「君の身体だから、君の好きにしてくれ」私「分かりました。す
  みませんねぇ」もう面倒だと見えて、理事長様は次の項目へ。やっと終了。
───────────────────────────────────
 **長くなりそうなので言わなかったが、実際は「存在しない」のではなく、
   「長期データ(特に5年以上)」が存在しない。もし、していても其れは、
   「非対照群(偽薬)のデータ」が無かったり(実際はあるのだが秘匿してい
   る。何故なら、都合が悪いから)、3年位で止めていたり(長期連用する
   と降圧剤にボロが出るから)、患者に理解を得られていなかったりとね。
───────────────────────────────────
 **詰まり、『製薬会社』の都合で削り取られた。莫大にバラ撒くためには、
   不都合なデータだから。2000年改定の基準「140-90」此れに関して、
   WHOの御墨付きだが、当初は「低い」として反対していたらしいがね。
───────────────────────────────────
 処が・・・
───────────────────────────────────
 **世界的な規模(特に降圧剤)の製薬会社A社とB社が乗り出して来た。
   その圧力で、WHOは「140-90」を認めざろう得なくなった。金の為に
   全世界の人民を「人身御供」に差し出したというのが真相。
───────────────────────────────────
 何も知らないのが・・・
───────────────────────────────────
 **前出の理事長様と看護師達。「血圧」=「低い方が良い」=「データ有」
   此れを全て受け入れて、信じ込んでいる。其の方が、自分達の職場はさ、
   守られるからね。ある意味「降圧剤教信者」恐ろしや怖ろしや、だよね。
───────────────────────────────────
 **この理事長様は、余り、面と向かって、否定された事が無いんだろうね。
   崇め奉られている。本当に「教祖」。だからこそ、儲かる。だってさ、
   「儲」を割ると「信」と「者」に分けられる。漢字って好く出来ている。
───────────────────────────────────
 今の世の中・・・
───────────────────────────────────
 **此の流れに反している「薬を余り出さない医者」は儲からない仕組みに。
   本当は、そちら側に良心的な医者が多いのにも関わらず。其れからさぁ、
   日本人は「薬に頼り過ぎ」「医者に頼り過ぎ」だよ。自分の命なんだよ。
───────────────────────────────────
 何方にしても・・・
───────────────────────────────────
 **こんな病院「健康診断」以外では行かないよ。治療は「医師」「患者」
   の共同作業だよ。一方的な治療方針は承服出来ない。それと忘れていた
   けれど、理事長様に「血圧が高くなるという事は身体の何処かが何かを
   欲しているからではないですか?」と私が聞いた時、理事長様の答えは
   「そんな事、分からないよ。血圧が高ければ、下げれば良いだけだ」と。
───────────────────────────────────

 幸か不幸か・・・

 会社の方は「その後」については「本人任せ」。でもさぁ、歳を取ったらね、

 其れなりに「血圧」は上がって行くのが本当なんだけど。紋切り型で数値を
 http://www.unlimit517.co.jp/ana275.htm

 決め(各団体で異なるが)、年齢関係無く、其れを当て嵌める。無理だってさ。

 そんな事をすれば・・・

 80%以上の人が、40歳を超えたら、当て嵌まってしまうよ。そんなにさ、

 厚労省と医師会が結託して、国民を患者に仕立て上げ、大儲けしたいのかい。

 これ以上、国民を苛めるなよ。入院患者は減らす代わりに、高血圧詐欺OK。

 何だかなぁ・・・

 確かに、私の現在の血圧が「高い」事は認めます。此の儘で良いとは思わぬ。

 但し、少しずつ、日常生活の改善を図る事によって、「高い」を鎮めて行く。

 急激は身体に良い筈が無い。「こういう感じで行きます」と了解を得てから。

 降圧剤の・・・

 「副作用」と「身体への影響」を考えると、デメリットの方が大きいことは、

 間違いない。継続すればするほど、それらは顕著になる。私は断固拒否した。

 自分の命だから。医者に託し等しない。自分で守る。そして、自分で考える。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/ass/new_timei.htm